遅ればせながら、あけおめです。
これをあえて読んでくれている勇者の貴方はきっと私の重めの日常を知ったところで、お前の日常なんて知らねえ、しね!!!とはならないと思うので、ここでは伝えたいことを伝えようと思います。

今に至るまでの年末年始、
引越したり、家族が倒れたり、人に裏切られたり、取り巻く環境が一気に180度変わった。
どうだろうか。生まれた怒りや悲しみは言葉にしない方が美しいのかも。
いつも何事もなかったかのように、平然と過ごすべきなのかとも思ったりもした。
でも私はやっぱり美しく生きるよりもずっと、いい曲を作りたいし、目に見えないものを真実に近い言葉で表現したい。
シンガーソングライターは、感情が材料だから、そこに対して疎くなったら終わりです。何も感じなくなったら終わり。
だから、誰かに対して死んでくれって思ったらそう歌う。そういう気持ちを抱くことは、何の罪もなく、人として当たり前のことだと思うから。

道徳的にどうとか、誰かにどう思われるとか、
そういうのは本当に自分にとってはどうでもよくて、
いい曲書くためなら怖いものは何もない。
感情への謙遜はいらない。

歌いたいことを自由にただ自由に歌います。

それだけ。

今日の月は凄かった。
_var_mobile_Media_DCIM_121APPLE_IMG_1480.HEIC

ある時を境に旅に出ていた心がやっと帰ってきたような今です。

思いつきで、流星群を見に山に行ってきました。
一昨日満月だったから、月が明るくて、あまりいい条件ではなかったみたいだけど、それでもゆっくりはっきり星が降ってきてとっても綺麗だった。寒かったけど。

星がとっても好き。
とってもとっても。


少し前まで気持ちでしか生きていなくて、そしたらとんでもないことが起こってしまって、
気持ちで生きていくのをやめてから、すごく楽になって、すごく楽しくなった。
でも、たぶん見ないようにしている何かがあることにも気が付いていて、それを見つめた時にどうなってしまうかがすごく怖かった。

だけど、さっき星を観たあと運転しながら大好きな歌をたくさん聴いていたら、色んなことを思い出して悲しかったことをようやく悲しかったことだと感じられて、
やっと少し心と向き合えた気がした。

でも今はちゃんと前をみてる。
色んなことがあっても、今までずっと乗り越えてきたから、もうきっと何があっても大丈夫なのかもしれない。

気持ちのままに、好きなことをたくさんしていきたい。
自分の真ん中は、自分自身で決めて生きたい。
TAqo0Fubfs.jpg

乗らなすぎてバッテリーが上がってから、車に乗るようになって、ひとりでも少しずつ色んな場所に出かけていて運転が好きになってきた。


なんだか生まれ変わったような日々を生きて
色んなことを勉強してて、それがちょー面白い。
こうしなきゃっていう呪縛から解き放たれたみたいだ。

油断したらSNSからも姿を全く消してしまいそうだけど、それで誰かの記憶から抹消されていっても、それならそれでなんでもよくて、
とりあえず今はやりたいことを一生懸命やってとんでもなく音楽に浸っていたい。

戻ってきた時、その時の私の音楽がおもしろそうだったら、いつもの顔で迎えてください。

人に知らせたくなるような面白いことがあったらその都度言うね。


↑このページのトップへ