月別アーカイブ / 2012年08月

今日は 衣装あーわせ(^.^) の、合間にお腹が、ぐーっとなったので… お恵みいただいた、かすてらボーロを食べております♪

明日で8月終わり[E:sign03] は,早いわぁ~~~。 風はだんだん秋めいてきましたが まだまだ暑い日々が続きますので、 写真から涼しさをお届けしようと、 わたくしの夏の思い出、茨城に遊びにいったときのことをUPします[E:up] ドライビングでまずは、ここに連れて行っていただきました[E:shine] Dscf6249 文部省より、天然記念物に指定された吹割の滝は、高さ7m、幅30m余に及び、 ごうごうと落下、飛散する瀑布は、東洋のナイヤガラといわれている・・・・ という群馬にある「吹割の滝」です[E:rock] ・・・と、その滝に行くまでに、なぜかバラック小屋のような お土産やさんが並ぶ。 Dscf6251 そのお土産やさんに気をとられながら歩いていると・・・・ すぐ、現れました[E:rock] Dscf6252 この背後の水が、一箇所にすべて終結して 流れ落ちる・・・・・ Dscf6258 これが、吹割の滝!!!![E:typhoon] つれていってくださったご夫婦(友達のご親戚のおじさまとおばさま)は、 前に来たときより、水量が少ないから迫力が足りない・・・・ と、いっていたけれど初めてきた私とMかは じっとみていたら、すいこまれそうになってしまうど迫力[E:sign03] Dscf6260 滝って普通、 下から見上げるものだと思っていたけれど、 この吹割の滝は上から覗き込むことができる滝。 Dscf6261_2 流れる水を見ているだけで、 涼しい気分になれて、心も洗われていくかんじ[E:shine] Dscf6266 ちょっと歩くと、橋がかかっているのでもっと上から目線で 楽しめます[E:happy01] 少しでも涼やかになれましたかね[E:sign02] 季節の移り変わり、 体調も変化しやすいので、 くれぐれも気をつけて、夏の終わりを楽しんでくださいね[E:heart04]

明日,地下室のクッションフロアをはがして,洗浄してもらう 所長です[E:paper](なんせ,下水だったからね[E:typhoon]) こんにちは[E:sun] 暑い日が続いていますね~[E:dash] でも,ひぐらしがないていたりと, だんだんと着実に秋にちかづいていていますね[E:maple] 台風も近づいている沖縄の方々,気をつけてくださいね。 さて,今年の夏は岡山を旅したり,福島に帰ったりと たくさんの出会いや素敵な思い出を作りましたが・・・ なんだか,今までになく?! 城めぐりもしているようなこの頃[E:eyeglass] おばあちゃんちでも, 記憶のないくらい小さな子どもの頃に登った以来 外からしか見たことがなかった会津若松,鶴ヶ城! Dscf6403 昨年にリニューアルされたそうで, 外壁も綺麗に塗りなおされていました。 壁は真っ白に美しく,瓦は赤がわらも柔らかく 女性的なお城に生まれ変わっていました[E:shine] 旦那様が初の会津若松ということで, より観光ということに重点をおいた今回の滞在。 そのおかげで,知っていると思っていた観光地に 改めてきちんといけました。 小さな頃に行って,しっていると思っていても 大人になるとまた見方も変わったり,興味も変わったりしているし, なにより,いつの間にかリニューアルされてなんかもしてるのねー。 鶴ヶ城は,外見だけでなく中身もかなり見ごたえまんてんに 生まれ変わっていました。 中には, 地下の塩を貯蔵しているところにこんなお侍さんもいたり, Dscf6405 体験型のしかけもたくさん。 Dscf6409 子どものように,覗き込む妹↑ もちろん,私もやりましたw 歴代当主のかぶとも飾ってあって, 中でも私のお気に入りはバットマンのようなこのかぶと[E:heart02] Dscf6408 中には,戊辰戦争中にこのお城が燃えてしまったと勘違いしてしまい 自害してしまった若者の白虎隊の19士の肖像画が飾られてもいます。 城の歴史だけでなく,会津の歴史,また特産物もよく分かる濃い内容に。 中を楽しみながら,階段を5階まで登っていくと, 会津若松を一望[E:fuji] 爽やかな風が吹き抜けました[E:up] Dscf6418 母の生まれ育った街を,とても好きで 自慢できることはとても幸せなことだなぁ~ と,改めて思いました[E:confident]

↑このページのトップへ