僕のブログを毎日チェックしてくださっている変な方は、ここ2日、僕が空き時間に何をしているかをお察しいただけているかもしれません。
そうです、『しるし書店』です。

FB_IMG_1488957280001.jpg

はじめての方に説明しますと、『しるし書店』というのは、「あの人が読んで、あの人が気になった部分に"しるし"(付箋やドッグイヤーやマーカー)を入れた本」だけを取り扱う古本屋さん。

本は、状態が綺麗であればあるほど価値が高いとされていますが、いやいやどっこい、「あの人が読んで、あの人が"しるし"を入れた本」は、人によっては新刊よりも価値があるだろう、と。
なぜなら、あの人の視点を知って、あの人に近づきたい(人がいる)からです。

"誰に読まれるか"で、その本の価値が変わると僕は思っておりまして、「この本は誰が読んだのか?」を可視化し、さらには「この本を読んだ人が、この本のどこに注目したのか?」を可視化し、それを付加価値にしようと考えました。

でもって、この『しるし書店』を誰でも出店できるようにしてやろうと。
たとえば、山田糞太郎さんが出店した場合は、『しるし書店~山田糞太郎店~』といった感じで。
つまり、古本屋さんのプラットフォームを作っちゃう。

原則として、店の本棚に並べるのは、その店の店主が読んで、"しるし"を入れた本のみ。

値段設定は、もちろん店主が決めます。
自分の視点が他人から求められていれば、それは付加価値になりますので、古本が定価よりも高くなることもあるでしょう。

本が欲しけりゃ本屋さんやAmazonに行けばいいわけで、『しるし書店』に来るお客さんが求めるのは"店主の視点"です。
店主の信用が勝負の分かれ目になってくるので、店主が東大生ならば、プロフィール欄に学生証を出してもいいかもしれません。

ルックスの良い人や、ズバ抜けた運動神経がある人ではなく、
"信用度の高い読書家"がスターになる場所を作りたいと思いました。

昨日、さっそくエンジニアさんと打ち合わせをして、
気店ランキング』はあった方がいいなぁ」
「本が売れたとしても、商品紹介欄を残しておいて、そこにAmazonのURLを貼り付けて、アフィリエイトで店主にお金が入る仕組みがあったらいいなぁ」
などなど、たくさん話しました。

決済の仕組みもキチンとしなければならないので、友を辿って、決済サービスを手掛けている方に繋いでもらったり、
当然、法律のこともクリアにしておかなければならないので、友を辿って、ネットサービスに強い弁護士の先生と繋いでもらったり。
持つべきモノは友と行動力で、ここ2日ほど走り回っとります。

「思い立ってから、動くまでが早いね」と、よく言われるのですが、このクサレ頭を搾っても答えが出てこないから、まず動くしかないのです。
体験して、己の身体で思い知っていくしかないのです。
考えるのは、そのあと。

古本屋のサービスが出来上がるまでの過程を、お客さんと共有していけたらいいなぁと思っております。
どうせなら、皆で作りたいな。
皆の古本屋さんを作るクラウドファンディングをやろうかしら。

今日も空き時間に色々動きます。
今日は丸一日『ハミダシター』の収録。
大好きな番組です。

先日、番外編が無料でアップされました。
気になる方はコチラ↓↓

Screenshot_20170307-223459.png

それでは、仕事に行ってきまーす。




絵本『えんとつ町のプペル』のサイン本(配送します!)をお求めの方は→コチラ
IMG_rt2lf5.jpg