2020年10月31日

はじめての主催対バンライブ
「第一回ののののライブ〜ハロウィンスペシャル〜」
と、
はじめてのミニワンマンライブ
「第一回野々宮ののミニワンマン〜ののののハロウィン〜」
「八王子RIPS」さんにて
開催いたしました!

ありがとうございました!

実はこちら、
野々宮のの史上初のブログでございます⭐︎

今回、
はじめての主催ライブと
ミニワンマンライブを終えて、
今の気持ちを書き留めて残しておきたいと思い、
ブログを開設しました。

ユニット時代には、
主催もワンマンもやったことがなかったので、
(ファーストワンマン間近にクビ泣)
今回開催できたことがめちゃめちゃ嬉しいし、
来てくださったみんなにはほんとに感謝しています。

始まるまでは、
お客さんが来てくれるか
みんな楽しんでくれるか
結構不安がありました。

本当に、
チキンなハロウィンだね。

でも、ステージに出たら
のののの同盟が
すごく楽しそうに笑っててくれてて
本当に安心したし

一瞬で不安な気持ちが吹き飛びました。

スタフラも、まさかもらえると思ってなくて、
みんな楽しみにしてくれてたし
ののの初主催と初ミニワンマンを
自分のことのように喜んで、
お祝いしてくれてるんだなあって感じました。
_var_mobile_Media_DCIM_127APPLE_IMG_7222.HEIC
よく見ると、
2002年なんだよね。笑
_var_mobile_Media_DCIM_127APPLE_IMG_7224.HEIC
ありがとう。笑

あと花束とかオリジナルライトとか
用意してくれてびっくりした!!
ありがとう!!
_var_mobile_Media_DCIM_127APPLE_IMG_7449.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_127APPLE_IMG_7306.JPG
可愛すぎる(*´꒳`*)

さっきから書いてるのののの同盟っていうのは
のののファンのみんなのことです。
のののの同盟は
本当に優しくて
いつもたくさん支えられています。

ソロでデビューする前まで、
ユニットを急に脱退になったことで、
メンバーや事務所を裏切り、
ファンを傷つけ、
もう今後ステージに立つことは
許されないと思っていました。

脱退のあとは
もうアイドルはやらないと決意していました。

しかし、わたしの脱退後すぐに、
大好きだったユニットが
卒業ライブもなく
急に解散してしまいました。
わたしのせいでまた前のユニットのファンを
悲しませてしまいました。
だから、
このままありがとうも言えずに
去るわけにはいかない
と思い、
再びステージに戻ることを決意しました。

脱退から半年後
2020年11月の
SNSの解禁にあたり

どうやってツイートしようか
どうやって謝ろうか
このままみんなの前から消えちゃった方が
楽なんじゃないか
って
半年間ずっと直前まで悩んでいました。

でもSNSを解禁すると、すぐに
以前からのファン、そして新たなファンが
わたしのことを一切せめることなく、
あたたく応援してくれました。

しかし、
そのあとに
ソロのプレッシャー
セルフプロデュースのプレッシャーに負け
ひどいメニエール病になりました。

そして再び
もうステージに戻れないのかなあと
たびたび思いました。

それでも
なんとか、ユニット時代の目標を達成しようと
アットジャムに出ることだけを考えて毎日を
過ごしました。

でも、アットジャムにでたかったほんとの理由は、
アットジャムにでないと、
自分を脱退に追い込んだ人たちを許すことができなかったからです。
誰かを傷つけてしまいたくなるほど人を憎んで恨んでしまいました。
脱退してから毎日のように、その人に暴行する夢を見ました。

そんな自分勝手にアットジャムを目指すわたしを
のののの同盟は本気で応援してくれました。

そして
本当に夢だった
アットジャム出演が決まり

憧れの舞台へ立ち

人を許しました。

悪魔も全く見なくなりました。

のののの同盟の優しさが
臆病なわたしを救ってくれました。

そのあとも
メニエール病が悪化して1ヶ月休ませてもらって
みんなには心配かけたけど、
その間もみんなはわたしのことを
待っててくれて

勇気を出して2度目の
再出発をしました。

脱退になったときとか
メニエール病がひどかったときとかは

こんな素晴らしいハロウィンを
迎えることができるなんて
まったく想像できませんでした。

ハロウィンライブが終わって
電車に乗って
さくぱんに言いました。
「ののぜんぜんめまいしてなくない?」

メニエール病も
のののの同盟が助けてくれたんだと
思います。

もしまた再発しても
のののの同盟を信じていれば
なんとかなるかなって
今は思ってます。

ののののハロウィン
人生のどん底に落ちたわたしに
あたたかい景色を見させてくれてありがとう。

これからもっとすごいステージにいって
みんなと笑いたい!

もし前よりもっとどん底に落ちても、
みんなのことを思い出して、
負けないで走り抜けます。

みんなにいろいろなことが起きても、
ののがいることでまた笑えますように。
_var_mobile_Media_DCIM_127APPLE_IMG_7286.HEIC
2020.11.2野々宮のの