『えんとつ町のプペル 光る絵本展in香港』のプレス発表で、香港に向かっております。
明日は朝から東京でお仕事なので、悲劇の日帰りでございます(涙)
香港のイベントの詳細は→コチラ
20171019_051828.jpg
福岡県の大川というところから向かっていて、外はまだ真っ暗(現在5時30分)。

『革命のファンファーレ』の出版直後ということもあり、とにかく今は各地を飛び回っております。
その間(移動中)、【絵本】『チックタック ~約束の時計台~』や、【映画】『えんとつ町のプペル』や、『レターポット』や、『しるし書店』や、『おとぎ出版』…などの制作仕事を止めてしまうわけにはいかないので、LINEで会議会議会議。
20171019_052838.png
20171019_053205.png
メディアで取り上げられる時は、いつも僕だけがフィーチャーされるのですが、どっこい、僕はチームで動いていて、持つべきものはスタッフでございます。
20171019_053618.jpg
(※最新号の『編集会議』で袖山さんが取り上げられていた!)
僕は、吉本興業とヨロシクやりながら、『しるし書店』や『おとぎ出版』を運営する「(株)おとぎ町」と、『レターポット』や僕個人を運営する「(株)にしのあきひろ」という二つの会社を細々と経営しています。
吉本興業はメチャクチャいい会社なのですが(マジで!)、二言目には「確認します」「検討します」というフットワークの重さがあるので、スピードが必要な案件は僕の会社でやっちゃいます。
ありがたいことに最近は僕の会社の社員(スタッフ)を志願してくださる方が増えてきました。

先日も、ウチで働くためにワザワザ九州からヒッチハイクでやってきたツワモノがいたのですが、どっこい僕は面接試験なるものをやっていなくて、
イベントの美術をやってくださっている只石さんにしても、
作品のデザインまわりをやってくださっているハヤシさんにしても、
音楽まわりをやってくださっている渡邊崇さんにしても、
プロデュースまわりをやってくださっている田村さんにしても、
海外のエージェントの佐伯さんにしても、
システム開発まわりをやってくださっている、ヤン君や藤岡さんやサイトーさんにしても…
なんとなく一緒にいるうちに(きっと居心地が良くて)、「ちょっと、この案件、お願いできます?」と、気がつけば一緒に仕事をさせてもらっています。

「今日から、あなたはスタッフです!」という感じではなく、友達同様、スタッフの始まりもグラデーションになっています。
なので、もし、ウチのスタッフとして働く気がある変な方は、僕のまわりをウロチョロしておいていただけると助かります。

「何をするか?」も、もちろん大切なのですが、僕は結構「誰とするか?」を重要視していて、子供の頃にザリガニ釣りに行ったり、秘密基地を作った、あの延長で、今日も仕事をしております。

それでは香港に行ってきます。
20171019_060457.jpg


【Amazon】

【Kindle】