ご無沙汰してます。
夏休み!終わりかけです
LJK満喫したかと言われれば
全くです。
夏期講習や課題も多かったです。

夏休みの間中考えていたことを久しぶりのブログにします。


No titleといえば
若い、高校生、青春してる
とかいうイメージぶっ壊したい。
年齢をアイデンティティになんかしたくない。

高校生らしいと言えば高校生らしいけど、
事あるごとに撮る自撮りもプリクラも
「~months」の類いもはっきり言って、
痛い。

けどそれくらい自分も若さに酔っぱらうことができたら
その方が絶対高校楽しかっただろうなとも思う。


アオゾラとかは特に想像力の産物だけど
実際あんな青春らしい生活してるかと言えば全然そーでもない。

むしろ捨ててきたもののほうがまさにソレで、引き換えにバンドやれたようなもんです。
そんじゃ私のなけなしの青春とは何。

やはりバンドが全てで他には何にもない。


普通のJKにはなれなかったです。
よくある「青春像」には冷めた態度しかとれなかったです。

若さ故の未熟さに対して斜めに構える癖も、
楽しそうな同年代の子たちに対してどっか自分が閉じてるのも、
高校生らしさを無意識に演じてるのも正直しんどかった

でも文化祭のときだとか、
バンドありきで私のことを知ってくれたり
応援してくれたりする友達のおかげでちゃんと楽しかったし、
結局のところ青春と呼べるもんがバンドに帰結するのは確かだけど、
たくさんの人に感謝しているのはずっと変わらないです。

三人とも受験モードで、
高校生バンドじゃなくなる時が来るまであっという間。いつまでもいつまでも青春に酔ってんじゃねーよ!


音楽が趣味からお仕事になったけど、
他人に期待されたものを作りつづけるのが音楽の仕事なら、音楽は生き甲斐でもなんでもない。
人の役に立ちたいとか、人を元気づけたいとかいうのも結局のところ自分の欲で、人の期待に応えたいと思ったらそのときそうすればいい。

音楽は道具じゃなくて憧れ続けるもので、
美術でもなんでもそうだが作者の本質が滲みでるものです。
無理に繕って青春だなんだ歌い続けてたって、いずれ本心が抜け落ちて何も伝わらなくなる。

だから多分、周りから見てもNo titleは変わっていくはずです。
若々しい青春キラキラしてた高校生バンドが好きだった人の期待には沿えなくなるかもしれません。

それでも
我々はひたすら頑張るだけです。
徹底された基礎の上に成り立つものが芸術なら、高校3年間はその基礎になりました。
ここからがむしろ本番です。

音楽というのが楽しいだけじゃなくて、
滲みでる自分自身の本質とか、
人間性とか、
嫌なところも含めて向き合わなければならないものだと思い知ったけど、
青春捨てても選んだ道を逸れるつもりはありません。全力で芸術やるって決めたなら、
必ず良いものをお届けします。

とにかく今は受験ですが…
見守っていただければと思います。
同じく受験生の人も、一緒に頑張りましょう。

これからもどうぞよろしくお願いします。


こんばんは。


書こうか、書かないかすごく迷ったんですけど


書きたいと思います。





どこから書けばいいのかわからないので、ちょっとごちゃごちゃするかもしれませんが。

これはノンフィクションの話です。

まだ ほのか、ポチにも、No title関係の大人にも、親にも話していないことです。

たぶん去年の六ヶ所ロックフェスティバル、デビューして間もない時ですね、Twitterである人をフォローしました。

僕はてっきりその人のことをライブでお世話になった人だと勘違いしてました。

プロフィール「ギター好きカモン!」って書いてたし、トプ画も似てたので、あぁあのライブにお世話になった人かな、と思ったのですが、同じ青森県内に住む1つ下の高校生でした。

嬉しいことにそれから僕の大ファンになってくれました。

特に面識はないけどリムるのは嫌だったのでずっとフォローしてました。


No titleのことも応援してましたが、とくに僕のことを応援してくれてました。


彼はとても音楽がすきで、青森県内のライブハウスにも行ったりしてました。


ツイートをみると音楽好きが伝わったものです。


ある日、ABA祭りのライブ行きます!というDMがきました。

やっと会えるのかな、どんな人かなと、ライブも楽しみでしたが、会えるのも楽しみにしてました。

しかし大型台風よりABA祭りは中止となってしまいました。

ライブがなくなったのはすごく残念だったのを覚えていますが、彼に会えないのもすこし残念でした。


それから月日が経ち、彼のツイートをみて、あることを知りました。



彼が骨肉腫という病気を患ったということが書いてありました。

調べればわかりますが、最悪の場合死に至る病気です。


最初、僕は嘘なんじゃないかと思っていました。DMも頻繁に送られてくるようになってきたので、構ってほしくてそういうことをわざと書いてるのかなと思ってました。


しかし、ツイートを見る度にそれは次第に本当なんだな、と確信し始めました。


彼の病気の様態はツイートをみるとどんどん悪化していくのがわかりました。ガンとかでいうステージというのもあがっていってました。

体重も20kg近く減りました。


別に画像とかがある訳では無いのですが、やっぱり本当なのかもしれないと思いました。


入院のために同じ学年の人と進級することも出来なかったそうです。




そして約1ヶ月前



彼はついに抗がん剤治療をやめました。



それが何を意味するのかは書かなくても多くの人がわかると思います。


すごく不思議なのが、そういう死が間近に迫っている状況なのに、闘病ツイートのなかに音楽のこがちゃんと書かれているのです。


クロマニヨンズのDVDがあーだこーだとか、ロックンロールについて語ったりとか、崎山くんのこととか。


他にも遅れをとってる勉強のことを書いたり、勉強していることを書いていました。



僕は最低なことにやっぱり嘘なんじゃないかと思いました。

だって実際に会って話をしている訳じゃないし、こんなテレビの番組にありそうな状況に自分が直面してるなんて、普通に考えても考えられないじゃないですか。


でも僕は彼が病気と闘っていることを信じて応援する気持ちで連絡をとり続けました。


僕だったら死を間近にそんなことはできないと思います。


ずっと病んだことばっかツイートすると思います。


そういう意味では彼は生きることを辞めなかったのではないかと思います。





そしておとといの6月28日




彼は息を引き取りました。




生前に自分のアカウントを友人に渡していたそうで、その友人によるツイートでわかりました。

彼のおじもそのアカウントからツイートをしてました。

「地元のバンドが有名になりボーカルの子が伸びしろあるな、と言うと、アンベ君の伸びしろと才能をわからないの?アホ?とダメ出し。とにかく颯人はアンベ君の才能と人柄に惚れていました。」

そのツイートの一部です。

彼は病気意外にも問題を抱えていて、それが理由で多くの学校の友達とはTwitterで繋がっていませんでした。

他のツイートから僕が彼の生きる支えになっていたこともわかりました。


でも僕は涙が出ませんでした。


唐突すぎる、連絡はとってるとはいえ話したことがない、というのも理由ですが

16で命をおとすということをものすごく深く考えたからだと思います。

彼にはたくさん夢があったんじゃないかと思います。大学にも行きたかっただろうし、ギターも上手くなりたかったと思うし、No titleのライブにも行きたかったはずです。

僕は16で命を終えるということを間の前で見たことで、生きるってなにかということを、本当の意味見つめ直せたと思います。

いまだに信じられないですが本当の話です。





そして今日LINEを見て驚きました。


No title制作グループからものすごい朗報が入ったのです。

かなりの朗報です。

そのうち皆さんにもお伝えしますが。



察する人もいると思いますが、僕は彼のことを考えずにはいられませんでした。


これは彼が僕らにもたらしてくれた事なんじゃないかと、それしか考えられませんでした。それ以外にない。



僕にひとつ目標ができました。

彼のため曲をつくることです。

もちろん作詞作曲。

それをライブでやって、彼に見てもらうことです。


でもそれを行うのはもう少し先になると思います。

というのも僕たちも受験生。

これから本格的受験に向き合っていくことになります。

そのため、このブログや水曜動画はしばらくの間おやすみという形になります。

6月いっぱいまでと決めていたのに、このような事が起こったので、やっぱり神様っているのかもしれないと思いました。

これから厳しい時期になっていくと思いますが、僕は全力で「生きて」いきたいと思います。

ブログは受験期でも気が向いたら書きますのでぜひ見てくださいね🥺

それでは👋🏻
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6079.HEIC





















こんばんは、ほのかです。

昨日公開されたばかりのMV

星が降る夜なら

もうチェック済みでしょうか?

新しい表現に挑戦したMVです。

当日は天気も気温も良く、

楽しい現場でした!

1559471026131.jpg
1559471040454.jpg
DSC_3239.JPG
DSC_3241.JPG
オフショット💃

衣装も今までと違う雰囲気で素敵です!!

スタッフの皆さんに感謝です🙏
青森までお越しいただいて、ありがとうございました!!

みなさんも是非MV楽しんでください!

ほな!

明日も模試ダーーッ

↑このページのトップへ