10代の頃はずば抜けた「センス」さえあればどうにでもなると思っていた。

20代になってセンスだけではどうにもならん、「努力できること」こそが最強の才能、資質でありこの2つを兼ね備えた者こそが天下を統一できるに違いないと思うようになった。

30代も半ばになり、最近は「別にセンスも努力できる才能がなくても『コミュニケーション能力』さえ秀でていれば何とでもなるんじゃないか」と思っている。

 
ずば抜けたセンスなど、無い。
寝る間を惜しんで努力する人は心から尊敬するが、私は寝る。
コミュニケーション能力は、一見あるように見られがちだが、目も当てられないレベルである。


半ば詰んでいる訳だが、来るべき40代  コミュニケーション能力を凌駕する何かが出てくるのか。楽しみでならない  程でもない。