月別アーカイブ / 2019年03月

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1241.JPG
ここの3日ぐらい
母が寝込んでいた
宅配のお弁当を2食分とっているんだけど

わたしが帰宅してみてみると
1食分しか食べていない

母は元々、痩せており
身長156センチぐらいで
体重がたぶん30キロ台

食べないと体力が落ちて
動けなくなり寝たきりになると
かかりつけの医者も言っていた

ここ何日か腰が痛くて動けないらしい

わたしが仕事に行こうと支度を
している時に母に呼び止められた

母から布団の中から呼ばれて
話を聞いてみると、動けないと言う

わたしが足を動かしてみて
と言うと
布団の中で足が動いている様子

その日は家に兄もいたので
足が動いているのを見て
動けるじゃんと
気にせずに仕事に行った

その日、帰宅してみると
家の中で歩いて動いている母がいた

その次の日
腰が痛くて動けないと言っている母に
ダメ出しして(笑)

デイサービス利用の契約があったので
施設の人が家に来て
説明があったけど

母は腰が痛くて座ることも出来ず
横になって痛みに顔を歪めていた

その次の日も
わたしが仕事に行く時には寝ていて
帰ってきた時も寝ていて
お風呂にもここ何日か入っていなくて

わたしの中では
このまま寝たきり一直線かな?
などなど考えていた


母の状況とは関係なく
家を出たいと思っていたので
母の状態は気にしていないつもりだったのに

今日の朝
起きてきて
昨日、食べられなかった
お弁当を食べている姿をみて
なんだか安心している自分がいた

その姿を見て軽くなった自分がいた

おそるべし親子(笑)
子供から親に対しての無条件の愛情
それって細胞レベルかもしれない

頭では捨てるつもりでいたけど
身体が反応してる(笑)

お金の巡りとか
母の介護とかも密接に絡んでいて

お金の巡りも良くなると
わたしが家を出られるようになるから

自分でお金が入ってこないようにしていたり

頭では母との事を割り切っているつもりでも
まだ繋がっていたいと思う
潜在意識があったりして

でも、もういいよね
今まで頑張ってきたからね

卒業します^_^


占い師の仕事は歩合制なので
お客様が0なら
収入は0

11月から始めて
11月の売り上げより
12月の売り上げの方が良く

12月、1月は同じぐらい

2月は1月の約1.3倍ぐらいに
上がってきたところ

3月に入り急激な降下傾向がみえたから

リーディングセッションを教えてくれた
マイコさんにセッションの依頼をした

お金のブロックを解除して
滞っている流れを流したいと
お願いしたところ

彼女が言うには
今日のセッションのテーマは
「絶対的な信頼」のような気がするとのこと
それは、自分に対する信頼だったり
宇宙、全ての存在においての信頼だったり

色々 みてもらったら
自分が心地よい環境にいる許可がおりてない
とか

確かに こんな部屋に住みたいなと
ネットで見てみても
自分に敷居が高いような気がしていた


今の環境から出る決意をしてない
(周りを信頼していない)
とか

今は実家暮らしで(兄も一緒に暮らしている)
母親の介護が少し必要な状況なんだけど
兄に任せ切れないと思っていた


収入を得る事を 他者に譲っている
(自分が犠牲になる)
とか

占い師の仕事をしていて
他にも在籍の先生は居るんだけど
私よりも実績のある先生に行ってもらった方が
お客様のためになるとか密かに思っていた


最近、お金のとらえ方のメッセージは来ていた
友達から聞いた話
 知り合いのセレブが
「40代にもなって働いている人間はクソだ」
と言っていたとか

お客様が
「友達にいるんだけど、年に200〜300万しか稼げないのに我慢して働いている意味が分からない。もっと簡単なのに」
とか言っていた
今までのお金のとらえ方のから
抜ける時ですよとのメッセージのような気がする


そしてセッションでは
色々なブロック 思い込みが出てきて
クリアにしてもらった^_^

今は実感があるかというと
よくわからないし
お客様は増えてはいないけど

なんだか流れに任せようと思っている

なんとかなるっしょ(笑)

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4505.JPG

一年前の今日は
一年後の今日 この場所で
占い師(ヒーラー)として仕事をしているなんて
想像すら出来なかった

一年前の今日の自分に
一年後の自分の状況を見せたら
どうしたら、どんな経緯でと
不思議がるだろう

ということで

これから向かう方向を
書き出してみた

今はわからなくても
そうなりたいと思った時点で
その道は出来ると思っている

だって
ワタシが思うんだから行けるっしょ(笑)

↑このページのトップへ