山に籠って何を書いているかと申しますと、『鎖国』をテーマにした物語。
そんな中、『超現代語訳戦国時代』をヒットさせた後輩の房野君から、「連載をスタートさせたんですが、ブログで紹介してもらえないですか?」と頼まれ、「いいけど、URLを貼っつけるだけじゃ誰も飛ばないと思うよ。全文コピペしてブログに出した方がいいと思うけど、そんなことをしても大丈夫かな?」と返すと、「分からないですが、たぶん大丈夫だと思いますよー」と返ってきたので、「たぶん」に賭けることにして、連載記事を全文コピペします。
そして、なんと、その記事のテーマが『鎖国』だったのです。
運命的なものを感じると同時に、それより何より分かりやすい文章にニヤニヤしちゃいました。
お時間あれば御一読くださいな。

・・・・・・・・・・・

鎖国(さこく)。
よく聞くこのワード。”国を閉ざしちゃてた”と言われるアレです。

海外との貿易を一切行わない——的なイメージが強いかもですが、これは正確ではありません。
正解は、
「鎖(とざ)してないけど、鎖されてるって言われても、まぁ……しょうがないね」
です。
幕府、”場所”と、”相手”を絞って海外貿易やってたんです。こちらをご覧ください。

  長崎(ながさき)口——オランダや中国
  対馬(つしま)口——朝鮮
  薩摩(さつま)口——琉球
  蝦夷(えぞ)口——アイヌ

こちらをご覧いただきましてありがとうございました。こんな感じの限定キャンペーンです(ちなみにこの4つの場所を、”四つの口(四口)”なんて呼んだりします)。
 
 さて、幕府が鎖国をする、その理由とは?

◆理由その1
かつてはポルトガルやスペインも、日本に来てました。
でもそこでネックになったのが、”キリスト教の布教”ってやつ。幕府、ふと思ったんです。
「ん? あいつら、この国でキリスト教徒増やしてるけど、あとで侵略にくるんじゃ ね?」と恐れ、「しかも日本人のキリスト教徒が増えて、団結されたら、厄介じゃね?」と考え、結果、「禁止、禁止、禁止! キリスト教も、外国の船が来るのも禁止!!  日本人が勝手に海外へ行くのも禁止! すでに行っちゃってるやつが日本に戻って来るのも禁止!」となったわけです。

◆理由その2
もし大名が、勝手に外国と貿易しちゃったら……。幕府、ふと思ったんです。
「そこの藩がお金もうかって、力つけちゃって、幕府に歯向かってくるんじゃね?」と恐れ、「逆に言えば、外国との貿易を幕府が仕切ったら、幕府だけ潤うんじゃね?」と考え、結果、「禁止、禁止、禁止! 外国と勝手に貿易するの禁止!!  幕府が許した貿易だけは認める!  認める、認める、認める!!」となったわけです。
中国や朝鮮はキリスト教を信仰している国じゃないのでオッケー。
んで、オランダは……

オランダの人「キリスト教の布教とかしないっす!」
幕府の人「……ホントに?」
オランダの人「ホントっす。自分ら純粋に貿易だけがしたいっす!」
幕府の人「んー……なら、いいよ! じゃ、長崎の"出島"に住んじゃいなよ(オランダ商館だよ)。だだし、日本人と勝手に交流しちゃダメだかんね」
オランダの人「なかなかキビーっすね……。でも貿易できるんで、とりあえずあざっす!」

という感じで、日本との貿易を続けることになりました。
ですので、ヨーロッパ(オランダ以外)やアメリカから見た日本は、
「……だ、国閉ざしてんじゃん! 鎖国じゃん! そう言われても仕方ないことしてるよ!」
となってたわけです。

さて、日本が鎖国やっちゃってる間、海の向こうでは、
「ウソ……でしょ……」
という変化が起こっていました。
王様を追放したり、支配者と戦ったりして、市民が政治に参加するようになっちゃった、「この支配からの卒業戦争」が起こったり(全然そんな名称じゃありません。「アメリカ独立戦争」とか「フランス戦争」ってやつです)。
工業が機械化して、移動手段がちょー便利になった、「ちょー便利になった革命」が起こっていたんです(こちらも全然そんな名称じゃありません。「産業革命」っていう、ちゃんとした名称がついてます)。
蒸気機関ってのが開発され、燃料が木炭から石炭に変わります。
蒸気船(船だよ)が水面を走り、鉄道が敷かれた上を蒸気機関車(列車だよ)が疾走する。
何もかもが、違います。
今までと何もかもが。
中二や高二の夏休み明けで、やけに大人びて登場する同級生よりも違います(ここは、みんな、各々のたとえを見つけてみてください)。
社会の構造が違う。技術力が違う。
民主的になっちゃった。科学的になっちゃった。
古いしきたりや価値観にさよならbye-byeして、近代化にこれからもどうぞよろしくねしちゃったんです。
現代人が、PC、ネット、スマホを体感した時の衝撃と、どちらがすごかったんでしょう(マジでどっちでしょうね)?

日本が“江戸ってる”間、ヨーロッパやアメリカは一足も二足も早く、新しい時代へ突入していたのでした。
そして、工業も産業もミラクルな発達を遂げたヨーロッパ&アメリカは、新しい市場と、原料をゲットできる場所となる、いわゆる
 “植民地(その領土、支配しちゃうぜ)"
を求めて、大海原へ繰り出していったのです。
ターゲットとなったのは……
アジア。
日本にも迫り来る魔の手……。「ねー、仲良くしようよ」と、ロシア、フランス、アメリカ、イギリスの船が何度も訪れますが、「イヤです! 仲良くしま せん!」と、かたくなに拒否っていきます。
「”この人”と決めた相手がいるから、私は他の男の人なんか見向きもしません」っていう、どこぞのヒロインのようでした(なんとなく「カタそうな人だね」と思っていただければ、それで大丈夫です)。

そんな中、ついに”運命の艦隊”がやって来ます。
嘉永6年6月3日(1853年7月8日)、夏の日、夕方。
浦賀(神奈川県横須賀市)沖に、巨大な"黒い物体"が、出現。
やがて"それ"は、浦賀の人たちの目にとまります。

ナニカ……チカヅイテル…………。

静かにザワっとする浦賀。

マックロデ、デカクテ……

驚きと恐怖を少しずつ確認する浦賀。

バケ……モノ…………?

得体が知れなくて、ナニがナンだかさっぱりわからないけど、とにかく叫びたい……

浦賀の人たち「なんだアレはーーーーーーーーーーーーー!!!!!」

デカい大砲を積んだ、バカデカくて黒い船の一団。
サスケハナ号、ミシシッピ号、サラトガ号、プリマス号の4隻。乗っているのは、
マシュー・カルブレイス・ペリー(ジョンレノンかペリーかってくらい有名)。
幕末の激動をアメリカから運んで来た”黒船来航”の瞬間です。

浦賀の人「な、なんだアレ!? 船…だよな……? デケー……。黒い船が黒い煙上げてる! デケーし!……おい! おい!! 波とか風とか関係ナシに進んでんぞ! デケーし! オレ、胸の高鳴りをおさえきれないよ! ヤバい方の意味で! 胸がド………デケー…」

日本人にとっては初めて見る蒸気船。浦賀の騒然はとまりません。
勝手にグイっと入ってきた黒船たちに、浦賀奉行所(お役人さん)のみなさんも慌てフタめきちらします。
船を近づけ『帰って! ここに停まらないで!』と紙に書いたメッセージ(フランス語だったらしい)を掲げますが、黒船の人たちガン無視。
その中で、役人の中島三郎助(なかじまさぶろうすけ)さんは、通訳の堀達之助(ほりたつのすけ)さんを連れて、サスケハナ号にちょー接近。

堀「あのー! 私オランダ語はできますー! 船に乗せてもらえませんかー!?」
コンティ大尉(サスケハナの人)「ダメです。浦賀のちょーエラい役人さんとじゃなきゃ話しません」
堀「……まいったなぁ」
中島「なんだって?」
堀「エラい人とじゃなきゃ喋らないそうです……」
中島「あ、そう……。んー……じゃオレのこと副奉行って伝えて!」
堀「え? 中島さん副奉行じゃないじゃん」
中島「そうだよ。でもしょうがないじゃん」
堀「……ま、しょうがないか。すいませーん! この人! 隣のこの人!  浦賀奉行所のNo.2ですー!」
コンティ「………乗りな」

乗れました。
ウソついたら。
やり取りはさておき、No.2ってウソついたのはホントです(実際は、あちらもオランダ語ができる通訳さんを介してのやり取りです)。
中島さんはコンティさんと話し合います。

コンティ「うちの提督(ペリーさん)は、アメリカ大統領の親書(国のトップから国のトップへのお手紙だよ)を日本の将軍に渡すためにやって来ました」
中島「そうすか。でも日本の法律で、そういうのは長崎でしか交渉できないんで、長崎に行ってください」
コンティ「やだ」
中島「え、やだなの?」
コンティ「江戸に近いから浦賀に来たんだもん。長崎にはいかない。あと、今うちらの船を取り囲んでる日本の船たち追っ払ってちょーだい。サイアク攻撃するよ」
中島「それサイアクじゃん! みんなー! とりあえず帰ってー! 撃たれるんだってー! (周りの船いなくなる)とにかく私じゃ決められないんで、明日、上の役人が来るようにします」

あくる日。

香山「浦賀奉行の香山栄左衛門と言います(これまたウソ。中島さんと立場は一緒)。親書を受け取るかどうか、江戸にお伺いを立ててみます。なので、返事くるまで4日待ってもらえませんか?」
ブキャナン中佐(サスケハナの人)「この船だと1時間で江戸にいけるんですよ。4日間なんて待てません」
香山「1時間で……!? じゃ……4日なんて待てませんよね……」
ブキャナン中佐「3日待ちます」
香山「あ、え?………3日は……いけ、る……ありがとうございます……」

3日間待ってもらえました(これホント)。
一方その頃、「アメリカ艦隊が来た」という報せを受けた幕府は、
『アメリカが!!!!!!!!? 』
という驚きのあと、
『やっぱり!!!!』
というリアクションでした。
”やっぱり”ということは、来ることを……。
そう、知っていたんです。
幕府は、出島のオランダ商館長(「カピタン」っていうよ。かわいい)に、「海外の情報教えてー」って、昔からお願いしておりました。
だから、定期的に情報書類が提出されてたんですね。幕府の定期購読です(タイトルは”オランダ風説書”と、”別段風説書")。
そこには、外国が今どんな感じか、アヘン戦争がどんなだったかなど、幕府が今手に入れたい、海外セレブの最新ニュースが満載。
そして、「どうやらアメリカが、開国を迫りに、近々日本を訪れるらしいよ!」という情報もバッチリ書かれていたのでした。
さぁ日本、「開国する? しない?」、運命の選択です……。
老中首座(今でいう内閣総理大臣かな)・阿部正弘(あべまさひろ)
さんが出した答えは……。

阿部「あっちの要求を拒否って、戦争になるのはヤバい……。しゃーー! ここは親書を受け取り、いったん帰ってもらおう! で、そのあとどうするか考えよう!!」

お見事。現代でも日本が使うお家芸、『ややこしい決断は後回し』をキレイに発揮した阿部さんでした。
さて、ペリーさんが絶対渡したかった親書。その中身を紹介。

『アメリカ合衆国大統領 フィルモアより 日本の皇帝陛下(徳川将軍のこと)へ
偉大にして、良き友よ。ペリー提督に頼んで、この手紙を送ります。
私がペリーちゃんを日本に派遣した理由は、アメリカと日本がお友達になって、商業上のお付き合いをしませんか? の提案のためです。
(長いのではしょります)
アメリカはよく中国に行ったり、捕鯨(クジラ捕まえちゃう)のために、海へ出かけております。もし、日本の近くで船が難破したら、どうか優しく、乗っていた人を保護してあげて欲しいんです。
あと、航海が長いので、日本で一休みさせてください。そのときに、石炭ください。食料もください。水もください。そのために、港も開いてください。もちろん物くれたらお支払いはしますんで。
目的をまとめると、お友達! 通商(貿易)! 石炭と食料! 難破した人の保護! です。
陛下に神のご加護を!

陛下の良き友 ミラード・フィルモア』

(もちろんもっと丁寧な文章です。もっと長いし。要点だけまとめると、こんな感じ)


新書を受け取るためのセレモニーが開かれ、終わりに、ペリーさんは言います。

ペリー「手紙の答えをもらいに、来年の春、またきます」
浦賀側「こ、今度もまた、4艦全部引き連れてくるんですか?」
ペリー「ハハッ。次は4艦じゃありません」
浦賀側「(ホッ)そうですか」
ペリー「もっと増えます」
浦賀側「あ……あ………が……」

ラディッツやっと倒したのに、次くるサイヤ人もっと強いパターンのやつでした(わからない方は存分にスルーしてください)。
アメリカが……答えを聞きに来年またやって来る……しかも、もっとパワーアップして帰って来る……。
今度こそ……正真正銘の…ガケップチ——。
要求をのんで開国か、断って攘夷(外国人追っ払う)か……。
さぁ、国が直面した特大スクランブルに、阿部正弘さん、動きます。

阿部「国開くか、戦争になるかはわからんが、今出来る最善のことをやるしかねー!!」

ここから、阿部正弘の「ルールなんて破るためにあるんだ」と言わんばかりの爆走が始まります。
まず、「外国人はゼッタイ追い払う!!」という、とっても攘夷おじさん
前水戸藩主・徳川斉昭(なりあき)ていう御三家の人を、海防参与(ってポスト)に招くんです。

阿部さんの部下「ちょ、阿部さん! いいんすか、斉昭さんとか幕政(幕府の政治だよ)に参加させて?」
阿部「いいんだよ! あの人攘夷考えてるヤツらの中でカリスマみたいな存在だから。攘夷するかどうかは置いといて、みんなの「国を守る」って意識は高くなるだろ」
阿部さんの部下「そうかもしれませんが……あの人御三家ですよ? 御三家が幕府の政治に関わるなんて……」
阿部「若ぇーのに、細かいことグダグダ言ってんじゃねぇ!」

御三家の人っていうのは、これまで幕府の政治には関わっていません(エピソード0でお伝えした通り)。
そのシステムをブチ壊して、御三家の斉昭を投入。
他にも、これまた幕府の政治に関係なかった、力のある大名さんたちに
「これからはいっぱい連絡とりましょう! 今までは離れてたけど、いろんなこといっぱいいっぱい相談しましょう! ね?」
と、連携をとることにします。
そして、海防掛(かいぼうがかり。フルだと「海岸防禦御用掛」。ややこし。今で言う”防衛省”みたいなもんかな)に、身分も、年齢も関係なく、才能のある人をバッテキします。

  川路聖謨(かわじとしあきら)
  永井尚志(ながいなおゆき)
  大久保一翁(おおくぼいちおう)
  岩瀬忠震(いわせただなり)

などなど(覚えなくて大丈夫です。おす。でもこのあとも登場する人います。おす)。

阿部さんの部下「阿部さん! いいんすか? あんなどこの馬の骨ともわからないヤツら採用して」
阿部「才能があるんだから、馬の骨でけっこう。お前もペラペラ喋って”タン”ばかり発達させてないで、ちったぁ骨のあるヤツになってみろ!」

またまたシステムをブチ壊して、能力ある人をバンバン採用。
さらに、システムブチ壊しは続きます。
徳川幕府っていうのは、将軍や老中の決定が全て。下の者の意見を聞く機会なんてありませんでした。それを、

阿部「みなさーん! 国の大ピンチです! みんなの意見を聞かせてください!」
阿部さんの部下「ちょっと阿部さん! そんなことしたら……」
阿部「うるさいんだよ! ルールがどうとか言ってられないだろ! みなさん! 意見をお願いします! 譜代、親藩、外様、関係ありません! 大名だろうが、庶民だろうが、エラかろうが、エラくなかろうが、みなさんの声を大大大募集します!!」

【阿部正弘】意見募ったみた【幕末】

「募ってみた」により、各方面から意見書がドシドシ届きます。
その中で、大久保一翁さんや阿部さんの目にとまる、キラリと光る意見書が……。

『外国の攻撃を防ぐには軍艦がいるだろうが、今はとりあえず江戸の防御を厳重にしてだな、おいおい軍艦を用意しましょうや。
軍艦の製造と、それに関わる人件費ってやつにゃあ、ベラボーな金が必要で、国民の税金からだと反発を招くことうけあいだ。だからな、開国して、貿易で得た利益をその費用にあてるってのはどうだい。
それにだ、軍に関する制度や訓練の仕方、こいつを西洋風に改革しなきゃなんねぇから、その人材を育てるために、最新の勉強ができる学校を設立! した方がいいだろうな』
(もちろんこちらも丁寧に書かれております。「おそれながら…」的なトーンで)

大久保「いいね! キングオブ意見書!」

この海防意見書を書いた人こそ、まだ幕府の下っぱ役人という立場だった

勝海舟

でした。
勝さんはこの意見書をキッカケに、幕府の中で出世していくことになるんです。
家柄が優先され、身分が低いと優秀な人でも出世できなかったこの時代。阿部さんの、ルールや身分関係なく、優秀な人材や意見を集めるというやり方は、能力を最優先に考える素晴らしいものです。
……しかし、そこにはとんでもないデメリットが。
200年以上も「将軍様の命令は絶対」方式でやってきたのに、みんなからの意見を募っちゃったことで、
「あれ? これ幕府決定力なくなってない? 力弱くなってんじゃん? オレらも政治に口出していんじゃね? これ多分いけるよな……」
という雰囲気が日本中に漂う様になったんです。
大名や朝廷ばかりでなく、もっと下の人まで幕府にもの申すようになる……。

阿部さんの部下「……阿部さん。最近誰かれ構わず意見言ってくるんすけど……。意見募るのって、パンドラの箱だったんじゃないですか?」
阿部「……パンドラの箱って……開けたらうるせーんだな……」

皮肉なことに、日本のためを思った阿部さんの改革が、幕府の権力を弱める形となっていったのでした。
この時代、社会を風刺した"狂歌"ってやつが流行ってたんですが、有名なやつを一つ。

「泰平の眠りを覚ます上喜撰(じょうきせん)
 たった四杯で夜も眠れず」

 "上喜撰"というのは高級茶のブランド名。4杯飲んだらカフェインのせいで夜寝れないさまと、"蒸気船"が4隻やってきただけで、あわてまくってる幕府をバカにしてる、というのがかかっている歌です。
うまい。
 
ペリーちゃんの訪問をきっかけに、日本は、これまで体験したことのない世界に足を踏み入れることになります。
開国を迫る、アメリカという脅威。はたして、日本が導き出した答えとは……(予告っぽいですが、予告です)。
・・・・・・・・・

房野君の文章はいかがでしたか?
幻冬舎プラスで連載中とのこと。
「分かりやすくて、面白かったよー」という方は、是非、シェアしてやってくださいねー(*^^*)