メディア等に出演する際、私は「ヨーヨーのプロ」として扱われます。


一般的に、「〇〇のプロ」と言うと、その分野においてトップクラスの技術を持った人というイメージを持ちますよね。

プロ野球選手、プロサッカー選手、プロテニスプレイヤー、プロゴルファー。

しかし、ことヨーヨーにおいては、そうではありませんでした


私はプロのパフォーマーではありますが、技術面で言えば、私よりも上手い選手はいくらでもいます。

しかし彼らは、競技活動のみで生計を立てるプロ選手ではなく、本業は学生であったり、普段は会社員として働きつつ自由時間の範囲で競技に取り組んでいます。


技術面で劣る私がプロと呼ばれ、本当のトップ選手たちがプロではない。

この状況に、ずっと違和感を覚えていたんです。


激化する競技シーンで切磋琢磨し、他の追随の許さない技術を身に着けた選手こそ、専業プロとして競技に集中してほしい。

それによって、さらに技術の研究が進み、競技ヨーヨーのさらなる発展につながるのではないか。

にもかかわらず、私のような者がプロであることに対し、引け目さえ感じていました。


もちろん、「プロヨーヨーパフォーマー」がいても良いと思います。

けれど、本来それは亜流の立場で、専業で競技に取り組むプロ選手が本流として存在している、という状況が望ましいな、とずっと思っていたんです。



シルク・ドゥ・ソレイユを目指したのも、そうした考えが根底にありました。


自分自身が世界チャンピオンになっても社会的評価や収入が伴わなかったのと同様、翌年以降のチャンピオン達も社会的評価が伴っているとは言い難い。

ならば、シルク・ドゥ・ソレイユの演目としてヨーヨーが採用されたら、ヨーヨーという分野への社会的評価を上げることが出来るのではないか。

それが、私がシルク・ドゥ・ソレイユを目指した大きな理由でした。


それでは、ついに夢であった出演を果たし、どこまでヨーヨーのイメージを向上させることが出来たのか。

実際にKURIOS日本公演でもヨーヨー演目が披露されていますし、現代ヨーヨーそのものに対する好意的なご感想を耳にすることもあります。

ですが、本来の目的であった、現役選手たちの活動環境が改善されたのかと言うと、影響はあまり大きくないと感じています。


「ヨーヨーパフォーマーとして大舞台を目指すことは、ヨーヨーという分野そのものへの評価を向上させる手段として、最適解ではなかったのかもしれない

そう考えるようになりました。



では、どうしたらプロ選手が生まれるのか

そこで改めて、一般的なスポーツのプロ選手がいかにして成り立っているのかを考えてみました。

気づいたのは、以下の構造です。

yoyofans.png
プロ選手の収入は、その源泉として、スポンサー企業さんの存在が大きいかと思います。

なぜ企業さんがスポンサーにつくのかと言うと、視聴者が多く、宣伝効果が見込めるからです。


ヨーヨーは、この20年でルール整備や技術向上などスポーツとして発展を遂げてきましたが、業界の総人口は、ほぼ横ばいです。

それは、観戦者=競技者・愛好者であり、観戦専門のファンという存在が少なかったことが原因ではないか、と考えました。


学生からヨーヨーを始め、ある程度技術を磨いても、社会人になり自由時間が減ってくると、競技に取り組み続けることはなかなか難しくなってきます。

すなわち、新たに始める人と引退する人がほぼ同数で、競技者・愛好者の総数がほぼ横ばい、大会の視聴者数もほぼ横ばいであった、というのが私の推論です。


これに対し、一般的なメジャースポーツはと言うと、観戦専門のファンの方が圧倒的多数ですよね。

現在開催されているサッカーワールドカップ然り、プロ野球然り、「自分はプレイはしないけど、見ているのは楽しい」というスタンスの方が多いのではないかと思います。


ヨーヨーもスポーツエンターテイメントとして、観戦専門のライトなファンの方に楽しんでいただける環境を作ったら、視聴者数を増やすことが出来るのではないか。

視聴者数が増えれば、そこに広告を出稿する価値が生まれ、より多くの企業様にスポンサーについていただき、選手もプロとして競技活動のみで生計を立てられるようになるのではないか。

そんな事を、シルク・ドゥ・ソレイユを離れてからずっと考えていました。



ヨーヨーバラエティ番組「Yo-Yo TV」、はじめました

cUnIO4zlEc.png

「観戦専門のライトなファンの方に楽しんでいただける環境を作る」と言っても、具体的にどうしたら良いのか。

アイデアの一つとして思いついたのが、定期的なヨーヨーバラエティ番組の放送でした。


年に1度開催されるヨーヨーの全国大会はニコニコ生放送にて配信されていますが、その視聴者数は約4万~5万人

対して、ヨーヨー愛好者の方の数は全国で5,000人程度と言われています。

すなわち、35,000~45,000人の方々は、普段はヨーヨーで遊んでいないにもかかわらず大会の中継を見てくれていることになります。


まさに、上記で述べた「観戦専門のファン」として楽しんでくださっているわけですが、では全国大会の観戦をきっかけに視聴ファンになった方は、その後ヨーヨーシーンをどのように楽しめばよいのか。

正直なところ、現在のヨーヨー業界は、観戦専門のファンの方が通年楽しめるコンテンツが整っていないのではないか、と感じたんです。


もちろん、世界大会・全国大会以外にも、各地域の地元大会や有志の方が開催している自主大会は存在しています。

しかし、まだそこまでヨーヨーに思い入れの無いライトなファンの方が、貴重な時間を費やしてまでオフラインイベントに足を運んでくださるかと言うと、なかなか難しい部分もあるのではないでしょうか。


そこで、移動中や自宅からも気軽に見られるヨーヨーバラエティ番組を放送しよう、と思い至ったんです。

ハイパーヨーヨーコカ・コーラヨーヨーなど、ヨーヨー経験者の方々に懐かしさを感じていただきつつ、最新の競技シーンをカジュアルに楽しんでいただく番組です。

大会に向けて注目選手を紹介したり、大会後には入賞選手をお招きし感想をお聞きしたり、時には砕けた企画も取り入れたり。

「多くの方々にヨーヨーを楽しんでいただくための番組」を目指します。



次回放送は、7月1日(日)19:00より、ゲスト岩倉玲選手!

CF3c1xSS3h.png
ここ1か月の間は、毎週のペースで、全国大会チャンピオンの方々にお越しいただいています。

次回は7月1日(日)19:00より、4A部門優勝の岩倉選手にお越しいただきます。

よろしければYouTubeチャンネルをご登録いただきますと、配信開始のご案内が届きますので、お見逃しが少なくなるかと思います。

Yo-Yo TVのYouTubeチャンネルはこちら
https://www.youtube.com/channel/UC4ArmDnjl7BWI_dIA8twVMQ


もしお気に召しましたら、Twitter等での拡散・宣伝にもご協力いただけたら大変嬉しいです。

皆さんのお力添えは本当に、本当に大きな支えになります・・・!



番組ウェブサイト、オープンしました!

これまではYouTubeチャンネルが存在しているだけの形でしたが、ようやく番組のウェブサイトが完成しました。

こちらも合わせてご覧いただけたら嬉しいです。


Yo-Yo TV | ヨーヨーバラエティ番組



ウェブサイトに書いてある通り、この番組は私一人が中心となって進めていくわけではなく、多くの方々の力をお借りして運営していきます。

2004・2010年4A世界チャンピオンの大西翼選手、女性声優の冨田朱莉さん、ゲストの皆様、そして何よりご視聴いただくみなさんがいらっしゃって初めて、番組は成立します。


ぜひ今後とも、ご視聴・ご愛顧いただけたら嬉しいです。
末永きお付き合いの程、どうぞよろしくお願い致します!