毎日、結構な量の文章を書いております。
数えたところ、1日平均5000文字ほど書いているので、かなり書いている方だと思います。
ブログ一つとっても、毎日かなりの長文を書いているので、「お前、気づかれないように自分の過去の文章をコピペしてるだろ!」と言われることまであります。

たとえ駄文であろうと、これだけの量を書いていたら、どの角度からでも、それなりの終わらせ方をすることが可能になります。
"それっぽく誤魔化す力"がつくわけですね。

それが証拠に、僕のブログは毎度一筆書きです。落とし所を決めずに、いきなり書き始めてしまいます。
書きながら、「どこに落とそうかなぁ」なんて考えています。
ちなみに、今もそうです。
まだ終わりが決まっておりません。

一筆書きなので、推敲などはしませんが、しかし、読者の方が自然と読み返してしまうような文章を書くことは心がけております。
「気がついたら、もう一度読んでいた」
そんな文章が、終わりを探しながら書けたら最高だなぁと思っております。

ただ、これは、べつだん不思議なことでも、特殊能力でもありません。
僕らの会話は、会社の面接など特殊なケースは抜いて、基本、一筆書きです。
適当に喋りながら、「どこで終わらせるのが適当かなぁ」と考え、喋っているうちに、ジクソーパズルのような凸と凹が見つかり、そこを繋げて、適当なところで終わらせます。

ジグソーパズルといえば、『えんとつ町のプペル』のジグソーパズルが発売されました。
こちらです↓
1000ピースなので、そこそこ本気で向き合わないといけないかもしれません。
いつか、お子様でも気軽に楽しんでいただける300ピースのパズルも出したいです。

…とまぁ、こんな感じで、文章を書き進めている間に、告知がネジ込めたりもします。
「毎日、文章を書いています…」と書き出した時は、まさか、ジグソーパズルの話になり、告知になるとは思いませんでしたが、"一歩踏み出したからこそ"見つかったことであります。

つまり、僕が言いたいことは「踏み出すことの重要性」です。
踏み出さなければ、『えんとつ町のプペル』のジグソーパズルの話題とは出会えなかったのです。
人もそう、
問題もそう、
僕たちは出会うことで成長していきます。
成長する為には、まず、踏み出さないといけないのです。

このように、手垢でベタベタな自己啓発文を挟み込むことだって可能です。
今の時点で、告知を終わらせ、自己啓発文のブチ込みにも成功しました。
一筆書きの勢いは止まりません。

あとは「終わらせ方」だけです。
ジグソーパズルの告知をして、直後に一歩踏み出すことの重要性を説いた、このまとまりのない文章は、どこに着々すれば、一番気持ちが良いのでしょうか?

この辺りから、いよいよ頭を働かせます。
今のところ良い終わらせ方が、何も浮かんできていませんが、なんとなく「最後に、もう一発ぐらい告知をしたいなぁ」と思っておりまして、その方向で終わらせようと思っています。

「そんな、終わらす直前に終わらせ方の方向を決めて、そっちに持っていけるの?」
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、問題ありません。

というのも私、毎日、結構な量の文章を書いております。
数えたところ、1日平均5000文字ほど書いているので、かなり書いている方だと思います。
ブログ一つとっても、毎日かなりの長文を書いているので、「お前、気づかれないように自分の過去の文章をコピペしてるだろ!」と言われることまであります。

たとえ駄文であろうと、これだけの量を書いていたら、どの角度からでも、それなりの終わらせ方をすることが可能になります。
"それっぽく誤魔化す力"がつくわけですね。

それが証拠に、僕のブログは毎度一筆書きです。落とし所を決めずに、いきなり書き始めてしまいます。
書きながら、「どこに落とそうかなぁ」なんて考えています。
ちなみに、今もそうです。
まだ終わりが決まっておりません。

筆書きなので、推敲などはしませんが、しかし、読者の方が然と読み返してしまうような文章を書くことは心がけております。
「気がついたら、もう一度読んでいた」
そんな文章が、終わりを探しながら書けたら最高だなぁと思っております。

ただ、これは、べつだん不思議なことでも、特殊能力でもありません。
僕らの会話は、会社の面接など特殊なケースは抜いて、基本、一筆書きです。
適当に喋りながら、「どこで終わらせるのが適当かなぁ」と考え、喋っているうちに、ジクソーパズルのような凸と凹が見つかり、そこを繋げて、適当なところで終わらせます。

ジグソーパズルといえば、『えんとつ町のプペル』のジグソーパズルが発売されました。
こちらです↓
300ピースなので、お子様でも気軽に楽しんでいただけるかと思います。
こうして、1000ピースのパズルと300ピースのパズル、両方の告知ができたので、この辺で終わります。

おはようございます。