K9LCJpRnfV.jpg
2020年カレンダー、予約販売開始しましたー。
信頼するスタッフの皆さまと作りました。とってもいい感じです。ワクワク…🏃‍♂️早くお届けしたい。活気溢れるであろう1年のお共に是非、こちらを💁‍♀️
WTOpvOizq_.jpg

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9015.JPG
NON KAIWA FES vol.2 開催決定!嬉しい。すごく嬉しい。楽しみでしょうがない。
スカートから飛び出していく女の子のパワー、ビジュアルを手掛けてくれたのは永瀬由衣さんです。かっこいい。熱きフェスへ向けて、最高のスタッフと作れました。

閏年の29日🌸
皆さん、お楽しみに。

_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8749.JPG
私が一つの映画を作る過程を追ったドキュメンタリー『のんたれ』本日より配信開始です。最終話には、私が撮った映画も配信されます。
それにあたって、今日はYouTubeトークライブ配信で、蔵下穂波ちゃんと一緒にお話しさせていただきました。生配信、見ていただけたでしょうか?
ご覧くださった皆様ありがとうございます。
緊張したあ。でも、なんだかいい感じで話せました。ふう。

私自身を含め、今の人逹は失敗が怖いんだと思う。失敗が怖くて、何かに挑戦する事ができない。
私は、女優の仕事を通してたくさん失敗したりできないことがあったりしたんですが、その度にじゃあ次はどうやろうと考えて、いいじゃん!と思える演技ができた時の気持ち良さを知ったから、今は好奇心旺盛に色んな表現に挑戦できるようになりました。

今回の『のんたれ』も監督脚本から始まり、初めての撮影照明録音など勉強させていただきましたが、すごい技術の人たちが何年もやって一つ一つの表現に行き着くところにたかだか一ヶ月で追いつけるわけがない。
稚拙な部分もたくさんあって、叩かれるかもしれないけれど、やってみることによって色んな事に気付く。失敗した時に、こうすればよかったな次はこうしたいなという欲が湧いてくる。欲が湧いてくれば、次が作りたくなる。
そうやって作り続けていった先に勝てれば手応えを感じられればいいんじゃないか。そんな気持ちもあって、私は今回の作品を作りました。私を見て、のんがやれるんだから自分もやれるかもという突破口になればなと思います。
私はハードルを低くする事をポリシーにしてます。
思いっきり飛ばなくても大丈夫なくらいのハードルを越えれば表現したいことが広がっていく。皆さんの自由な表現への後押しができたらなあ、なんて思っています。



のんが失敗したり喜んだりしてジタバタ映画を作る、のんたれ&おちをつけなんせ、ぜひお楽しみください。

_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8766.JPG

↑このページのトップへ