月別アーカイブ / 2015年10月

昨夜、「イッピン」を見てくださった方々

ありがとうございました[E:heart02]

4_2

東京隅田のピッグスキンの技術の高さ!!

その技術によって変幻自在に変化する豚革製品の
バリエーションの豊富さに、

一緒に驚いてく出さった方も少なくないのではないでしょうか??[E:confident]

これが、番組でも紹介していた革を染色していたタイコ。

まるでワインの樽のよう。

この中で、研究された薬剤や染料をいれて

染料が安定して、「洗える革」[E:sign03]ができるのです☆

いやぁ、この工場も、作業する石居みさおさんもかっこよかったなぁ。

シャイな方ながら、
革の染色への熱い思いを語ってくださいました。

また、染色技術者の加藤憲二さんにも
革に関するたくさんのことを教わり・・・

967b8f24.jpg

石居さんのお父様も一緒にパチリ[E:camera]

そして、ここで洗える革をバッグにしよう!

と発案、デザインしたのがこの方!!

1a927927.jpg

ティグレの加藤雅信さんです[E:shine]

このバッグは私も訪れた、

銀座にあるTIME & EFFORT にあります☆

番組でも出演されていたアクセサリーデザイナー田口朋子さんの

Selieu(セリュ)
 
のピアスやネックレスの

豚革のアクセサリーもここに[E:heart02]

(他にも気になる革製品たくさんよ!!)

ティグレの加藤さんは、

隅田の豚の革の加工技術は非常に高いので、
たくさんの可能性があるといいました。

今まで豚の革は通気性の良さや柔らかさの特性から

靴の裏などで主に使われていたけれど、

その加工技術をもって、革製品がこれまでにない業界と
コラボレーションをして

新たな発想で、革製品を広めて発信していきたい[E:sign03]

と心強く話してくださいました[E:sign01]


本当に欲しい商品ばかりで、

バッグももちろんのこと、

豚の革のスリッパもほんと、欲しいなぁ~[E:foot]

素足でいるような心地よさで、
足を包み込んでくれるので、
歩くときにきちんとフィットして、

スリッパでよくあるような、かかとが浮いちゃったり
足を引きずるようなストレスは全くありません!!

和紙のようなしぼりも、全部手作業だから
一足一足、味わいがあるんですよね~[E:dash]

5c3483c4.jpg

この方は植物タンニンを教えていただいた

山口産業の山口さん[E:shine]

(この会社の屋上で最後のインタビューさせてもらいました♪

いい景色[E:note])

小学校の社会科見学なども、頻繁に受けているそうで
説明がわかりやすくって

「へ~」とか「ほ~」とかばっかり言っちゃうw

ここでは、植物タンニンしたあとの

革のアイロン作業を体験させていただきました[E:confident]

ワックスを染みこませた革をアイロンをすることで、
ツッヤツヤに!!

大きなロールに挟まれた後にでてきた

アツアツの革がツヤツヤになって出てくるのは

「なんだ、マジックか?!」と思うほどの変身よう[E:shine]

これは革を保護すると同時に
透明の膜のように、お財布にしてからポケットにいれても
色落ちがしないようにするためでした[E:punch]

84867694.jpg

そして、強く色落ちしなく鞣(なめ)された革が

両国にある KAWAKURA さんの工房で

あの、薄くて軽くて丈夫な三つ折り財布になるのです[E:sign03]

お話を聞いた高橋さんと、KAWAKURAの皆さん[E:heart04]

なんと、この写真で手に持っている赤いお財布、

名前をいれてくれて、プレゼントしてくださいました[E:sign03]

革だからこそ、人によって経年変化も変わってくるそうで。。。

(汗の成分によって違うんだって!)

ツヤツヤになるのか、マットなかんじになっていくのか。。。

育てるつもりで、

大事に使います[E:sign03][E:heart]

こうして、実際訪れてみて

それぞれ作り手の皆さんが、

使う人のことを考え抜いてものづくりをされているのを
実感したし、

その技のすごさにも驚きの連続だったのだけれど、

一番素敵だなぁと思ったのが

皆さんが自分たちのお仕事に

とっても誇りを感じているのが
ビシビシこちらに伝わること。

あぁ、こういう人たちが真摯に取り組んで
作っている商品は、

本当に大事に使いたい と心から思ったのでした。

リンクしたお店で
今回紹介した商品も実際手に取ることができますし、

今度、革製品を見るときは

それが、Made in すみだ かも[E:sign02]

とちょっと気にしてみてくださいませ[E:heart04]

私は確実に気になっちゃうw♪

また、こちらのHPから

革のまちすみだ 

革工場への見学やらイベントがチェックできるので
ご興味あるかたは是非☆

「イッピン」見逃したわぁ!!という方は

BSプレミアム

毎週月曜 午前6時30分~7時(再)
MHK 放送
毎週日曜 午前4時30分~

で、再放送もあるので、ぜひご覧ください♪

木枯らし一号も吹き荒れ。。。

秋まっさかり[E:maple]

みなさま、いかがお過ごしですか??

わたくしは、先週末の土曜日

このキャラクターが人気のここに行ってきました[E:heart02]

ダッフィーちゃんだね。

そうです。

東京ディズニーシー でございます[E:heart01]

久しぶりだから、ハロウィンだから・・・、

いえいえ!!何より母リクエストだから[E:sign03]

[E:heart04]母の誕生日[E:heart04]のこの日は、

気持ちも見た目も若々しい

わが母リクエストにより、

夢の国へとエントリーを果たしたのであります!!

母の日頃の行いにより?!

とってもいい陽気だった土曜日は、

絶叫が苦手な母と私が中心のコース取りにより

(妹のみが「タワーオブテラー、行こうよ!」「センターオブジアース!」

とダメ元で発言するも却下。)

ショー中心で、

休憩いれつつのまさに大人ディズニー[E:shine]

3_2
しっかり、船に乗船し「海から目線」も楽しみつつ[E:heart02]

(のんびりしていて、大好きなケープコッドです☆)
新しくなったリトルマーメードのアリエルのショーだったり、
妹が、しっかり母のために

「ビッグバンドビート」の抽選を当ててくれたため[E:heart01]
(アメリカンウォーターフロントにあるショーで、
これを見ればみんなミッキーに惚れるはず。)
三人で、しっかりとビッグバンドに酔いしれて
母も楽しんでくれました[E:confident]
ひそかに、私は「ぐるっとイタリア」と「ぐるっと地中海」の経験を生かして、
これは、ジェノバあたりを意識したんでは?
とか、
ここからベネチアになるのね、など
自分が今シーにいる場所が
地中海のどこの町なのかを考えつつ楽しみながら
歩くという、
「ぐるっとディズニーシー」を楽しみながら
回ったりもしましたw

(ランドの「カリブの海賊」のアトラクションもさ、

歴史知ってると楽しめると知ったのだ。

戦利品はどこからのものなのか?とか。

さすが、ディズニーどこまでも想像の扉が開かれています☆)


さて、ディズニーぐるっと話は置いておいて。

豚の革製品について語れちゃうような番組をご紹介↓

明日の火曜日、BSプレミアムにて19時半から[E:heart02]
22409db0.jpg
イッピン」出演します[E:sign03][E:sign03]

「柔らか!丈夫!豚革 変幻自在~東京 墨田の皮革製品」という回で、

東京は墨田で作られている豚の革製品❗️


墨田の工房や工場にお邪魔して、
進化し続ける豚の革の魅力、

そして出来上がる行程ひとつひとつの職人さんのこだわりに迫りました✨

目からウロコの豚の革の魅力❗️

いま、東京墨田区で豚の革が
すごいことになっちゃってますよ!!

ぜひともご覧ください〜❤️


↑このページのトップへ