月別アーカイブ / 2011年07月

今回、「ぐるっと北欧」

ではスカンジナビア半島一周ということで、

北極圏から始まって。。。南に下って
また北に・・・・・

夏っていっても、寒いんでしょう??

とフリースを二枚持っていき、

重ね着をしやすい服をもっていき・・・

でも現地の人は、多少寒くても夏の格好をしているから
それと違和感ある服きてたらおかしいし。。。。[E:dash]

と一番衣装選びを悩ます気候で、

結局衣装数が増えてしまったのですが。

今回は私の中のイメージで北欧は色が美しいところだろう[E:flair]

と「色使い」を意識したスタイルにしています[E:confident]

そして「小物で遊ぶ」という事を心がけました[E:note]

お楽しみに[E:happy01]

で、フリース二枚も持っていき
寒さ対策もばっちりにしていった北欧ですが、

最初の街“アルタ”は小雨も降り、
船で移動の時は、甲板は寒かったのですが・・・

次の港町ロフォーテン諸島では

「何年に一度の夏日!!![E:sun]」

430

北極圏の冬にはオーロラが見れる場所でなんと、

!!!27度!!!

そして、その夏日はロフォーテンだけでなく、
南下していっても、バルト海をわたっても、北上していっても
雨をさけて、続いたのでした[E:sun]

一体何度の

「何年に一度の夏日」

に遭遇したのだろう[E:smile]

とってもラッキーですが、

そんなに暑くなるとは想像していなかった私。

SPF32ほどの日焼け止めしか手持ちでもってこなかったのでした。

でも、がんばって手の甲にも塗っててよかったーーーー[E:dash]

とカメラマンさんと音声さんの手を見て思ったのです。

ほら、みてみて↓

227

右から私、カメラマンさん、音声さん。

なにこの見事なグラデーション。

というか、音声のK宮さん

ちょっと焼けすぎでしょう!!!笑

228

手の甲と手のひらが!!!

アポロみたいに二色使いじゃぁないですか[E:sign03][E:sign03]

と、こんな日差しを受けながら

頑張った北欧一ヶ月の旅をお見逃し無く(笑)[E:confident]

梅雨明け宣言しましたね[E:sun]

北欧で、日本帰ったら梅雨あけてたらいいなぁ~[E:sprinkle]

との願いも通じ、

梅雨の雨に日本で降られること無く、
梅雨明け[E:heart04]

今日も暑い一日でしたね[E:paper]
皆さん、体調くずしていませんか??

さて、大好きな夏がやってきた!!

と、いうことは、大嫌いなあいつもやってくる!!!

ということ。

一昨日も、昨日も夜中に寝込みを襲われ
格闘むなしく、完敗で目覚める朝を送っているのですが・・・

さき程やっと対策いたしました[E:typhoon]

蚊取り線香・・・・・・と共に強敵の姿。

しかも、鉄製[E:sign03][E:sign03]のモスキーート[E:thunder]

これはですね。。。。

スェーデンのあるところでお土産にいただいたもの。

「知ってるかも知れないけど、、、スェーデンの蚊は大きいのよ[E:wink]」

と、北欧美人のおねぇさまから茶目っ気たっぷりに

いただいた私最大の強敵 にして人生初に垣間見る

最大の「蚊」!!

えぇ、、、もちろんその威力は知ってました。

スェーデンでもフィンランドでもその大きな蚊の

餌食になっていた私。。

両足に負けた痕跡がまだ20箇所以上のこっております・・・・・[E:weep]

それにしても、このお土産はスタッフさんも全員もらえたのですが

みんなでこのセンスに脱帽!!

大爆笑だったのでした[E:heart02]

ありがとう!!サーラさん!!

カラスよけのカラスの人形のように、

私のうちではこのスェーデンの鉄製の蚊で、

日本の蚊がビビッて逃げていきますように[E:shine]

帰国して一日目

昨日の昼のじっとしていても汗が出る感じも

夕方からの涼しい気温

そして、今日の午後からの心地いい風も

Dscf0906

すべてが自分にしっくりと

これが私の場所だと感じられる

居心地のよさ。

Dscf0950

家にいて、窓をあけて

風を受けて、

久々にコーヒーミルで豆をひいて

自分で珈琲を作って豆乳をいれて。

帰ったら読もうと思っていた

本を読みながら、この穏やかな気持ちを

帰国してから感じられるのも

北欧の自然や出会った人々にパワーをもらえたからだ

Dscf1225

と思った。

彼らのゆったりした時間の過ごし方。

自然との贅沢な日々。

それをたっぷり一ヶ月味わえたからこそ

今こんなに充実した気持ちで

おうちでバカンスができるのだ。

北欧の日々に感謝。

↑このページのトップへ