IMG_1769.png


皆さん、お待たせしました!

ついに、私が出演していましたシルク・ドゥ・ソレイユのショー『KURIOS』の来日が決定しました!

>> ダイハツ キュリオス 日本公演 <オフィシャルサイト>


KURIOSとは?

KURIOSは2014年4月に始まったツアーショーで、シルク・ドゥ・ソレイユ30周年を記念するショーでもあります。(シルク・ドゥ・ソレイユは1984年創設)

正式なタイトルは、「KURIOS – Cabinet of Curiosities」。シルク史上最も長いタイトルの付けられたショーでもあります。

ちなみに、メインタイトルの「KURIOS」は副題にも付けられているCuriositiesを文字った造語です。

副題の「Cabinet of Curiosities」には、「好奇心、骨董品の詰まった宝箱」といった意味が込められています。


ショーのストーリーは?


時代背景は19世紀、産業革命の頃。

多くの研究者たちが技術開発に没頭する中、ある研究者は世界の真理の探究を目指し、様々な実験を行っていました。

実験は順調とは言えず、研究室にはガラクタとも見分けのつかない骨董品が山積み。

しかしある日、時計が11:11という全ての数字が揃った魔法の時間を差した瞬間、研究室に異変が起こり、骨董品たちに命が宿り、研究者もまた別世界へと迷い込んでいく…


どんな演目があるの?

日本語版サイトにはまだ掲載されていませんが、オリジナルの英語版サイトの方には演目一覧が掲載されています。

・Chaos Synchro 1900
・Russian Cradle Duo
・Aerial Bicycle
・Invisible Circus
・Contortion
・Upside Down World
・Rola Bola
・Acro Net
・Comic Act
・Aerial Straps
・Yo-Yo
・Theater of hands
・Banquine

>> KURIOS – Cabinet of Curiosities - 演目紹介


日本人アーティストは出演しているの?

2017年5月現在、北米ツアー中の現時点では、日本人アーティストは出演していません。

私が2014-2016年に出演していた間は、私が唯一の日本人アーティストでした。

来年2月から始まる日本公演では日本人アーティストが追加される可能性もゼロではないと思いますが、少なくとも現時点では、日本人アーティストは出演していません。


日本公演では、BLACKは出演するの?

という質問をよくいただくのですが、明確に答えることは難しかったりします。

現状について言えるのは、私がKURIOSを離れた後もヨーヨーの演目はショー内で存続し、現在は後輩のアーティストが出演している、ということです。

現在も彼が出演を続けており、ヨーヨーアーティストの枠は「埋まっている」状態であると言えます。


私個人の思いとしては、「これまでお世話になってきた日本の皆さんの前で、『シルク・ドゥ・ソレイユの舞台に立つBLACK』を生で見せる」というのは何よりの恩返しであり、実際にお見せしたいという気持ちは非常に強く持っています。

しかし一方で、私がヨーヨーというジャンルに対しシルク・ドゥ・ソレイユの扉を開け、そこに後輩が出演し活躍の場を提供できたというのも、誇れる功績の一つだと自負しています。

後輩が出演するにしても私が出演するにしても、ぜひ皆さんにはそうした背景にも思いを馳せながら、ショーを楽しんでいただけたら嬉しいです。


一足先に、ヨーヨー演目を見てみたい方へ

実はweb上の動画で、私バージョンと後輩バージョン、共に見ることが出来たりします。

待ちきれないという方は、よろしければご覧ください(^^)


KURIOS ヨーヨー演目 BLACKバージョン


http://www.foxla.com/good-day/good-day-la-features/74982861-story


KURIOS ヨーヨー演目 後輩バージョン





来日は2018年2月、まだ8か月以上先になりますね。

ぜひ楽しみにお待ちいただければ幸いです!

>> ダイハツ キュリオス 日本公演 <オフィシャルサイト>





↓↓ LINE@もやっています。友だちになってもらえたら嬉しいです! ↓↓

btn_lineat.png


さて、2月のwebサイトリニューアル後、新規コンテンツとして「VOICE」というページを新設していたりするのですが、皆さんご覧いただけましたでしょうか?

過去にパフォーマンスや講演会のご依頼をいただいたクライアント様へインタビューを行い、感想やイベント当日の模様などについての声を頂戴しています。

そして今回、そのVOICEのコーナーへ、新たに三菱ふそう様のご感想を頂戴しました。

>> VOICE 三菱ふそうトラック・バス株式会社  シン・マニンダーパル 様



voice05_2.jpg
インタビューにお答えくださった、購買管理部 部長のシン・マニンダーパル様


三菱ふそう様と言えば、誰もが知る車両メーカーです。大型トラックなどをはじめ、街中で1日1度は見かけているのではないでしょうか。

今回は、そんな世界に名だたる三菱ふそう様の年次会合「サプライヤーデー」にてパフォーマンスを行いました。


有名企業様のイベントにお招きいただいた、というだけでも大変光栄ではあるのですが、それ以上に、「ぜひBLACKさんにお願いしたい」と指名でご依頼いただけたことが大変嬉しかったです。

後日知ったのですが、実は代理店の方からも8組ほどパフォーマーの提案を受けていたそうなのですが、どうもしっくり来なかったそうで、社内で再検討を行ったところ、私の名前が挙がったそうです。

「とりあえず何かすごい技ができる人」だとか「それっぽいタイトルがあれば誰でも」といった理由ではない、私が演技に込めたメッセージ・思いを汲んだ上で「BLACKにお願いしたい」と思っていただけたことが、何より嬉しかったです。


パフォーマンスで実際に披露したのは、LEDヨーヨーとプロジェクションを組み合わせた演技「Illuminate the World」。


voice05_4.jpg
今回はトラック・バスの企業様でしたので、ラストシーンの光に包まれた地球をトラックのヘッドライトとクロスフェードさせ、「三菱ふそうも車輛メーカーとして世界を照らす光となる」といったメッセージを込めさせていただきました。

サプライヤーの皆様、トップマネジメントの皆様にもご好評いただいたようで、演技内容のアレンジ・映像のカスタマイズをした甲斐がありました。


その他、イベントの模様やご感想の詳細はインタビュー記事にてご覧いただけます。

英語でのインタビュー、けっこう頑張ったので(笑)、ぜひお読みいただけたら嬉しいです!

(記事は日本語に翻訳してあります)

>> VOICE 三菱ふそうトラック・バス株式会社  シン・マニンダーパル 様





↓↓ LINE@もやっています。友だちになってもらえたら嬉しいです! ↓↓

btn_lineat.png

17881861_1818727761788676_1841619145448226816_n.jpg

青山のワタリウム美術館で開催されている「坂本龍一 設置音楽展」ヘ足を運んできました。

>> 坂本龍一 設置音楽展 - ワタリウム美術館


坂本教授についてはあまりに有名すぎるのでここでは説明を省くとして、今回は「設置音楽展」という試み。

「物質的な形状を持たない音楽を『設置』するとは?」という疑問は私も当然抱きましたが、その答えは「音楽を聴くための最良の環境を設置する」というものでした。


メイン会場となる小部屋は、並んだベンチがスクリーンに囲まれているという仕様。

教授こだわりの音響・映像環境における音楽の「体感」は、作品に込められた念や圧の海を漂うような、ある種の気持ち悪さを伴う不思議な体験でした。

私が訪れた際は部屋の中に20人くらいの方がいらっしゃったかと思いますが、この人数が全員そうした体験を共にしている様子は、以前京都で行った座禅を思い出させました。

座禅は自身との語らいやそれを受け流す作業でしたが、この音楽体験では坂本教授の思いにどっぷりと漬かる、身を委ねる、そんな空間であったように思います。


「音楽」というごく身近なものでさえ、触れ方ひとつでここまで体感するものが変わるのだということをまざまざと見せつけられた(聞かされた)体験でした。





↓↓ LINE@もやっています。友だちになってもらえたら嬉しいです! ↓↓

btn_lineat.png

↑このページのトップへ