HarTL3j3Ul.jpg
This is not an AD.

最新の私のサプリ事情をご紹介。

以前、美容メディア50 shades of pink内の抗酸化系サプリの記事にも書かせて頂いたのですが、
やはり、サプリは薬ではないので信じて続けることが何より大事。
色々手を出さず厳選して、"これだけは絶対に飲む"というスタンスで毎日飲み続けなければ意味がない。

私は、効果を何より重視するので、
"オーガニックだから,高価だから,誰かが良いと言っていたから"と、
"いいものを使っている自分"に自己満足で終わることは決してなく、
信用して続けるために徹底的に成分について調べ尽くしてから飲み始め、そしてその効果についてもしっかり観察するようにしています。
そんな私が、これは信用できるなと唸った厳選成分をご紹介します。

左から
オメガ3-6-9
アスタキサンチン
レスベラトロール
アロエベラ

iHerbでnowフーズ社のものを頼んでいます。
成分から検索して、含有量が多く安全なものを探していたら、偶然全てnowフーズになりました。

血管、血液のために、オメガとアスタキサンチン。

老化した人間の細胞を若返らせるとの研究結果が出たレスベラトロールで、アンチエイジング。

コラーゲンやヒアルロン酸の産生を増やすと言われている、アロエステロール摂取のためのアロエベラ。


抗酸化の側面だけでなく、血流改善の効果もあるアスタキサンチンに関しては特に信頼を寄せていて、眼精疲労にも効果があるので、
1日中何かしらの画面を見ている私にはとても嬉しい存在。
色々試すのが面倒という方は、まずはこれだけ取り入れる事をお勧めします。

もちろん、バランスの取れた食事があってこそなので、偏りがちな人はマルチ系も一緒に取り入れてみてください。

ご参考頂ければ幸いです♡


_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5849.JPG
12月に入ったので、そろそろ冬支度をと思い、リースを作りました。
(既にアウターはファーコートで、どうやって冬を越せばいいのか困惑している)
ストーリーズを見てDMにたくさんご質問を頂いたので、簡単に使用品などを記しておきます。



今回は、リース台は20cmのものを買い、緑の細いリース用ワイヤーを使いました。

華やかなものも素敵だなと思ったのですが、
ブルーアイスの香りを楽しめるような、緑ぎっしり系のシンプルなものに仕上げました。

使った植物は、
ブルーアイス
シルバーダスト
イヤーミングデザート
ストエベ
の4つです。

ユーカリは今回使用せずだったので、別でフラワーベースに飾って楽しんでいます。

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5766.JPG
仕上げたいデザインにもよりますが、大体15cmくらいのパーツにカットして巻いていくのが一般的だと思います。
私はリースよりしっかり枝がはみ出した、ワシャワシャ系を作りたかったので、長めにカットしました。
_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5772.HEIC
ワイヤーは、最後まで切らないのが一般的なようですが、1本1本しっかり方向をきれいに定めたかったので、場所によっては、毎度ネジってカットしてを繰り返した箇所も、、(神経質笑)
_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5982.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5981.HEIC
吊す紐が見えるのが嫌だったので、
針で刺すタイプのカレンダー用ピンを使って、ワイヤーにひっかけ、
前から見えないように工夫して飾りました。

クリスマスは当日だけじゃなく、準備からもう始まっていますよね。
寒いのは大嫌いだけど、この時期はとても心躍ります。

皆さんも各々のクリスマスを楽しんでください。

ご参考頂ければ幸いです。

llpX3GBiAA.jpg
メープルシロップとベーコンの甘い&塩っぱいがたまに無性に食べたくなる。
その時のベースのホットケーキは、
少しもっちりしてるくらいが、全体のバランスがとれてとてもいい。
美味しいバターがあればもっといい。
最後に生の胡椒を挽けたら最高にいい。

私のお勧めは、大匙1杯の片栗粉を入れること。
ただ、使い切らないと、時間を置いてBPが飛んだ上に片栗粉が入ってるとホットックみたいになるから注意。

私の粉の配分書いておきます↓
全て混ぜて焼くだけ。
ご参考までに。

・小麦粉100g
(最初に大匙1の片栗粉を入れてから100g計る)
・砂糖20g
(私は羅漢果かきび砂糖をよく使います)
・ベーキングパウダー小匙1
・卵1個
・牛乳100ml
(私は豆乳を使います)
・バニラオイル3滴
(エッセンスよりオイルのほうが加熱しても香りが立つ)

↑このページのトップへ