子どものころ大好きだった絵本。
図書室に通って「ごむあたまぽんたろう」繰り返し繰り返し読んだ。
最後にわたしも安らげたらいい。


大事なことを書こうと思う。

これから色んなことが変わっていくと思う。
驚くほど、ものすごくタイミングよくそんな状況が360度、私を囲っている。
気付いたら状況が変わっていたという時は今までいくらでもあった。部分的に変わって、時期を経て全てが入れ替わっていたり。
でも、今回はそうではなく、今目の前に登り方の知らない真新しい山が何処からともなく現れて、
明日からこれを登っていきなさい。と言われている。
360度どこをみてもその山しかみえない。
今までのいろいろな当たり前が、もうすぐそうでなくなる。さっきまであった道はもうない。

変わらない方がいいことは、きっと変わらないし、
変わった方がいいことは、変わっていくのだろうし。

とっても不安だし、とっても怖いです。
でも少しだけわくわくしてる。
この山を登った先に、ポン太郎が辿り着いたような木があったら、世界はきっと捨てたもんじゃないのかもしれない。

さぁ、数年越しの覚悟をきめようか。
_var_mobile_Media_DCIM_121APPLE_IMG_1019.JPG