20170816_073319.png
DMMの亀ちゃんが、こんな呟きをしていたので、気になっちゃって、YouTuberのヒカル君を検索してみたら、なかなか本格的な炎上をしていた(笑)
たしかに、似てるw w

ヒカル君のVALUの一件は、僕のオンラインサロンで「VALUって、"今はまだ"こういうことができちゃうよねぇ」と前々から議論されていたことなので、目くじら立てて怒っている人に対しては「何を今さら」と思う気持ち半分、しかし一方で、「まだ生まれたての赤ちゃんのようなサービスで、未来があるサービスなので、皆で育てていこうよ」という気持ちも分かる。
僕の友人が作っているサービスなので、個人的には後者の気持ちが少し強い。

今さら買い戻したところで、「炎上したから買い戻したんだろ」と、いずれにせよ後味の悪い結果になるので、できれば「そうきたかー(笑)」というバンクシー的な決着を望んでいる。
未来ある若者なので、見守りたい。
ヒカル君のお手並み拝見といきましょう。


僕のブログの読者ならご存知かもしれないが、少し前、『和モノのプペル事件』というのが起きた。
これだ。
本来であれば、金銭的な損害も発生して、誰かが誰かに謝り倒していたハズの案件であるが、ところが、この事件をキッカケに『えんとつ町のプペル』の売り上げが伸びたのだ。
20170812_210331.jpg
20170812_210326.jpg
『和モノのプペル』は大人気。
モノのプペル』とは知らずに大量に入荷していた(本来、大被害者になるハズであった)スタンダードブックストア心斎橋店には、『和モノのプペル』の注文が殺到。
ちょうど大阪に帰省中であったので、一昨日、『和モノのプペル』に片っ端からサインを入れてきた。
現在、キンコン西野とスタンダードブックストア心斎橋店とのインサイダー取引(和モノ編)が疑われているところだ。

また、それとは別件で、先日、こんなツイートを見つけた。
Screenshot_20170812-065325.png
10月に出版する僕のビジネス書『革命のファンファーレ ~現代のお金と広告~』をAmazonでポチってくれた青年が、発売時期をロクに確認せず、「夏休みの読書感想文にする!」とTwitterで宣言しちゃったのだ。

「夏休みの読書感想文」も何も、夏休みが終わっても、まだ『革命のファンファーレ』は発売されていない。
しかし、青年は「夏休みの読書感想文にする!」と宣言しちゃったのだ。

こうなったら仕方がない。

よく知らねぇ青年と連絡を取り合い、発売2ヶ月前の『革命のファンファーレ』の原稿を送ることにした。
Screenshot_20170812-071423.png
だって、「夏休みの読書感想文にする」と宣言しやがったから。
これしか方法がない。

昨夜、このことを青年がブログに書き、イケダハヤトさん他、影響力のある方々がシェアしたものだから、発売前(予約段階にも関わらず)『革命のファンファーレ ~現代のお金と広告~』の売り上げが伸びた。
20170816_084339.png

青年が今回の一部始終(もっと詳しいバージョン)を書いたブログはコチラ↓
おかげで、『革命のファンファーレ』の売り上げが伸びて、青年のブログのPV数も爆発して、現在、西野と青年によるインサイダー取引(革命編)の疑いがかけられている。

誰か助けてくれ。

20170816_084929.png