月別アーカイブ / 2014年09月

今日、ご飯作りの最中に私の足元で漢字を書いて見せる息子。

最近、漢字テストだか?漢字検定だか?が一年生で始まり


平仮名やカタカナには燃えなかったんですが、漢字は


一年生の息子にとったらカッコ良くて仕方ないらしく




覚えも早くてビックリしてます



今日、残念ながら一問間違えたみたいで80点でした。


{553B740D-9DB1-4AB8-B1F3-7606EE350E48:01}

六???
なんで六?(  ゚ ▽ ゚ ;)と思いながらも




息子に四とか五とかの方が難しそうなのに良く書けたもんだと褒めると


見てて!と足元で色々と書き出したわけです!
↓↓↓
{61E97060-7299-49A2-AAFE-3B556009E9F3:01}


いや~我が子ながら上手に書けてます!
今日はたくさん褒めました。


その中で↓

{A9233CD6-8B3F-45AB-822C-27A545B4F451:01}


習ってない漢字も書けるよ!と見せてくれたのがコレ。笑



多分、田んぼの田というので絵で漢字を表しているのを見たのでしょうね。笑


中の点々はいらないんだよ!と言うと


あぁ~そうなのか(^▽^;)って笑ってました。それでも漢字の覚えは早い気する



雨も最初は忘れていたんですが、傘をさしている感じのだよ?って言ってみたら

わかったと。



漢字ってそう考えると面白いですよね~




今日は、凄いね、凄いね~(≧▽≦)って言ってたから


相方くんが帰ってきた時に、息子が私にコソコソと



ね!ほらっ!あれ教えてあげないの??って言うの。



ん?(  ゚ ▽ ゚ ;)


さっき凄いって言ってたあれだよ!



自分で言わない所が可愛いっしょ?(^▽^;)


あぁ~あれね。笑。
はいはい(^▽^;)


相方くんにオーバーリアクションで伝えると



俺って凄いだろ?みたいな態度で父ちゃんに褒められるのを待つ息子に




相方くんが、へぇ~こんなのしてるんだ♫って言ってて、、、



違う違う
そーいう言葉待ってない待ってない




私が、字も上手に書けてるよね?と言うと




俺に似たんやな。と父ちゃん。


違う!違う!!そんな事どーでも良いわ( ̄□ ̄;)




小さな声で、ほ・め・てーーー(--;)って言ったら



すっごいやーん!
天才やな!!
博士やん、博士!!!

わざとらしいし、なんじゃそりゃ(  ゚ ▽ ゚ ;)と思いつつも




待ってましたヽ(゜▽、゜)ノと言わんばかりに息子はニヤニヤしながら
次は100点とるわ~ヽ(゜▽、゜)ノだって。


お、のったな♫のったな♫
良かった~ぁ(^▽^;)



後は算数だな(^▽^;)
まだ手をバンバン使いながら間違えます






今日は、ちょっと息子の話しに
子供が望む母親像が見えた。

{B0B09FB6-70AC-414A-990D-4DEEC80E6527:01}

クラスでこんな話し合いをしたみたい。





お母さんに話しかけても話しを聞いていない時は寂しいですね!と。


これは誰かが発言したのか
どんな授業でそんな話しをしていたかは分からないけど


息子は、話し聞いてないとか嫌だなー!俺だったら泣いちゃうかもって。


ちょっとドキッとする私。

実は、頷きながらも結構~適当に聞いてるからさ(^▽^;)


でも、息子は母ちゃんは聞いてくれてるけどさ

俺はねこんなんが本当は良いんだよなー。




例えば、洗い物してる時とかあるじゃん?
うん、うん、へぇー(`∀´)って言ってる時さ





こういうのが良いの!と↓↓↓



洗い物する真似をし、話しかけたら一旦洗い物を止め、手を拭いて振り向いて聞くというのが望ましいらしく真似ながら教えてきた(  ゚ ▽ ゚ ;)


それ見てさ


あぁ~私がね
洗い物とか料理してる時にやりながら聞いてるわけよ(゜д゜;)


手はとめていません。


だっていちいち止めてられんよ~(>_<)いつになってもご飯出来んやん?と内心思いましたけど(^▽^;)




話しを聞いているけど
子供からしたら一旦手を止めて目を見て


あぁーそうだね!そうだったんだね!って言って欲しいんだと思いました。


もちろん、そりゃそうだよな~って納得できます!



私が子供だったら親にそうしてもらってたら嬉しいもん





幼児期の私はそうして欲しい!とまでは思っていたのか?よく覚えていないけど


母親が料理をする後ろ姿を見ながら話しをしている記憶があります。

母はいつも忙しそうでした。
だから、ゆっくり話しをしていた記憶が実はありません。

いや、きっと話しをしていたはずなのに、、、。


でも、幼児期の私は決して寂しいとは思ってなかった。


それは、私の話しは聞いてくれていたからだと思う。



龍之介は、私が返す言葉が適当な事を知っているんだと思った。


私が話ししたい時だけ話しをしても息子の記憶にはあまり残らず



息子が話したい時!聞いて欲しい時!
この時にどう聞いてあげるか?で母親に対しての記憶も変わるのかも?って思いました。


とりあえず



手を止められる時は止めて聞いてあげなきゃだね。



忙しい時に限って


ねーねー!!って言ってくる気がするのは私だけだろうか(^▽^;)


二人とも私はどんな風に見えてるのかな?
どんな母親なんだろ



急に気になった。

聞いてみようかしら(^▽^;)

きっと、すぐ怒る!とか言ってくるんじゃないかね~( ̄□ ̄;)



昨夜、寝る前に怒ってそのまま寝かせたせいか?それとも偶然なのか?
朝、ガビーン(((( ;°Д°))))


{697382F1-1E3A-4DFA-84F0-BF295620AB34:01}

サクちゃん失敗

大きな地図を久々に布団へ(^▽^;)



朝から

この際
もうついでだー!!!(*゜▽゜ノノ゛と



シーツやらを何回も洗濯グルグル🌀いっぱい洗いました。


天気も良いし逆にサッパリしたわ。笑



↑このページのトップへ