音楽家が自身の作品でマネタイズする方法が多様化しています。チューンコアなどの登場で個人による音楽配信も随分敷居が低くなったし、Youtubeやニコニコ動画から収入を得てる人もいますよね。その中で私達は「オーディオストック」というサービスで音楽家が収入を得る選択肢の一つを提供したいと思っています。

オーディオストックはジャンル的には「ストックミュージック」と言われる分野。日本ではまだ馴染みのない言葉だと思いますが、アメリカを中心に海外ではストックミュージックのサイトが多数あります。

写真の分野では国内でもPIXTAやアマナイメージズなどが「ストックフォト」サービスとして有名ですが、「ストックミュージック」は扱うコンテンツが”音”に変わったものになります。

09
(写真はオーディオストックの活用法をテーマにしたイベントの様子)

オーディオストックでは、自分で制作した曲や効果音などの使用権を販売することができます。JASRACの著作権使用料のように使われた分だけ後から入ってくるのではなく、使用料が一定額に決まっていて購入回数に応じて印税(ロイヤリティ)を受け取ることができるのが特徴です。

前述のPIXTAさんでは、年間1000万円を超える収入を得ているカメラマンを輩出していますし、海外の事例になりますがストックミュージックを展開するAudiojungleでは、一ヶ月の収入が1万ドル~2万ドルを得ている音楽家がいるそうです。

参考記事:
トップクラスのストックフォト参加者が驚きの収入を公開! | デジカメ Watch
AudioJungle tops 1 million music licenses sold | Envato (news)

オーディオストックでは、正直に言うと一番稼いでいる人でも何とか食べれるかなというくらいの金額。やはり規模的にもまだまだです(打倒Audiojungle!)。

スタープレイヤーが出てくることによって、参加する音楽家にとっても夢のあることだと思うので、この記事のタイトルにあるように月に100万円、年間で1000万円の収入をオーディオストックで稼げる人を輩出していけるようにしたいですね。

動画コンテンツやVRなども含めたデジタルコンテンツが加速度的に増えている昨今、サウンド素材の需要はまだまだ増してくるはず。オーディオストックをまだまだ成長させていきますので、音楽でマネタイズを考えている方は是非活用していただければ嬉しいです。

音楽素材マーケットプレイス「オーディオストック」