今朝はビックリ‼️
目覚めて外を眺めたら…真っ白でした💦
DSC_0001.JPG

コロナウイルスに関連した中止が無ければ、本日は山梨県の韮崎市で発動機運転会が開催される日でした。

そんな訳で今日は先日知り合いの自動車屋さんからの連絡で、出入りの廃品回収屋さんから引き取って来た、クボタ「AHD-A」発動機の修理をしました。
DSC_0023.JPG
この発動機は昭和29年頃の製造です。

程度が良かったので、そのまま揮発油(ガソリン)を入れて始動を試みましたが簡単には事は運びません💦

キャブレターを分解。
DSC_0015.JPG
古い発動機のネジは頭が全てマイナスなので注意してネジを外していきます。
DSC_0017.JPG
さっそく分解。
DSC_0018.JPG
各部品を綺麗に洗浄して元に戻します。
キャブレターを発動機に組つけて試運転…と思ったら携行缶のガソリンが無くなり、時間もちょうど昼になったので行きつけのお蕎麦屋さんで昼食。
DSC_0020.JPG
美味しくいただいたあと燃料を購入し、発動機整備の工場へ戻って試運転。
なんとなく本調子では無さそうだけど、とりあえず動くようにはなったので本日の作業は終了としました。

今日はあいにく小雪が舞う天候だったので、気が向いたときにコツコツと修理をして来たクボタ発動機「AHC型」の試運転をしました。
数年前に某中学校の技術室に教材として置かれたまま放置され、廃棄となる時に学校の教頭先生からご連絡をいただいて引き取って来た発動機です。

いくつか欠品があったのでボチボチと部品を集めて今回やっと試運転するところまでこぎ着けました。

↑このページのトップへ