pixta_16552764_XL.jpg

音楽コンテストサービス「クレオフーガ」で和風の音楽をテーマに開催しておりました「未来のサムライミュージシャンズ発掘コンテスト」の最終結果がついに発表されました!

素晴らしい楽曲が表彰されていますので是非聴いてみてください。

未来のサムライミュージシャンズ発掘コンテスト 最終結果発表ページ


さて、コンテストは終了となりましたが、和風音楽には引き続き注目しておりますので、今回はその辺りについて書いてみたいと思います。


■和風音楽と東京オリンピック

実は、和風音楽はAudiostockでも人気ジャンルとなっておりまして、サイト内検索回数の第一位はなんと「和風」なんですよね。

主な理由としては、近年政府がインバウンド市場(訪日外国人観光客誘致)に力を入れていることもあり、日本の文化や観光地を海外の人に紹介するための映像コンテンツが増加しているためです。‬

また、一番インパクトが大きいのは東京オリンピックを2020年に控えていること。

実際、東京オリンピック開催が決定して以降、日本のインバウンド市場は急拡大をし続けており、2014年の訪日外国人観光客は約1300万人でしたが、2015年には約2000万人、2016年には約2400万人
と年々規模が急拡大しています。

さらには、政府が掲げる2020年の訪日観光客数の目標はなんと4000万人!
オリンピック効果は凄まじいですね・・・。

というような背景があり、インバウンドの関連業界を中心として、企業でも行政でも日本を紹介する映像を制作する案件が急増しているようで、映像のBGMとして使うために和風の音楽を必要とするシーンが増えています。


■和風音楽ってなに?
ちなみに、映像制作会社などへヒアリングさせていただきますと、和風音楽が欲しいといっても、雅楽みたいなのとかお正月で流すようなコテコテのものを求めているわけではないことが多いです。

むしろ、トラックは現代的なポップ、ロック、ダンスミュージックなどで構成されていて、メロディーなどのウワモノ等の一部に和楽器を使っているようなものが良いようです。

和風ロックとか和風テクノとか既存のジャンルと融合しているものがまさにその辺りですね。

やはり日本のことを紹介する映像では、BGMにも何らか日本的なものを感じさせる要素(和楽器、音階など)のある音楽を使った方が雰囲気が出るとのことでした。


■和風音楽は日本の独壇場
過去にこのブログでも書いておりますが、Audiostockには海外に強力な競合がいます。
ただ、そういった海外サービスのラインナップには和風の音楽はほぼありません。

そのため和風の音楽を調達する場合には、国内サービスで探すしかないんですね。

とあるAudiostockの顧客にお話を聞いたところでは、
「海外サービスでも和風カテゴリがあるじゃんと思って試聴してみたらどれも中華風だった!」
という話が面白かったです(笑)

確かに、外国の音楽家が日本を独自の解釈でイメージして作ると、そんな感じになりそうだなぁという気はしますよね(笑)

というわけで、和風の音楽は日本のサービスの独壇場でもありますし、僕らにとっては強みとなるオリジナルコンテンツとなるので和風音楽には注力していきますよ!


以上、今回は和風音楽をテーマに書いてみました。

東京オリンピックの公式コンテンツとかでAudiostockから楽曲提供とかしたいな!!!
そういった案件がございましたらぜひご相談くださいませ(笑)