僕はどうやら影響力があるらしく、
最近、新作映画だとか、新商品だとか、新刊などを紹介する仕事のオファーをいただくのですが、この類の仕事(コマーシャル仕事)をホイホイ受けちゃうのは、極めて危険だと思っていて、ほとんどお断りしています。

「お前は、ホントにイイと思ってオススメしてる? お金を貰ってるからオススメしてわじゃないの?」という疑問を残してしまいますし、なにより、僕がコマーシャルした作品(サービス)が面白くなかった場合、僕の信用が落ちるからです。

一方で、お金なんか貰わなくても、自分が本気で面白いと思った作品を本気でコマーシャルして、そのコマーシャルを見て、その作品を買い、そして、その作品に感動してもらえれば、「素敵な作品を教えてくれてありがとう」と僕の信用が上がります。

前田さんの本を本気でオススメした時は、たくさんの方から、お礼の言葉を頂きました。
「信用」さえあれば「お金」を作ることができる時代に、
「お金」を貰って「信用」を失い、「お金」を作れない身体になるのは、まったくもって本末転倒で、自分が何をコマーシャルするかは慎重に選らばなればならなことを、あらためて考えるべきだと思います。