_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4732.JPG
私達が認識している現実は
よく映画のスクリーンやテレビに例えられます。

自分が問題とする事が起こり感情的になり
画面の外側で現実を認識できなくなることを

ドラマに入ると言いますよね
ドラマの演者になるということです。

演者になると起こった現象に振り回され
なんとか周りを変えようと悪戦苦闘します。

しかし、ドラマの外側に居れば
ドラマのチャンネルを変えることもできるし
ドラマを見ないこともできます。

ドラマの演者をやめたいのなら

このドラマは自分が全て創っていると
認識することです。

友達にひどい扱いを受けても
家族が受け入れてくれなくても

そこで起こる現象は
あなたからしか発生しません。

だとしたら
自分の外側を変えようとするのは
無駄なこと、無意味なこと

それが楽しいのなら続ければいい

でも、それが苦しいのなら内観してみるのも
そのドラマから抜け出す方法です。

ドラマはあなたにとってメリットとデメリット
両方があるという視点にたてば
少しはスッキリするんじゃないかな?

総務省が出したイメージムービー

国が出してるってことは
この方向へ進んでいる
ということ

何年後かわからないけど
そんなに遠くないような感じ
だって想像もできない範囲ではない
から
なるだろうなぁ〜っていう感じです🎵

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4729.JPG
現在は第四次産業革命と言われています。

「蒸気」が新しい動力になった第一次産業革命
「電気」「石油」による大量生産が可能になった第二次産業革命
「コンピューター」で自動化が進んだ第三次産業革命

そして さまざまなものがインターネットと繋がり「AI」が制御するようになる第四次産業革命

そして私達の地球もそれに合わせて波動は上がってきています。

結局 やる事、作業に追われていては精神的成長をする余裕もないと思います。

しっかりと自分を見つめる時間

ある意味、人間関係の問題だったり
家族の問題、恋人の問題が気になってしょうがない人はヒマなんだと思います。

逆にその問題と捉えているものがあるから自分の内面をみてみるとか

これからの「AI」の時代は人間がめっちゃヒマになるのかもしれない(笑)

そしたら、自分と向き合うことしかなくなる

これだけ地球の波動が上がってきたら
自分に対しての嘘や
他人に対しての仮面とかは
バンバンはがされて

本来の自分としてしか生きられなくなる
というか
生きづらくなる

その前段階としてテクノロジーの進化で人間がヒマになるのではないのかな?

↑このページのトップへ