ブログっていつでも読めるので、挨拶に困りますね。

どうもDJ Nobbyでございます。

国内53局、米国1局の合計54局ネットでお届けするラジオ番組
DJ Nobby's Tokyo LIVE!! ã€â†ãƒªãƒ³ã‚¯ã€‘のパーソナリティでございます。


場所によって

「ノビー」とか
「nobby」とか
「noby」とか



色々な表記をしていただいているのですが、僕の芸名は「DJ Nobby」です。
ぜひともファンのみなさまはお間違いのないようにお願いいたします。


ファンなんかいないという問題はここでは無視します。



さて、3月17日に開催される僕のデビュー20周年のイベント

サクラサク【←リンク】


に出演してくれる超ステキなアーティストを紹介するシリーズブログを書いています。

これまでに

あーた【←リンク】
伊禮恵【←リンク】
木下直子【←リンク】
ききまたく【←リンク】

の4人のメインアクトをご紹介して、晴れて5人目、最後の一組をご紹介します。



【MV】Portoneon / Theory

さて、僕の音楽評はえてして長くなりがちで、
結局何が言いたいのか全く分からないまま終わるという


時間泥棒型


のスタイルを取っております。
ものの本を読むと

「書き終わったら半分にしろ」だの
「いいたいことの9割を削れ」だの
「調べ物の時間をしっかり取れ」だの


色々と書いてあるのですが、

そもそも中途半端な文章だし、
そんなにいいたいことなんかそもそも1つしかないし、
個人的な知り合いについて調べる事はそんなにないので、


今のスタイルがベストだという結論に落ち着いています。


間違ってたら指摘して下さい。


20171106_portneon_044.jpg


僕がPortoneon【←HPリンク】と初めて出会ったのは
さくらFMのスタジオでした。

これ意外と珍しいパターンで、
ぼくがアーティストと出会う場所の内訳は


飲み会(85%)
ライブ(13%)
紹介(2%)


でして、今回はこの珍しい「紹介」だったんです。
とあるところでうちのプロデューサーがPortoneonと出会い、
ある日突然

「おいノビー(表記)、次の関西収録はこのアーティストや」


とメッセしてきました。
僕がこの番組を始めたときのコンセプト

DJ Nobby自らが出演交渉をする


を完全に無視しています。
でも、うちのプロデューサーも音楽マニア。
変なアーティストを薦めてきたことは今までありませんでした。

で、当時リリース直後だったTheory(↑のYouTube)を見てみました。

20171105_portneon_018.jpg


めっちゃ良いじゃないですか。
途中で出てくる半裸の男性が。


Portoneonの主役は言うまでもなくボーカルのかなさんです。


Portoneonの二人、うえでぃーとかなさんは
もともと幼なじみというながーいお付き合いらしいのですが、

二人をインタビューしたり
Twitterの投稿を見る限り、

うえでぃーさんがかなさんのことを好きすぎるんです。


決して男女の仲としての好き嫌いの話ではなくて、
ひとりのアーティストとしてのかなさんを
うえでぃーさんが崇め奉っている感じなんです。



20171105_session_013.jpg




どれだけ仲のいいチームであっても、
Twitterで相方のことを「だいすきや」とはなかなか言えないと思うんです。


このふたりの独特の距離感って、
スターとファンのそれととてもよく似ているように思います。


かなさんというスターを
うえでぃーさんというファンが慕っている感じ。


音楽にもそれがよく出ています。


かなさんは気持ちよく前に出て歌っているし、
うえでぃーさんはかなさんの歌声をサポートすべく
全力で演奏しています。


この関係性から紡ぎ出される独特のサウンドは
なかなかポップスバンドでは見られないものです。


ちょっとした緊張感。
関西独特の客いじり。
そして我らが西宮発のサウンド。


彼らのサウンドがヤマハホールでどのように響くのか、
正直主催者の僕もまだ分かりません。



でも僕は今回は祝ってもらう立場!

最高に楽しんでやろうと思っています。



さあ、気が付けばあと3日で本番。



武者震いしてきました。



まだまだチケット販売受付中です。












さくらFM開局・DJ Nobby活動開始20周年記念
「サクラサク〜僕とみんなとさくらFM〜」

日時:2018年3月17日(土)17時開演
場所:ヤマハホール(東京都中央期銀座7-9-14)
出演:あーた、伊禮恵、ききまたく、木下直子、佐野仁美、Portoneon、ムラタトモヒロwith柳生俊彦(五〇音順)
チケット:全席指定3,000円


詳細・お問い合わせは公式ページ http://e-nobby.com/yamaha/

ヤマハホール小.jpg

こんにちは。

国内53局、米国1局の合計54局ネットでお届けするラジオ番組
DJ Nobby's Tokyo LIVE!! ã€â†ãƒªãƒ³ã‚¯ã€‘のパーソナリティ、DJ Nobbyでございます。


さて、3月17日に開催される超ステキなイベント

サクラサク【←リンク】


に出演してくれる超ステキなアーティストを50音順で紹介するシリーズ。

あーた
【←リンク】
伊禮恵
【←リンク】
木下直子
【←リンク】

ときて、今日は「ききまたく」を取り上げようと思います。

でね、こうやって僕がマジメにブログを書こう!としているのに、
すぐに茶々を入れてくる人がいるんです。


はい、その通りです。

もうこれは

「オマエ小学校卒業してんのか、バーカ」

と公開パワハラ(木下さん先輩だからさ)を受けても仕方ないレベルですし、
下書きリストにもちゃんとききまたくが先に書かれていたのですが、

なぜか木下さんの方を先に公開してしまったことで


僕がききまたくよりも木下さんを優先しているという形になってしまいました。


たぶん誰も怒らない。

ーーーーーーーーー

今回のイベント「サクラサク」ですが、さくらFMの開局20周年記念と、
僕のDJ活動20周年記念の合同お祝いイベントとなっています。

そのため、出演アーティストは合計7組、
公演時間は堂々の3時間を予定しています。

3時間ですよ。

3時間あったら何できるか、いくらかかるか考えてみました。


・新幹線で新大阪へ(13,620円):3時間なら新神戸までいけます。
・渋谷で飲み会(4000円ぐらい):個人的には道玄坂のてけてけがオススメ。
・マッサージ(安くても1万円):普通のマッサージで、ですよ?


それに比べてです。
日本屈指の楽器メーカーが何十億円もかけて作り上げた
素晴らしきホールでのライブイベントは


3,000円


です。
別に値段じゃないですし,時間でもないですが、
これはもう来ないと損というレベルです。

そんな素晴らしきイベントのトリを飾ってくれるのは


ききまたく【←リンク】


のお二人。

公式サイトの情報量がちょっとアレなので,
あえてGoogle検索結果をリンクしました。
1506611672836.jpg

シンガーソングライターの聞間拓さん(本名)と
おなじくシンガーソングライターの小川徹さん(たぶん本名)のユニット。


聞間拓と小川徹
二人あわせて

ききまたく【←リンク】


なんというか、

かしゆかです!
あーちゃんです!
のっちです!

3人合わせて

かしゆかです!


みたいな事になってます。

1506611679094.jpg

人がききまたくの音楽を語るとき、
必ずと言ってイイほどフォーカスされるのは
彼らのパフォーマンスの熱さです。

確かに彼らのパフォーマンスは熱い。
ステージから客席へ迫ってくる気持ちと、
目に入ってくる体を酷使する体力勝負のパフォーマンス。

彼らのステージを見て「冷静だなぁ」と思う人は
おそらく地球上にただの一人もいないと思います。

聞間拓さんの汗の量も尋常ではないし、
小川徹さんがノってきたときの体の動きもワイルドです。

たとえ音が聞こえなかったとしても、
彼らが最高に気持ちを込めて歌っていて、
そしてその音楽がド迫力であることは目で見て分かります。

それほどに熱い。


MCの内容も

「いま、勢いでがんばりましたよね?」


と声をかけたくなるほどにスベる事もありますが、
お客さんを楽しませたい!という気持ちは常に一流です。

彼らは、プロ。


音楽のライブも舞台芸術の一種なので、
ステージ上ではみんな「演じて」います。

僕も番組の中で
「ステージ上とのギャップがすごいですね!」
とコメントすることがあるのですが、

ステージ上の人と,普段の私は違うんですよね。


とみなさんおっしゃいます。

ききまたくのお二人も例外ではなくて、
ステージ上の二人と普段飲みに行ったときの二人は

1506611667106.jpg


。。。一緒かもしれない。。。



そんなALWAYS PROFESSIONALなお二人は
3月31日をもって「ききまたく」としての活動を終了されます。


一人のファンとしては死ぬほど寂しいし、
二人のハーモニーをもっと聞きたかったし、
三人目のききまたくになりたかった。


そんな事言っても始まらないので、
僕は今回のイベントの中身を設計するにあたって

隠れテーマを

「ききまたくの卒業パーティ−」

と勝手に決めています。


トリを飾ってくれるお二人に、最高の場を提供する。


出演者全員が主役のイベントにおいて、
なかなかこの流れを作るのは難しいです。

本番でも成功するかどうかは分かりません。


でも、だからこそライブなんです。


3月17日、ヤマハホールに行かない理由は千もあります。

でもすこしだけ、考えてみて下さい。


このライブは、どんなに願ってももう二度と見られません。

さくらFMの20周年
DJ Nobbyの20周年

そして

ききまたくのお二人の未来。

みんなで一緒にお祝いしましょう。

まだお席ございます。





さくらFM開局・DJ Nobby活動開始20周年記念
「サクラサク〜僕とみんなとさくらFM〜」

日時:2018年3月17日(土)17時開演
場所:ヤマハホール(東京都中央期銀座7-9-14)
出演:あーた、伊禮恵、ききまたく、木下直子、佐野仁美、Portoneon、ムラタトモヒロwith柳生俊彦(五〇音順)
チケット:全席指定3,000円


詳細・お問い合わせは公式ページ http://e-nobby.com/yamaha/

ヤマハホール小.jpg

こんにちは。

国内53局、米国1局の合計54局ネットでお届けするラジオ番組
DJ Nobby's Tokyo LIVE!! 【←リンク】のパーソナリティ、DJ Nobbyでございます。

そう、こういうシリーズもののブログを書き始めると、
困ったことに

中だるみ

という現象が発生します。
今回ヤマハホールのイベントに出演してくれるアーティストは
追加出演者も含めて7組にもなるわけですが、

最初2人紹介しただけでもう中だるんでしまっています。


せめて真ん中まで行け、オレ。


というわけでちょっと間が空いてしまいましたが今後はダダダッと書いていきますよ。

ーーーーーーーーーーーーーー

今回のイベント、素晴らしいアーティストが7組も出演してくれます。
50音順でご紹介すると

あーたさん
伊禮恵さん
木下直子さん
ききまたく
佐野仁美さん
Portoneon
ムラタトモヒロwith柳生俊彦


見る人が見れば

「おいおい、どうやったらそんなに集められるんだいハニー?」


というぐらいに豪華な出演陣です。
もうこれだけのアーティストが国内最高峰のホールに集うわけですから、
最高の時間はすでに約束されています。

が。


それをさらに最高にするために僕たち企画陣がいるわけでして、
当日はこれまで誰も想いも付かなかったような演出も考えています。

※僕が思いつかなかっただけかもしれません。



さて、この出演陣の中で一人、昨年ヤマハホールで開催したイベントにも
出演してくれた人がいます。

さあ、だれでしょう?



20170911_195315.jpg

【注】僕を指さしているのは木下さんの手ではありません


そう、この人。
木下直子【←リンク】さんです。


今年で芸歴21年という、僕よりも1年ベテランの木下さん。
いつか追い越してやろうと思っていますが、たぶん無理なんでしょう。

なんとかしてよアインシュタイン。



僕の木下さんの出会いはもう6年も前に遡ります。
2012年の事だったかしら。


「まだ6年??なんかもっと前から知ってる気がするわ〜」

みたいに思うこともあるんですが、小学校1年生が卒業しちゃうぐらいの時間ですから
お互いほぼ別人みたいに変わっていてもおかしくないんですよね。


僕はほぼ変わってないですけど。



最近僕の活動を初めて知った職場の後輩に


「このプロフィール写真、めっちゃ弾けてますね!いつ撮ったんですか?」

IMG_4361-2s.jpg


と聞かれたので「5年前やね」と答えると


「マジですか!全く変わってないですね!」



と言われました。これ何ハラですかね。



そう、話は戻りますが、僕が木下さんに出会ったのは

まだお肌がつるつるで
毛穴も目立たず
髪の毛にも艶があって
いくら食べても太らなかった

あの6年前、今はもうなくなってしまった渋谷の、とあるダイニング。
偶然ちかくの席に座った僕たちは、すぐに意気投合しました。

。。。と書くとすごく運命的な何かを感じますが

吉村かおりワンマンライブ後の打ち上げで
たまたま居酒屋の向かいの席に座った、というのが初めての顔合わせです。


そこで「ヒカリ」というアルバムを本人からいただきまして、
家に帰って聴いてみたとき、衝撃を受けたんです!

20170204_kinoshitanaoko_014.jpg



。。。って言って怒濤の褒め殺しをはじめるのが普通の音楽評だと思うんですが、
木下さんに関しては本当に感じたことを書きます。


あのですね、木下さんの音楽ってすぅ〜〜っと入ってくるんです。

良い曲なんですよ、全部。
ホントに全部良い曲。

木下さんこれちょっとどうしちゃったの!?

みたいな曲は1つとしてありません。


そして、一度生活の中に木下直子の音楽が入り込んだら、
意識しなくてもいつもそこにある必需品になります。

我が家の食卓で言うと醤油とか七味唐辛子のポジション。


そこにいることがあまりにも自然で、
僕たちが生活する上で必要な存在で、
それでいて全てを支えてくれる音楽。


それが木下直子の音楽だと僕は思います。

IMG_20151119_204608.jpg




音楽関連で僕が何かをはじめるとき、いつも真っ先に木下さんに相談に行きます。


長い豊富な経験に裏打ちされたアドバイスをくれるということもあるんですが、
やっぱり僕が好きな音楽の根本に近いところに木下さんの音楽があって、
それは、イベントにNobbyカラーを出すためにどうしても必要な音なんです。


FB_IMG_1464177401831.jpg



ヤマハホールでのイベント開催は、個人的に今後とも続けて行きたい事の1つです。

だからこそ、1回目、2回目と木下さんに出演をお願いして、
イベントのベースとなる色を一緒に作りたい。

そう思って、今回唯一2回目の出演をお願いしました。




次の20年も一緒に歩みたい音楽。



僕にとってこれからの活動の基礎となる音楽で
ヤマハホールを一杯にする日が近づいてきました。


気が付けば、あとちょうど2週間。


僕はソールドアウト間近!!といって煽るのが好きではないので、
チケットには常に余裕を持たせてホールを押さえています。


なので、当日券でも構わないのでぜひ遊びに来て下さい。





僕が楽しい時間を保証します。









さくらFM開局・DJ Nobby活動開始20周年記念
「サクラサク〜僕とみんなとさくらFM〜」

日時:2018年3月17日(土)17時開演
場所:ヤマハホール(東京都中央期銀座7-9-14)
出演:あーた、伊禮恵、ききまたく、木下直子、佐野仁美、Portoneon、ムラタトモヒロwith柳生俊彦(五〇音順)
チケット:全席指定3,000円

詳細・お問い合わせは公式ページ http://e-nobby.com/yamaha/
ヤマハホール小.jpg

↑このページのトップへ