月別アーカイブ / 2006年02月

さっき国内での最後の練習が終わりました。



チェコでの調整は出場選手同士で

やらなきゃいけないので、多少気を使います。



そういう訳で今日は天理大学の学生相手に

思いっきり投げ込みしてきました。



投げ込みっていうのは、

投げられ役の相手をひたすら投げる練習で、スピード重視や

正確さ重視など、色んなバリエーションで150本程投げました。



学生3人に受けてもらったんやけど、痛かったやろな~(感謝!)



「やれる事は全てやった!」「必ず俺が1番になる!」

という強い気持ちで試合当日畳に上がれるように、

最高の状態を作り上げていきます。



日本から応援しといて下さいね!!

もうすぐチェコに向けて出発やから、今荷造りしてます!



ほんで何が大変かって言うと、

スーツケースに荷物が入りきりません。



柔道の場合(五輪・世界選手権以外)

全て個人の荷物として持って行かなきゃいけないんで、

重量制限があります。



寒い国やから厚手の服や防寒具、減量用ジャージ、

減量食を含めた日本食、重たい柔道着3着やサポーター類、

約10日間の生活用品などなど・・・



試合があるからなるべく快適に過ごしたいけど、

そうすれば荷物は増えるし・・・


あぁー、すごい時間掛かりそう(涙)



話は変わるけど、みんな大事な日とかにゲン担ぎってする?



俺は、やれる限りする(笑)



例えば、



試合の1週間前に散髪する←今日カット行ってきました。



試合前日は青色のパンツをはく



試合当日の朝食は、うどん「ごんぶと」を食べる



畳に上がる直前にリップを塗る(笑)



これ以外にも色々あって全部するのは大変やけど、

試合当日「あれやっときゃ良かった」って後悔するのは嫌やから、

出来る限りのゲン担ぎを実行するようにしてます!




ごんぶと

荒川選手が金メダル獲得しましたね。



おめでとうございます!



フィギュアの事はあまり詳しくないけど、

大舞台の中ですごい冷静に余裕を持って

堂々と演技されてましたね。



すごい期待と注目の中で自分の力を出し切れるのは、

実力はもちろん精神的に強くないと出来へん事やと思う。



きっと日頃の努力+挫折や悔しい思いを乗り越える中で、

自分を見失うこと無く平常心で演技が出来る

心の強さを身に付けたんやと思います。



「そんな舞台で3連覇してるやん。自慢?」

って言われるかもしれへんけど、

現役アスリートにとって大事なのは今。



アテネ以降、実戦から1年半離れてる俺が、

いまその心の強さがあるかどうか正直分かりません。



だから今回のチェコ国際は実戦を通して、

今の自分(心・技・体)を知るための大会になると思う。



アテネを目指して復帰した時も、



「勝負への執念」



「畳の上で自分の柔道を出し切る心の強さ」



を取り戻すのにすごい苦労したし、時間もかかりました。



3連覇した自分に満足する気持ちが少しでもあったら、

今後絶対トップになれないと思うし、

4連覇に挑戦する資格はないと思う。



だからこそ俺は気持ちをリセットして

ゼロからのスタートをせなあかんし、

いま輝いている選手から刺激を受けて頑張っていこうと思います。



執念

↑このページのトップへ