所属事務所に対しても、出版社に対しても、テレビに対しても、対等な立ち位置で交渉したいので、基本、「いつでも辞めますよ」というカードは携帯している。

その為には、どこにも軸足を置かない(収入源)を散らすことが大事だと僕は思っていて、とはいえ、乗せている体重が全て「等分」かというと、そうではなくて、比重はバラバラ。その時(時代)によって変わってくる。

とりあえず今は広告費に体重を乗せすぎちゃうと、活動が手詰まりになるので、ほどほどに。

これから時代が何を求めだすかは分からないが(だいたい分かるけど)、持っておいて損はないのが『コミュニティー』だ。
『ファン』と呼んでしまうと「受信するだけの人達」のイメージがあるので、「送受信する人達」のイメージがある『コミュニティー』と呼ぶ方が相応しい。

僕はオンラインサロンをかなり積極的にやっていて、僕に舞い込んできた仕事のオファーを受けるか受けないかをサロンメンバーと話したり、僕が思いついたアイデアのバグチェックを皆でやったり、サロンメンバー限定の集まりを開いては、「次はあれを仕掛けよう。これを仕掛けよう」とウダウダと喋っている。
オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』 | おとぎ商店 on the BASE
※5日以内にご入金が確認できないと無効となります。オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究』に2017年12月31日までの半年間(2017年7月1日以降の記事は全て閲覧できます)参加できる権利。ここは、西野が考えていることや今後の作戦会議(口外禁止)、悩み相談(恋愛以外)などをメインに話し合う場です。オンライン上の議論はFacebookの非公開グループを活用します。ここでの内容は秘密厳守で宜しくお願い致します。内容を口外された方は法的処置をとらせていただく場合がございます。ご容赦ください。感想を呟いていただく分には構いません。なお、迷惑行為を働いたり、オンラインサロンの主旨にそぐわない方はお断り(ブロック・途中退会)させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。【入会手続き】①Facebookの非公開グループ「西野亮廣エンタメ研究所」に直接参加リクエストを出す。②オンラインサロンのリターンの購入が確認できる画面の、西野のFacebookまでDMする。必ず、①と②の両方の手続きをお願いします。片方だけだと招待できません。宜しくお願い致します。
nishino.thebase.in
『ファン』と違うところは、僕がいない時でも、そういう集まり(話し合い)をしているところ。
そして僕には著作権も肖像権もヘッタクレもないので、その人達同士で話が盛り上がれば、あとは僕のマネージャーに僕のスケジュールだけを確認して、そのまま企画がスタートする。
こんな感じだ↓
全国各地にマネージャーが数千人いる感じ。
『えんとつ町のプペル』をメガヒットに導いてくれたのも、この人達(コミュニティー)だ。

時代は回るので、『揺り戻し』は必ずあって、また、作り手が受け手と一定の距離を保つことでタレント価値を作る"旧来のスター像"が重宝される時代がくるのだろうけど、
向こうしばらくは、作り手と受け手がその境界線を曖昧にし、スナックしながら届けるエンタメが力を持つだろう。

昨日、イオンさんと吉本が業務提携をして、映画『えんとつ町のプペル』を届けることが発表された。
このニュースにガッツポーズをしたのは、僕だけではなく、ここに至るまでの過程を共有したコミュニティーの皆がガッツポーズをして、その中には「プペルは俺がちょっと関わってんだよね」と呑み屋で得意気に語ったヤツもいるだろう。最高じゃないか。
嘘じゃないもん。

今はそれ(作り手と受け手のスナック)がオンラインでやれるようになっただけで、エンタメの世界では、何百年も前から続いていることだ。
落語の世界では今でも当たり前に。

弘法大師・空海の活動はまさにスナック的で、高野山は空海のクラウドファンディングによって作られている。
この辺の歴史をほじくると面白い。
今、持つべきものは『コミュニティー』だ。
僕は2年後に大勝負に出るので、それまでに、コミュニティー作りに更に力を入れていこうと思う。
東京で交流会をしまくっていたら「地方でもやれ」という声をいただいたので、11月21日に神戸で交流会をすることが決まりました。
お時間あれば是非。
面白いアイデアがあれば、その場でプレゼンしてください。
本当に面白かったら、全力で後押しします。
『(株)おとぎ町』交流会(関西) 参加権 | 株式会社おとぎ町 on the BASE
※1週間以内に入金が確認できない場合は無効となります。2017年11月21日(20時~21時半)に神戸で開催される『株式会社おとぎ町』の交流会の参加権です。イベントは20時スタート。参加者は19時40分に集合。『参加権を購入したことが確認できる画面』と『年齢が確認できる証』を受付で見せて、中へお入りください。心優しい人はスタートの30分前(19時半)に集まって会場準備を手伝ってください。基本、コチラでご用意するのは「場所」と「出会い」だけですので、飲食の持ち込み大歓迎です。遅刻、途中退室OK!会場の用意、後片付けは皆でやりましょう。【会場】〒651-0082 神戸市中央区小野浜町1-4 デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)2階
poupelle.thebase.in




【Amazon】

【Kindle版】