nQTMrFT2p6.jpg
車や電車から、窓の外を見るのが好きで
気がつくとぼんやり眺めている。
それを許してくれる空気が好き。
静かで、穏やかで、優しい。

乗り物に限らず、家でもよく空を見ているし
お店で窓の近くに座ると、知らず知らずに窓の外を見ていたりする。

先日書いたイトコたちといる空間は、まさにそんな感じで、とても居心地がいい。
だからまた行きたいし、味わいたいと思うのだけれど、かなう日は来るのかな。

写真を見てそんなことを思いながら、従兄の車に乗ったことを思い出した。
わたしは窓の外をずっと見ていて、会話はたまにする程度。
お互いカタコトの英語と日本語を織り交ぜながらだったから、アイコンタクトは欠かせず。
だけど全然気まずくなくて、このままずっと乗っていても大丈夫だな。とか思ったのが懐かしい。

その旅行後、日本に帰ってきてから母に
「イトコって結婚できたっけ?」
って思わず聞いてしまったのも懐かしい思い出。
そんなお年頃。

ちなみに母の答えは...ご想像にお任せいたします