Xu6DqsMCPK.jpg
SI0BEu6RTM.jpg
uMjthSchnW.jpg
とっても簡単で美味しい、鹹豆漿(シェントウジャン)という台湾の朝ごはんをシェアします。
私がこのメニューを知ったのは、五反田の東京豆漿生活というお店を知ってからで、
いつも行ってみたいなーと思ってはいるものの、かなりの夜型な私には、
午前中から五反田で並ぶのはかなりハードルが高く、、
それなら作ってしまおう!とレシピを色々と検索したのがきっかけでした。

調べてびっくり!レシピどころか驚きの簡単さで、酢と醤油を注いだ器に、温めた豆乳を注ぐだけ!笑
普段から豆乳は常備しているので、さっそく作ってみたら、とっっても美味しかった!
酢が豆乳を半凝固させるので、スープのような豆腐のような濃厚な味わい。

簡単なだけあって、どのレシピもほぼ同じ内容だったので、私が作った1番簡単な比率を記しておきます。

酢(本場は黒酢らしい) 小さじ2
醤油 小さじ1
無調整豆乳 200ml(無調整は必須)
ザーサイ  お好みで
桜えび  お好みで
ラー油  お好みで
パクチー  苦手な人は長ネギに変更

酢と醤油を器に入れ、沸騰直前の豆乳(煮立たせるのはNG)を注ぎ、
トッピングを上に盛るだけ!

シンプルな料理な分、ザーサイと桜えびは絶対入れたほうがいいのと、
付け合わせのパンもあったほうがいいです。

本家は揚げパンを一緒に食べるようなんですが、私はバゲットをフライパンに温めたメープルシロップと絡めてカリッとさせたものと一緒に食べました。かなりお勧め!
あと、油揚げを焼いて入れているレシピもあったので、栃尾揚げみたいな分厚いものをカリッと焼いてトッピングしても美味しいと思います。
もちろん、食パンでも充分です。

簡単で美味しいので、是非試してみてください♡