昨日は『西野亮廣独演会inえりも』
前半20分は、今話題の「キンコン西野がインタビューロケ収録中にブチギレて帰っちゃった話」を、どこよりも早く本人の口で。

この件に関して、たくさんの友人から心配の電話がかかってきたのですが、「ブチギレた」といっても、収録現場にはチビッ子もたくさんいたので、まさか大声を張り上げるようなことはしておりません。
終始ヘラヘラヘラしていた芸人が突然帰っちゃった感じっす。
(※その現場にいたお客さんのツイート↓)
20170430_061443.png
ディレクターさんに直接意見を言ったのはステージ裏でのことなので、あしからず(^-^)

こういったことがあると、当然エゴサーチをする私。中には、こんな声もありました。
20170430_061629.png
まさか、この一件で、あの憎き『ゴッドタン』が評価されるとは。

ちなみに、先日『ゴッドタン』に呼び出され、収録に行ってまいりました。
先に言っておきますが、当然、開始早々、僕の私服は破られております。
M9NVZe_4Sk.jpg
こちらは、もはや伝統芸。
ゴッドタンに出演する度に私服が減ります。
お願いですから、誰か僕に服をください。
とにかく、放送をお楽しみに(^-^)


さて。

今回、何故、このようなことが起こったのか、ここでキチンと整理しておきたいと思います。

今回の読売テレビさんのロケのように、時々問題になっているのが、その瞬間に垣間見える「(タレントを)出してやっている「(店を)取材してやっている」というテレビ側の俺様姿勢。

一昔前は、放送局や新聞社の力を借りないとマス(大衆)に向けて、エンタメや情報を届けることができなかったのですが、
今は、個人がマスメディア化し、お客さんとダイレクトに繋がれる時代になり、ニュースを自分で発信できるようになったので、テレビと個人がウィンウィンの関係でないと、テレビに出演する理由がなくなりました。

テレビが「悪戯に煽って、感情を逆撫でし、不用意な発言を誘発させて、その部分だけを刈り取って電波に流す」という下品な技を決め込んでくるのなら、ハナからテレビを排除できる時代になったわけです。

史上最もSNS親和性の高い大統領、ドナルド・トランプの言葉を借りるなら、
「マスコミを迂回して声明を表すことができる。そうなれば自分が発言にこめた地味がキープでき、マスコミがこれを歪曲するのを我慢せずにすむ
です。

スゲー簡単に言うと、「マスコミを経由する理由が昔ほど無くなった」というところ。
今回、読売テレビさんは、時代がこのフェーズに移ったことを踏まえていなかったのでしょう。
C9qH1XAVoAAvfSi.jpg
今回は現在開催中の『えんとつ町のプペル 光る絵本展inイオンモール堺鉄砲町』の告知として、番組取材をお受けしたのですが、非常識なインタビューに付き合って、それがテレビの電波にのせられるぐらいなら、テレビ局側の非常識なインタビューがあったことを自分メディアで発信し、それをニュースにした方が遥かに広告効果があると判断しました。

個人に対して上下間系(奴隷関係)を強いる組織は弱体化し、"個人に利用される組織"が力を持つことは間違いありません。
発信力のある個人を縛ることなどもはやできないので、ブースターとして組織を提供し、旨味をチラつかせておく方が賢明だと思います。
僕らがGoogleやAmazonを利用して商売をすればするほど、GoogleやAmazonが勝ち続ける、あの感じです。

こういう意見を述べると、例のディレクターさんのように「なんで炎上させるんですかぁ?目立ちたいんですかぁ?」「炎上商法ですかぁ?」と言ってくる方々がいらっしゃるのですが、これはもう会話ができない世界の住人なので切り捨てますサヨウナラ。

冒頭も申し上げましたが、昨日、『西野亮廣独演会inえりも』がありました。
札幌から車で遙々3時間半、人口4800人の町で数百人キャパのお笑いライブを開催。
チケットは完売で、イベントは大成功。

主催者は一般の女子高生。
こういう時代です。ウエルカム未来。
20170430_083059.png





公式LINEをやってます。
『キングコング西野』で検索&フォローしてくださいな。
Screenshot_20170430-083607.png