月別アーカイブ / 2018年09月

OI002643.jpg
「たゆたう、光と影」

台風の影響で、今夜は強い風。
窓ガラスが揺れ、木々が揺れる音を聞いていると、散歩がしたくなった。

程よい風は、優しくて心地いい。
今日みたいな強い風は、何かを吹き飛ばしてくれそうで、思わず洋服を着替えて外に出た。


「たゆたう、光と影」

強い向かい風の中を歩いていたら、浮かんだ言葉。
テレビドラマ「高嶺の花」で出てくる言葉。

その言葉が浮かび、小さく呟きながら考えた。
光が強ければ、影も濃くなる。


光と影は、きっとわたしの中にもあって、たゆたっている。
どのくらいの大きさの光をもっているのかはわからないけれど、影に負けて飲み込まれないように、踏ん張ることもしばしば。
いやこの場合、影というより闇かな。

光を保ち放ち続けるのと、闇に飲み込まれるのは、どちらが早くて簡単なのだろう。
闇に飲み込まれたとき、再び光をともすのは、どのくらいの力や労力が必要なのだろうか。
闇を寄せ付けないほどの強い光を放ち続けるほどの強い力は、持ち合わせてはいない。
だから、たゆたう。

そんなことを考えていたら、思考が「スターウォーズ」にたどり着いた。
一回だけ、どれかのストーリーを見たことがあるだけなのだけれど、「スターウォーズ」と聞いて浮かぶ単語は、ジェダイとダースベーダーと宇宙と戦い。



OI002608.jpg
最近、といってもちょっと前になるけれど、指輪を買った。
欲しいデザインを、事前に頭に入れながらお店に行ったのだけれど、欲しいと思っていたデザインの色違いを今つけている。

指も、当初の予定とは違う場所。
中指にあわせて買ったはずなのに、人差し指の方がしっくりしている。


色も場所も、当初の予定とは違う指輪。
一度なくしたと思っていた指輪。
ずっとつけている指輪。
全部お気に入りの指輪なんだけど、全部同時につけたら、指が指輪だらけになっちゃうよね。
どうしよう。


OI002721.jpg

散歩にぴったりな風に包まれて、1日を振り返りながら歩く帰り道。
いろんな感情が交差するなか、誰かに教えて欲しい自分の心理的反応も振り返る。

理由も原因もいまいちはっきりしないけれど、感情というものは予想外のものもあわせて、複雑なものだということがわかった。かな。

自分でもわからない自分。
周りの人の方が知っている自分。
自分だけが知っている自分。
誰もわからない自分。

奥が深い。



↑このページのトップへ