「信じることなどやめてしまえよ 半端に傷付くくらいなら」

大好きな黒木渚さんの曲の一節。

あてのない愛を
あてのない夢を
きっと大丈夫だ、大丈夫だと信じ続けることは
狂いそうになるほどに苦しいことだ。
あの日の言葉にしがみついて、信じ続ける理由をいつも心に押し当て続けているなんて
バカみたい。

返ってこないキャッチボールなんて
わたしはもうしたくない。

と思う夜です。

_var_mobile_Media_DCIM_100IMPRT_00000014.JPG