身体が熱い。悪寒もするし身体の節々が痛む。昼過ぎまであんなに元気に動き回っていたというのに(生体活動という意味で)。
間違いなく、熱がある。ああそうか、最近は制作で言葉ばかり追っているものだから、きっと脳みそがショートしたのだ。ははあ、さてはこれが知恵熱ってやつか。なんて考えている僕の頭はこの期に及んで何か格好付けようとしている。良い大人が体調管理を怠り発熱している時点で恐らくかなり格好悪いのにだ。まったくおめでたいやつである。
体温計が鳴った。デジタル計には38.5と表示されている。通りで、と思ってすぐ、インフルエンザが流行しているというニュースを思い出してハッとした。同時にそこで紹介されていた症状と今の体調が酷似している事に気が付いて、またハッとした。体は重いし頭もお腹も痛い。これは間違いない、あれだ、今流行りの、B型インフルエンザだ!
子供の頃、病気で学校を休むとき、台風や大雪で学校が休みになるのとは少し違うわくわくがあった。カンカンに差し込む日差しを横目に行使される二度寝。自分の部屋で聞く学校のチャイムの音。今日は見れちゃう笑っていいとも。いつもより優しくしてくれる母や友人。今日、熱があるという理由を持っている僕だけが日常から逸脱できる特権を得る事が出来たのだ。
しかし大人になればその特権はただの迷惑でしかないし、周囲からの気遣いも申し訳無く感じるようになってくる。大人になれば言うまでもなく、一刻も早く完治させる事が急務なのだ。
そんな事を考えていたらまた少し熱が上がった気がした。よし、明日朝一で病院に行こう。一刻も早くウイルスを体内から排除せねば。僕はそう決めて部屋の明かりを消した。
翌朝目を覚ますと、驚く程身体が軽くなっている。
あれ、昨日はあんなに辛かったのに。
病院に行って受診してみると、ただの風邪ですねと言われた。
おかしいな、昨夜はあんなにうなされたのに。
熱もないですし、お薬は…いいですかね?と言われた。
そんな馬鹿な、昨夜はあんなに熱が出ていたのに!
絶対にインフルエンザのはずです!と検査を要求!渋々了承する眼鏡のおばちゃん看護師!鼻に突き刺さる綿棒!走る激痛!痛え!結果は陰性!ごめんなさい!
はあ、大事でなかったのは良かったが、何だか肩透かしを食らってしまった。さて、
帰ろう、と手ぶらで病院の自動ドアを出て僕はハッとした。
ははあ、これが知恵熱ってやつか。


追伸
皆さんも風邪など引かぬよう。