「ライフハック」という言葉、聞いたことありますか?

いわゆる「仕事術」の類を指す言葉で、作業を少ない労力で効率よく進めるためのコツ、といったところでしょうか。

>> ライフハック - ウィキペディア


誰しも、少ない労力で効率よく作業を進めたいですよね。

そんな時にオススメの本が、「Lifehacking.jp」を運営する堀さんの新著「ライフハック大全」です。




14年間の集大成、人生を変える250のコツ

私が「ライフハック」や「GTD」といった言葉を知ったのは、2006年頃だったかと思います。

そう、これらの概念そのものは、決して目新しいものではありません。

本書で紹介されているのは、「最新の仕事術」ではなく、著者である堀さんが実体験と共に厳選してきた、「人生と仕事を変える、普遍的なコツ」です。


その数、実に250

ちょっと読破するには尻込みしてしまいそうな数ですが、本書の特徴の一つに「興味のある個所だけつまみ食いしてもOK」という点があります。

ざっと目次を眺めて興味のある個所だけ読んでいくというのであれば、軽い気持ちで読み始められるのではないでしょうか。


仕事や人生、上手くいかないのが当たり前。

もう一つ、本書の最大の特徴だと感じたのが、大変優しい視点で書かれている、という点です。


そもそも、こうしたライフハックに興味のある方は、現在の自分の仕事効率や人生の歩み方に満足をしていない方が多くなってくると思います。

そして、上手くいかない理由として、「自分の意志の弱さ」を感じていて、時に自分を責めてしまう。


みんなはもっと頑張って上手くいっているのに、自分だけ出来ていない。

もっと完璧を目指さなくては。心の弱さを克服したい。


こう感じている方って、少なくないのではないでしょうか。


「ライフハック大全」は、そんな皆さんにとって、福音書となるかもしれません。


本書では徹頭徹尾、「人の意志が弱いのは当たり前」という前提のもと、各ライフハックが構築されています。

人間誰しも楽な方へ流れがちだし、それを意志の力で無理矢理ガマンするのは、誰にとっても難しいもの。


その上で、どうやったら意志の力に頼ることなく行動できるか。効率よく作業を進められるか。

誰にとっても無理のない、とても優しい人生のコツが網羅された本。

それがこのライフハック大全です。



素敵な人格から生まれた、素敵な良書

実は著者の堀さんと、先日お食事をする機会がありました。

ご自身もまたとても謙虚な方で、私とは10歳くらい年齢が離れているのですが、決して尊大に振舞うことなく、むしろ悩みや弱みも隠さず話してくださって。

「自分の弱みを知る人ほど強くなれる」なんて言い回しは使い古されているかと思いますが、そんな堀さんだからこそ上梓できた優しい良書がこの「ライフハック大全」なのでしょうね。


26619652107_de901330e9_z.png
サインも頂戴してしまいました。


堀さん、有意義な語らいの時間をありがとうございました!

今後ともよろしくお願いいたします!








↓↓ LINE@もやっています。友だちになってもらえたら嬉しいです! ↓↓


btn_lineat.png