6A6CFB9C-C01E-4961-A0D9-CF5B6AB2E583.JPG


1度は行ってみたいと思っていた、ベルサイユ宮殿。

宮殿も庭も、全てが圧巻でした。

パリは本当に、見る場所が多くて選ぶのに苦労するけれど、もしまだ行った事なければ是非足を運んでみてください。

IMG_7398.jpg
592362FD-A78A-4574-B24A-5EF0B86C54E4.JPG

中にレストランもあって、どれもとても美味しかった。

E39C6204-89C1-4CF3-86C6-5D11CBA11345.JPG


ベルサイユ宮殿は、チケットを買うのにも並ぶので、事前に予約して行く事をお勧めします。

私達は、予約して行ったものの、中に入るのに更に40分ほど並びました。

長い列に驚いたけれど、アトラクション等の列に比べれば、割と進むのが早いのでご安心を。

_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8158.HEIC
ルーブル美術館へは最終日に行きました。
あまり時間がなく、有名どころだけしか見れなかったので、次回はゆっくり回りたい。

_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8144.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8148.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8141.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8121.HEIC
jc6WpFetWq.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8154.HEIC
ルーブル美術館もチケットをGet Your Guideというサイトで予約して行ったものの、少々入館までに手こずってしまいました。

と言うのも、予約時に届いたメールから、
モバイルバウチャーとやらで予約画面を表示して、係員のお姉さんに、どこの列に並べばいいのか聞いたら、
チケットの実物を近くで受け取ってから来なければいけないと言われ、
そうだったのか!と、書いてあった業者の住所を歩いて探したものの、見つけられず、
電話してみたら、"もうオンラインでバウチャー持ってるはずだから、それで入館できるよ"との指示。
結果、アプリ内を探したら、コードが書いてあるようなページを見つけて、そのまま中に入れたのですが、最初の係員の方の指示も謎だったし、
"バウチャーへ飛ぶ"というボタンから、さらに探さないと必要なページを取得できないのは、分かりづらすぎました、、
日本から事前に予約して行く方は、印刷して持って行くのが無難かもしれません。

ちなみに、€17+手数料€3 で、€20でした。

館内でも少し迷ってしまったけれど、
そんな事はすぐに忘れられるほど、美しいものを肉眼で見るという体験は尊いものでした。

パリに行って、ルーブルを見ない人の方が少ないと思いますが、まだの方は是非に。


IMG_9062.jpg

Instagramに一通り載せたパリ旅行ですが、詳しく教えて欲しいとのリクエストを頂いたので、

Blogにもまとめます。


かなり期待して行ったものの、遥かにその期待を越えてくるほど、とにかく素敵すぎる街でした。


街は美しく、人も感じよく、レストランはどこも美味しくて、全てが完璧。(中心部の渋滞がえぐい事以外は 笑)



73B3D920-3384-4716-B3E7-699FDE73D7DC.JPG

今回は、気の置けない友人2人と行ったので、感動を一緒に共有できた事が、とても嬉しかった。


有難い事に、ここ数年は忙しくさせて頂いていたので、

1週間以上プライベートで海外に行けるくらいの余裕を持てるようになった事も、とても感慨深かったし、頑張ってよかったなと思いました。 心から。


IMG_9060.jpg

↑HEICという謎の拡張子に苦戦して、スクショしてjpgにするという暴挙にでたもので、画像が荒くなってしまってごめんなさい。

(今の時代にiPhone Xsで撮った写真とは思えないよね笑)


3人とも初めてのパリだったので、もちろん凱旋門やエッフェル塔は到着した翌日には見に行きました。


驚いたのは、シャンゼリゼ通りのショーウィンドウ。

去年のデモで割られたガラスがそのままになっていて、どこもかしこもバリバリなのが衝撃的でした。


IMG_2262.jpg

こちらは、エッフェル塔から見た景色。


IMG_9061.jpg


今回の旅は、前半は一緒に行った友人の留学時代のお友達の家に泊まり、

後半はエアビのような雰囲気の、キッチンなども着いたホテルに泊まりました。


↑この写真は、ホテルの近くを散歩した時の写真で、後ろに写っているのはサントゥスタッシュ教会。

日曜日の17時半からはフランスで1番大きなパイプオルガンでの演奏が聞けるというのを、帰国後に知ってしまったので、次回は是非行ってみたい。(ネット情報によると"魂が震える音色"らしい)



長くなったので、続きは次の投稿で。



前々から、DM等でリクエストを頂いていた、"バッグの中身"。

昔から荷物はかなりシンプルなタイプなので、見てもらうような内容ではないのですが、

シンプルなりのこだわりを少し紹介します。



_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7176.JPG



□財布

私はキャッシュレス万歳なタイプなので、友人と割り勘する時以外は財布を持ち歩く機会も減りましたが、6年前くらいからエルメスのベアンを使っています。

スリムな見た目でしっかり入る、言わずと知れた名品で、今使っているのは黒×シルバーです。


□携帯

携帯はiPhone Xs max。

最近は、画像編集も動画編集も携帯で基本は事足りるので、その分仕事し易いように、7以降大きなサイズを選んでいます。

Suica、LINE pay、PayPayを使って大体の支払いを携帯で済ませています。


□ペンケース

ボールペンをそのままカバンに入れていた私を見兼ねて友人がプレゼントしてくれたペンケース(付録だったらしい)

基本メモは携帯派なのですが、
形式上記入が必要な場面に出くわした時に、周りに借りなくていいように一応仕事の時に持って行くのと、
携帯での画像編集用にタッチペンも一緒に入れています。


□鍵

キーリングに爪切りと栓抜きを一緒につけています。

爪切りは、出先で爪が欠けた時に、1日中その部分が気になるという悲劇を防げます。

栓抜きは、外で瓶ビールが飲みたくなった時のためです笑


□香水

ロールタイプが便利なマルジェラの香水は、Lazy Sunday Morning。


□Lip

この写真に写っているのは、selvokeの1番と10番。

近々selvokeの色味比較も載せますね。



_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7174.JPG


□PC

パソコンは、家では15inchのPro、持ち運び用は12inchのMacBookを使っています。


□カードケース

Charlotte Olympiaのベージュピンク。

カード1枚と緊急用の1万円札を忍ばせて、携帯とこれだけで出かける事が多いです。


□名刺入れ

エルメスのカードホルダーのピンクを使っています。 


□Lip

こちらに写っているのは、YSLのヴォリュプテ ティントインバームの2番と6番。

6番はスッピンにも馴染むし、これさえ塗れば明るい印象になってオススメです。



_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7175.JPG


□リップクリーム

私の激推しリップクリーム、マミー。

100%食品成分なのに、潤いもしっかり。


□ハンドクリーム

アルビオン エクシア AL グレイスオーラ。

最初はヌルヌルだけど、時間が経つとしっとりながらサラサラ。


□コンタクト

ワンデーアキュビューのラディアントチャーム と Cielのグリーンをよく使っていて、

出先で外したくなったり、また着けたくなったりがあるので、カバンに入れています。





あまり女子っぽくない内容で申し訳ないのですが、参考になれば幸いです。
引き続き記事のリクエストは、インスタのDMにて受付中ですので、お気軽にメッセージください^ ^ 




↑このページのトップへ