こんにちは。Noriです。

すでに今はチェンマイを発ち、寝台列車でバンコクに向かっています。暇なのでブログを書きます。

さて昨日はクラブでぶち上がりノックダウンしてましたが、無事朝の7時半に目覚めることができました。

今日は、ホステル前に8時にお迎えが来て、首長族の村に連れて行ってもらいます。

参加者は私一人のツアー。実は昨日適当に見つけた現地ツアー会社で申し込んでおいたのです!

ドライバー兼ガイドはオースティン。
ミニバンに一人ポツンと乗り込み、二人きりのツアーがスタートです。

今回は首長族の村、バイオーキッド&バタフライファーム、タイガーキングダムに連れて行ってもらいます。

オースティンにチェンマイの事を教えてもらいながら、40分ほどで首長族の村には着きました。

_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5598.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5600.HEIC
入り口の前では、男たちが新たな家屋?の建造をしておりました。

さて、首長族というのはカレン族というミャンマーから流れてきた民族です。そのためタイ語はほとんど話せません。
また、この村には他にも、アカ族やラフ族といった、少数民族が暮らしています。
言語も民族独自のものだそうで、一部の人間のみタイ語や英語でコミュニケーションを取れるそうです。

オースティンのガイドを受けながら、村を進んでいきますが、それぞれの民族ごとに個性があり、耳たぶに大きなイヤリングをしていたり、足にリングをしていたり、身長が低かったり様々です。

_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5602.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5605.HEIC
オースティンが、「フェラーリ!フェラーリ!」と叫んでくるので、何事かと思いきや、手作りの立派なフェラーリがありました。
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5609.HEIC
山の斜面からこれに乗って降るそうです。使いどきは、、、分かりません。

途中には田園が広がっていましたが、ほとんどが家畜の餌になるそうです。
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5620.HEIC
数席しかない小さな学校もありました。
英語とタイ語をここで勉強しているようです。
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5625.HEIC
そしていよいよ首長族とのご対面!
ここは入場料を払う観光地化した村なので、快く写真も撮ってくれました。

首長族の若者は美女ばかり。本当に。
ただ、オースティン曰く、彼女たちは同民族内でしか縁を持たないのだとか。
残念ながらノーチャンス。
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5626.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5637.HEIC
そして写真でよくみる有名なおばちゃん。
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5647.HEIC
リングは思ったよりとても重く、毎日これをつけ続けるなんて大変です。

彼女達がリングを外すのは、新しいリングを追加するときと、出産の時だけだそうです。
リングの数はその人のレベルを表しているとオースティンが教えてくれました。
(私が英語をイマイチ理解できていないので私が間違えている可能性もあります)

しっかりとお土産物も買わせていただき、首長族の村を後にしました。

おー美女たちよ、また会いに来ます。

さて、次はバイオーキッド&バタフライファーム。
行くことを知らなかったのですが、何やらツアーに含まれていたようです。

村から10分ほどで到着。

中は沢山の蝶で溢れていました。
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5683.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5682.HEIC
写真では分かりづらいですが本当に蝶で溢れかえっていました。さすがに少し気持ち悪くなってしまい、写真だけ撮ってそそくさ退散しました(笑)

15分ほどの滞在で次の目的地、タイガーキングダムへ!

ここにはトラが沢山飼われていて、トラたちと写真を撮りまくれるという最高にファンキーな施設です。

写真代とカメラマン代を支払い。施設の中へ。
トラ使いのような男たち5人ほどと一緒に檻に入ります。

私はホワイトタイガーをチョイスしました。

カメラマンとトラ使い達に言われるがままにポーズをとり写真を撮りまくってもらいました。結局スマホも渡して写真を撮ってもらいました。
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5820.JPEG
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5808.JPEG
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5751.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5769.HEIC
最後の写真は実際にキ◯タマを触っています。
ていうか触らされました。

写真にはありませんが、トラ使いの一人が私の手をとりトラのキ◯タマを握らせます。

トラ使いは、カタコトの日本語で
「キ◯タマキ◯タマ〜!」と楽しそうに私の手をトラのキ◯タマに押し当てぐりぐりさせました。
微動だに反応しないトラさんもすごいです(笑)

存分に撮影を楽しみ、檻をでました。
しっっっかりと入念に手を洗い、トラ使いにチップをあげてタイガーキングダムを後にしました。

すべての予定を終えて、寝台列車に乗るチェンマイ駅近くのショッピングモールまで送ってもらい、ツアーは終了。

帰りの車で、オースティンの妹の話に。
実は妹は日本の大学に通い、今年卒業していまも日本にいるとのこと。
オースティンはチェンマイでツアー会社を作る予定で、妹が帰国したら一緒にやるのだといいます。
次またチェンマイに来るときはオースティンツアーズで!と約束し、名残惜しくもお別れしました。

サンキューオースティン
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5779.HEIC
その後はショッピングモールをブラブラ、カフェでゆったりし、今はもう寝台列車の中。

チェンマイの人と、トラのキ◯タマの温かさを感じることのできた二日間でした。

明日はバンコクに戻り、インスタ映えする寺院と、おしゃれなマーケット、ニューハーフショーを楽しむ予定です。

刻一刻と帰国も迫り少し寂しいですが
最後まで楽しみまくりましょう!

相変わらず寝台列車は暇だぁ。
 
今日も一日、コップンカー。