沖縄と言えば海、海といえば夏ということで、なにかとサマーシーズンに目が行きがちですが、12月の沖縄はまた違った魅力があるようです。

要約
・平均気温17℃ 肌寒い説
・ホテル横の栄町市場でせんべろ
・初詣は行くなら格式高い波上宮
・アメリカンビレッジ行くなら夜
・美ら海 赤ちゃんマナティ誕生

12月の沖縄の基本情報

12月の沖縄の平均気温は、17.4℃〜18.8℃。晴れと雨の日で寒暖差は大きく、ブーツやニットを着用するのが一般的。本州に比べて風が強い日が多いため、網目の細かいセーターやウィンドブレーカーなど、風の通しにくい衣類が適しています。薄手のインナー、脱ぎ着のできるアウターやストールで体温調節がおすすめです。

イベントは、沖縄を代表するスポーツイベントNAHAマラソンや、クリスマスイルミネーション、ランタンフェスティバルなど、年末ムードを盛り上げる催し物が多い印象。地球上で最大の哺乳類「ザトウクジラ」を間近で感じられるホエールウォッチングツアーもピーク。ツアーに参加すれば98%の確率で遭遇できると言います。

せっかくの冬の沖縄旅行なので、旬の食材もチェックしておきたいところ。一般的なにんじんより細く、ほのかな甘みのある「島にんじん」、ブダイ科の青い魚「イラブチャー」の刺身や酢味噌和え・煮付け、東南アジアが原産の「スターフルーツ」が代表的なもの。

夜の街はイルミネーションで華やかに

引用元:沖縄観光情報WEBサイトおきなわ物語
サマーシーズンで定番のスポットは、イルミネーションで一層華やかに。美浜アメリカンビレッジは、夜になると幻想的な光に包まれます。また、アメリカンビレッジにある「デポアイランド・ボードウォーク」でナイトウォークも人気です。


引用元:琉球ランタンフェスティバル公式ブログ

琉球王朝時代の街並みを再現した読谷・体験王国むら咲むら(入場料:大人1,200円/中高生700円/小学生600円/小学生未満無料)で開催される「琉球ランタンフェスティバル」では、3000個以上のランタンが灯る幻想的な夜に。ステージイベント、プロジェクションマッピングも楽しむことができます。、

・琉球ランタンフェスティバル
・美浜アメリカンビレッジ(観覧無料)
・ドルフィンイルミネーション
・かりゆしドリームファンタジー

2021年12月の沖縄旅行トピックスとして、最も気にとめておきたいのが「軽石漂着」。沖縄旅行の船舶に影響が出ており、事前に確認をしておいた方が良いでしょう。

明るい話題としては、観光客の多くが立ち寄るスポット『沖縄美ら海水族館』のマナティー館で、誕生したばかりの赤ちゃんマナティーが見られると話題になっています。

立ち寄りたい温浴施設
冬といえば「温泉」、沖縄は温泉というイメージはありませんが、探してみると天然温泉も点在しています。龍神の湯は那覇空港から10分ということで、飛行機を待つ観光客にも人気があるようです。

・龍神の湯
・浦添の湯
・りっかりっか湯(那覇セントラルホテル内)
・ロワジールホテル 那覇
沖縄の年越しそばは「沖縄そば」が主流。正月は「豚正月」と言われ、おせちではなく豚肉が食べられるのが習わしです。クーブイリチーと言われる昆布の炒め物、中身汁と言われる豚の胃や腸のお吸い物などを含めた御膳を食べます。ただ、最近では本州の文化を取り入れて、オードブルを囲うこともあるようです。

沖縄の初詣
・波上宮
・沖縄護国神社
・沖縄成田山福泉寺

初詣人気スポットは沖縄総鎮守「波上宮(愛称・なんみんさん)」で、琉球時代から特別な扱いである琉球八社の首座、沖縄でもっとも格式の高いパワースポットと言われています。また、恋愛成就スポットとしても知られています。

人気の観光スポット
・国際通り:言わずと知れたメインストリート
・美ら海水族館:定番の観光地
・斎場御嶽(せーふぁうたき):神秘スポット
・古宇利島:沖縄版アダムとイヴ伝説の島
・ガンガラーの谷:鍾乳洞が崩れてできた谷間

人気の観光スポットは、ほぼ夏冬共通。美ら海水族館は室内なので、天候が悪くても楽しめるのは良さそう。

余談ですが、琉球COBRA秋山のマジ歌『琉球の華』を聞くと、ギリまで国際通りにいたくなるでしょう。

沖縄せんべろスポット
年末といえばお酒を飲む季節。沖縄には「せんべろ」の2大スポットがあり、王道の「那覇市第一牧志公設市場裏」vsディープな「栄町市場」が有名。

国際通りのど真ん中にある「牧志」には、公設市場裏に多くの飲食店がシノギを削っています。一方、ディープな栄町市場はレトロで味わい深い飲み屋が多いのが特徴です。

泡盛を使ったサワーのお店、最近ではクラフトビールを扱うお店も増えてきているようです。

公設市場裏の人気店ピックアップ
・那覇カレーBAJO
・ハウディガーデン
・足立屋
・シナーダ
・やすべえ
・パーラー タコス・タコス
・沖縄そば EIBUN

栄町市場の人気店ピックアップ
・おでん東大
・一番餃子
・ひいき屋
・ソリアーノ
・トミヤランドリー
・山羊料理 美咲
・クサワケ
・寿司亭 暖治

Go To Eat キャンペーンおきなわとは『国のGo To Eatキャンペーンの一環として、沖縄県内の飲食店や食材を提供する農林漁業者を応援するため、購入額の25%分を上乗せしたプレミアム付食事券を発行して、県内の飲⾷店で利⽤してもらうことで、応援します!』というもの。

プレミアムお⾷事券は、紙と電子の2種類。紙はWebから申込み後、ファミリーマート(Famiポート)で発券・購入、電⼦はスマートフォンやタブレットで申込み・購⼊が可能。

・8000円(1万円分)
・16000円(2万円分)

電子
・5000円(6250円分)
・10000(12500円分)
・15000(18725円分)
・20000(25000円分)

プレミアム食事券は『Go To Eatキャンペーンおきなわ』のポスター・ステッカー、シーサーステッカーが掲示されている沖縄県内の飲⾷店でご使⽤が可能。居酒屋、焼肉屋、沖縄そば屋、洋食店からファストフードのケンタッキーフライドチキン、カレーハウスCoCo壱番屋、サブウェイなど、幅広く使用できるのは嬉しい。

参考サイト:
関連記事:


2021年12月19日にコールドムーン(双子座の満月)が到来。一年を振り返り、2022年をスタートダッシュするための基盤づくりの一ヶ月にすると良いでしょう。

12月1日に「海王星逆行」が続き、12月19日に金星逆行がスタート。大きな変革に一区切りがつくものの、下旬に入る頃は「過去」との再会を果たし、心が揺らいでいきそう。

恋愛や仕事、お金について、今後はどうするべきかを考えてみると良いでしょう。人間関係の見直し、資産運用を再勉強するなど、具体的なアクションをしてみてください。

obatea占いでは、開運日&注意日について解説。うまく活用して、チャンスや幸運を掴んでくださいね。


2020年からのステイホームでAmazonをポチポチしていたら、部屋が不要品だらけになっていました。買って満足したものや、もう読み終わった本などが大量にあり、1ヶ月前くらいから断捨離を決意し、大掃除をスタートさせました。

メルカリ出品は「めんどくさい」というイメージだったのですが、本であればバーコードを読み込むと商品名と説明が出てくるものがほとんどです。あとは出品価格と状態を入力し「出品する」を押せば完了。3cm以下の本は、封筒に入れてコンビニに持っていけば、簡単に匿名配送ができます。

最初は本を出していましたが、いらない空き箱とかパンフレットとか、利益を求めるというよりも「自分の不要なものが誰かには必要で、それで喜んでもらえるのって楽しいなぁ」と思いはじめています。なかなかメルカリ、奥が深いです。

はじめたいけどわからない……と二の足を踏んでいた人は、まずは不要な「本」を出してはいかがでしょうか。

今メルカリをはじめると、1000円分のお買い物に使えるP1000が必ずもらえるキャンペーンを実施しているみたいです。

これからメルカリはじめたい!という方は、新規登録するときにダウンロード後に以下の招待コードを入力して、1000円ゲットしてください

<招待コード:gWP153>

▼ダウンロードは以下のリンクから可能です
▼キャンペーン詳細
・期間:〜2021/11/30(火) 23:59
・クリア条件:招待コードを入力して新規会員登録が完了させる
※ その他の詳細は公式サイトをご確認ください

↑このページのトップへ