月別アーカイブ / 2018年09月

OI002749.jpg

先日、とてもとても美しい光景を見た。
その空間に足を踏み入れた瞬間、息を呑み、呼吸することを忘れ見惚れた。
空気も澄んで、白い光が放たれるその場所に映える色。
とても静かで...とても静かな空気と凛とした佇まいに、ゆっくりと、愛でるような動きがあわさり、胸が苦しくなった。

本当は、ずっと見ていたかったのだけれど、途中で我に返って慌てた。
あのまま見続けていたら、息をすることを忘れて呼吸困難になるか、誰かに声をかけられるまで見惚れ続けていたかもしれない。

突然出逢ったその光景を、目に焼き付けていたいのだけれど、何せ息をすることを忘れそうになるくらいだから、細かくは把握できていない。
光景だけではなく、その空間を支配するそこに流れる空気は、例えて言うなれば、緑深き木々の生い茂る清き場所。

DSC_0597.JPG
7日は、ニコ生にて叡王戦六段予選をご視聴いただき、ありがとうございました。

少しずつTSを見ようと思っているのですが、皆さん、対局前からたくさん応援してくださっていたみたいで、ありがとうございます。
すでに、色々なあだ名でたくさん呼んでくださっていたんですね!
第3局目でアンケートをしていただいて、皆さんが決めてくださった「あやのん」も見かけました。

出演中は、緊張MAXのなか、台本や段取りや対局室の様子を把握しようと必死で、コメントまで気がまわりませんでした。
でも、時たま応援コメントが目に入ってきて、皆さまの優しさに少し安心しました。


自然体を心がけ、緊張しながらもテンションあげて挑んだわけですが、3局目には皆さんのおかげで緊張もほぐれてきていました。
しかし、自然体というより、勢いに任せていた感もあります。

反省点だらけではありますが、皆さまのあたたかさと優しさに支えられ、無事に乗り切ることができた...のかな。

朝のコメントにもあったように、解説の佐藤五段が保護者の役割に。
映ってないところでも、保護者の役割の方々がいっぱい。

あだ名もつけていただきましたし、また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。



OI002603.jpg

今日はニコ生で、第4期叡王戦六段予選の聞き手をさせていただきます。
ニコ生では初めての聞き手。
もともと、聞き手自体の経験が少なく(将棋教室などは別)、さらに得意分野ではないため、数日前から緊張中。

いつもお世話になっている先輩から、「自然体で大丈夫だよ〜」と言っていただけたので、自然体を保てるように心がけたいと思っています。

でも最近、自然体ってどんなだったっけ?
と、自然体の自分がわからなくなってしまっているし、いつも通り!自然に!と意識すればするほど、いつも通りがわからなくなる。

ので、緊張して固まっている可能性もありますが、それも自然体のわたしということで、あたたかく見守っていただけると、嬉しいです。



それにしても、今年の夏は初体験や、あまり経験にないことをさせていただく機会多い。
女流棋士歴から考えると、意外だと思われる内容かもしれないけれど。
でも、とてもありがたいことだと思っています。

のわりには、準備不足のままなのはわかっているのですが、せめて今日1日を無事に終われるよう、頑張りたいと思います。
よろしくお願いいたします。



↑このページのトップへ