私のジム仲間の方が、MEC食ダイエットをスタートさせました。

それに伴い、以前のMEC食の記事に書き切れなかった内容を、今回はアップします。

先ず、一番重要な事は、極力早く「ケトン体」に身体を変える事!これに付きます。

やり方の詳細は、以前の記事にアップしておりますので割愛しますが、「ケトン体」に成ったか?どうかを、自身で判別する目安としては、身体が炭水化物を要求するか否かです。

つまり、身体が要求して来ないので、通常のダイエットのように、精神的な我慢を必要とする事は有りません。

この状態に成ってしまえば、後は継続するだけです。

又、Meat Egg Cheeseこの組み合わせで、粗完璧に全ての栄養素が摂取出来ます。但し、最近ではマグネシウムが、多少不足しているとも言われており補足として、大豆食品、小魚、ナッツ等を摂取する事を進めている、医師の方も居られます。

確かに、私も、トレーニングの際に、筋肉がつる症状が多発する時期が有りました。

その対策として、豆乳、小魚、ナッツを一緒に摂取するようにした所、筋肉のつりは改善されました。この補足食品は、経験上お勧め致します。

又、私がMEC食と重ねて、当初から摂取している食材が有ります。

それは、脂質です。

MEC食でも、動物性脂質は十分に摂取できますが、+αとして、「ラード」「バター」「ココナッツオイル(中鎖脂肪酸)」は欠かしません。

中でも「ラード」「バター」は飽和脂肪酸、つまり動物性脂な訳ですが、この中でも最も重要な脂質と言えます。

因みに、「ココナッツオイル」は、中鎖脂肪酸と言い、ケトン体の促進や、体脂肪を燃焼させる働きもあります。

余談ですが、体脂肪の事を「ヒッキ―脂肪」(去年お騒がせのベッキーでは無い!😅爆)とも言います。

では、何故?世に忌み嫌われている、飽和脂肪酸を好んで摂取するのか?

先ず、その説明の前に、体脂肪5%位を経験した事が有る方なら、自身の身体を目で見でお判りでしょうが、

体脂肪と言うのは、随時入れ替わっているんです。要するに、昨日の朝と、今日の朝では体脂肪は違うんですよ。

それでも、嘘を言え!ワシの体脂肪は毎日変わらんぞ!と言われる方...。

それは、貴方が毎日必要以上の炭水化物を、摂取しているからですよ!

例えば、どんな人でも、病気で無い限り、食わなければ絶対に痩せます。

乱暴な言い方をすれば、3日間程、水だけ摂取していれば、間違いなく痩せます。

勿論、その痩せ方に良し悪しは有るものの...。

さて、話を戻しまして、何故、飽和脂肪酸を好んで摂取するのか?ですが...。

よく、ブログや雑誌の記事なので、「脂質を摂取しないと体脂肪は落ちない!」と、書いてありますよね。

しかし、この文言は、私に言わせれば、頗る不親切で乱暴な表現なんですよ。

この表現だと、通常の食事をしていても、脂質を摂取すれば、体脂肪が落ちます!とも読み取れるんですから。

はっきり言って、炭水化物を摂取しながらの、脂質摂取と言うのば、間違いなく体脂肪が乗りやすい条件だと言えます。

つまり、正しく表現するならば、「ケトン体を前提として、脂質(飽和脂肪酸)を摂取する事で、体脂肪が体外に搬出される」でしょう。

又、ケトン体の状態で有れば、脂質を余分に摂取しても、必要以上の脂質は体外に排出されます。

実は、タンパク質に関しても、同じような事が言われています。

これ等の、MEC食の特性を生かした、絞り(ダイエット)是非挑戦してみて下さい。

結果は私の肉体で既に、証明しております!

uXzg1dDHGD.jpg

と、言い切ると....。(笑)

それは、「貴方に、筋量が有るからでは無いですか?」と言われる方が、結構居られるんですよ。😅

確かに、私もビルダーの端くれなんで、一般の方よりは筋量は有ります。

と言うよりも、それ故にビルダーなんですから。

しかし、このMEC食ダイエットに関しては、筋量の差は差ほど関係ありません。

何故ならば、脂質とタンパク質を摂取している限り、代謝が落ちる事は無いからです。

即ち、粗全ての方に適しているダイエットと言えます。

但し、俗に言う成人病を患っておられる方は、必ず担当の医師の方に御相談の上、実践願います。

という事で、改めて...。

MEC食ダイエット、皆さん是非チャレンジして下さい😉👍‼️


あっ、何時もの、instagramの紹介を、忘れとった😅。(いかん、いかん!)ちゅ〜事で、絶好調の🔥instagramは、此方‼️⤵️