お台場の日本科学未来館で開催されている展示『Björk Digital ―音楽のVR・18日間の実験』へ行ってきました。

 

 

日本に滞在している大きなメリットとして、「最新技術に触れることが容易である」という事が挙げられます。

 

私は個人的に、「今の時間・今の場所でしかできないことを優先的に経験したい」と思っていて、今年2月の帰国以降は、こうした展示へ積極的に足を運ぶようにしています。

 

 

展示の内容についてネタバレにならない範囲で感想を述べると、Bjork氏が音楽と最新テクノロジーを融合させることで何を表現したかったのか、従来の音楽のみという表現手段から何を変化させたかったのか。彼女のアーティストとしての姿勢や視点を学べる内容であったと感じました。

 

数々の輝かしい経歴を持ちながらも常に新しい表現方法を模索する姿勢には、敬意を抱かざるを得ません。

 

 

展示は7月18日(月・祝)までとのことなので、ご興味のある方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

当日券もありますが、1度に入場できる人数に限りがあるため、前売券をあらかじめ購入おくことをオススメします。

 

Björk Digital ―音楽のVR・18日間の実験

>> http://www.miraikan.jst.go.jp/exhibition/bjorkdigital.html