先日、不本意ながら胃潰瘍を再発させてしまいましたが、予想よりも早く体調が回復させることができ、本日の2回目の公演より、ヨーヨーの本演目を含めショーに復帰することができました。



昨年同様、復帰へのキーは血中の赤血球の値でした。


胃潰瘍が原因となり胃の中で出血、ある程度の血液を失ったため血中の赤血球の量が少なくなりました。

赤血球は酸素を脳へ運ぶ役割を果たすため、量が足りなくなると頭痛がしたり目眩がしたり、いわゆる貧血の症状が出ます。

私の場合、日常生活する上では問題ないのですが、激しい運動をしたり、特に演技後半の身体を反らす体勢を取った際に意識が遠のいてしまう、という状況でした。


昨年は発症から復帰まで約3ヶ月の期間を要してしまいましたが、今回は2週間で復帰まで漕ぎ着けることが出来ました。

デンバーの医療機関の方々、KURIOSの医療チーム、そして応援してくださった皆さんに心より御礼申し上げます。


とは言え、まだ万全と言える体調ではなく、「なんとかギリギリ演技ができる」というのが正直なところです。

今後も体力回復に専念し、より余裕を持って演技ができる体調に戻したいと思います!