プロのイラストレーターに頼めば3万円の仕事を、一般の主婦が2000円でイラストの仕事を請けたことをNHKが「コストダウン」と紹介し、イラストレーター界隈が「価格破壊が起こるー!」「市場が崩壊するー!」「ダンピング(市場の健全な競争を阻害するほど不当に安い価格で商品を販売すること)だー!」と燃えている。
またコレだ。
『えんとつ町のプペル』を無料公開した時も、同じ議論が起こった。

無料公開された『えんとつ町のプペル』のヒットにより、無料公開に広告効果があることを知った出版社は、その後、さまざまな作品を無料公開したが、あの日あの時は、たしかに炎上した。 

この件については、『革命のファンファーレ』にも詳しく書いたが、
「無料にするとクリエイターが食いっぱぐれる!」
「無料は良くない!サービスの対価として、お金はキチンと払うべきだ!」 
「お金を払う習慣がなくなる!無料反対!」という声が、僕のもとに、“無料アプリ”のTwitterを使って何万件と届いた。
凄まじいブーメランだった。

こういった批判は、今に始まった話じゃなくて、たとえば世の中に『ブログ』というものが生まれた時も、やはり、「文章を無料で提供したら、文章を売っている我々が食いっぱぐれるじゃないか!」という批判が起こったんだよね。

「結果、世の中からライターがいなくなったか?」というと、いなくなったのは、『その程度でいなくなってしまうレベルのライターさんがいなくなった』だけの話で、
ブログで自分の存在を知られて、
ライターor作家に仕事を繋げた人が生まれ、
さらには、ブロガーという新しい職業が生まれた。

こういった変化は、インターネットが始まった日から宿命づけられていた未来だ。
『ダンピング』というのは、巨大な資金力をもったA社が、バチクソ安い値段で商品を提供し、資金の体力戦でもって、競合他社(あまり資金力のないB社とC社)を潰し、市場を独占する行為だが、
『えんとつ町のプペル』の無料公開しかり、今回の主婦の一件しかり、
これらは『ダンピング』じゃなくて、『時代の変化』なんだよね。

2000~3000円で仕事を請けた主婦も「世の中のイラストレーターさん達を駆逐してやろう!」なんて1ミリも思っていなくて、ただただ育児や家事の合間に、小遣い稼ぎでやっただけ。

それに対して、「お前は旦那の稼ぎがあるから、2000円で引き請けることができるけど、イラスト一本で生きている俺たちのようなプロのイラストレーターは、それができないんだ!だから、2000円で仕事を引き請けるのはヤメロ!!」とイラストレーターさん達が批判したところで、世間からすれば、知ったこっちゃねえ。

これは本当に厳しい話なんだけど、それがモノ作りの世界だ。
決定権は常に「お客さん」にある。

今後、副業(複業)は当たり前になり、今回のようなケースは方々で起こる。
そして、この流れは止めることはできない。
『イラストレーター』一本で生きることを決めたのなら、実力でブッちぎるしかない。
主婦が2000~3000円でイラストを売る中、それでも、10万円、100万円で買われるイラストを描ける自分になるしかない。

たとえば誰かが無料ライブ(路上ライブ)をしても、僕は全然オッケーなんだよね。
僕の有料ライブの集客には、まったく影響しないから。
まさか、「有料でライブをやっている俺が食いっぱぐれるだろ!」とは言わない。
プロを自称して生きるのなら、自分に圧倒的な価値を付けるしかない。
「ダンピング」という言葉に逃げちゃダメだ。
実力社会です。
だから面白い。



















昨日は『おとぎ町』の交流会がありました。
FB_IMG_1511315635973.jpg
FB_IMG_1511315525437.jpg
(写真=交流会スタート前にフライング気味に集まった人々)

交流会の満足度を下げたくなくて、毎度150人までにしていたのですが、昨日は250人に挑戦。
「このサイズになると、どうなることやら?」と思いながらスタートした交流会でしたが、蓋を開けてみると、かなり上手く回りました。

良かったのは、持ち時間が一人につき2分の『プレゼン大会』。
僕のまわりには、フリーランスで活動している人や、起業家がかなり多く、皆、協力者を欲しているので、『プレゼン大会』の場を設けました。

ここでは、タラタラと喋るのは絶対NG。
「プレゼンは人の時間を奪ってしまうのだから、自分の活動を1~2分で説明できるように普段から訓練しとけよ。その訓練をサボるヤツに協力者が現れるわけねーだろ、タコブス!」というのが理由です。 
FB_IMG_1511315542355.jpg
(写真=毎度、鞄をおろすのを忘れる西野氏。鞄を背負ったまま1時間が経過しているのに、誰からも教えてもらえない悲惨な光景)

FB_IMG_1511315584701.jpg
(写真=株式会社フェリシモ代表&株式会社おとぎ町取締役の矢崎さんと、株式会社スナック代表のホームレス小谷さん)

FB_IMG_1511315650796.jpg
(写真=今回の交流会の為に、富山か福井から、ビールサーバーを持ってきたバカ野郎)

ロケットを開発している人や、温泉を経営している人など、様々な人がプレゼンをしていて、面白かった。
一方で、250人もいて、キャピキャピ系の女子が一人もいねぇことには随分絶望した。
FB_IMG_1511315603511.jpg
(写真=ニヤニヤしてんじゃねーよ!)


さて、本題です。
昨日も、たくさん名刺をいただいたのですが、正直に申し上げますと(昨日、現場でお伝えしましたが)、名刺は、“僕は”確実に捨てるので要りません。

名刺を管理しておく場所を用意するのが面倒ですし、名刺を管理するアプリも取り込みたくありませんし、
なにより、
これまで、名刺から仕事の連絡させていただいたことは一度もありませんし、この先もありません。
紙に書かれた文字(数字)をスマホで打ち込むのが面倒です。
ときどき、紙に「http…」と書かれているのを見ますが、ものすごくアホだと思っています。

会った瞬間に「面白い」と思ったら、連絡先を交換しますし、「面白くない」と思ったら、名刺をいただこうが何をいただこうが連絡をいたしません。

もちろん、SNS(プライベートを晒している場所)で、仕事の連絡先を交換したくなくて、「名刺は必要」と考える方もいらっしゃると思うので、「世の中から名刺は要らない!」と言っているわけではありません。
「“僕は”名刺が要らない」と言っています。

これまで貰った名刺は全部捨ててます。
どうせ捨てるので、要らないです。

名刺なんかよりも、ファーストコンタクトで「この人と一緒に仕事をしたい」と思わせることに注力していただいた方が“僕は”嬉しいです。
さっきの「1~2分でプレゼンする訓練を」という話です。
その方が繋がれるからです。


明日から、『えんとつ町のプペル 光る絵本展inイオンモール広島祇園』がスタートします。


1511315120146.jpg
1511315155121.jpg
1511315167078.jpg
この『えんとつ町のプペル光る絵本展inイオンモール広島祇園』でも交流会があります。

(※トークショー&交流会の参加はコチラから↓)

名刺は本当に要らないので、1分で完璧に自分をプレゼンできる訓練をしておいていただけると嬉しいです。
上から偉そうにすみません。
宜しくでーす。










持論だが、高校野球のスーパースターが出た年は“当たり年”だ。
最近だと、松坂世代(1980年生まれ)や、ハンカチ世代(1988年生まれ)。
過去を遡ると、桑田・清原世代もスゴいメンツが揃っていて、例外だが、貴乃花世代(1972年生まれ)もヤバイ。

ちゃっかり僕(1980年生まれ)も入れていることは、これはまぁチャーミング芸として水に流していただくとして、
高校野球のスーパースターが出た年にヤベえメンツが出揃う理由は、
彼らが、
大学に進学するか、
進学するなら何大学を目指すか、
就職するか、
就職するなら、どの企業に就職するか、
フリーランスになるか…
そういった“人生の決定を迫られる『18歳』という「ゆらぎの時期」に、圧倒的な結果を出している同い年を目の当たりにしたから”だ。  

ちなみに僕でいうと、高校3年の夏に、友達の親が旅行に行くというので、皆で、友達の家に集まり、エロビデオを観る大会を開催しようとテレビを点けたら、同い年の松坂君が甲子園の決勝戦でノーヒットノーランを達成していた。

あの夏に経験した「彼に比べて、俺は何をやってるんだ」という感情は、僕の人生を決定した。
バスケット界では、後にNBA選手となる田臥勇太君が能代工業で9冠を達成していた。

さすがに、この歳になると「同い年」は気にならなくなるが、『18歳』という“ゆらぎの時期”に、同い年の連中の結果を意識しないというのは不可能だ。

人生で最も不安定な時期に味わった経験に、多くの人の人生は決定させられる。

18歳。
それは、まだ何者にでもなれる時期だ。
まだ何者にでもなれる時期に何を見て、
まだ何者にでもなれる時期に何を経験して、
そして、
まだ何者にでもなれる時期に、どんな出会いがあったか?

あまり好きな言葉ではないが、しかし、それは『運』だと思う。

松坂くんや、田臥くんが、まざまざと見せつけた圧倒的結果に“18歳の僕”は引っ張られたし、
そして、高校を卒業し、吉本の養成所に入学した数ヵ月後に出会ったロザンの菅さんには、ずいぶん引っ張られた。

毎日毎日、論理のスパルタ教育で、ゲロを吐くほど“しごかれて”、そこで「キングコング西野」が作られた。
20歳になっても、それは続いて、毎夜、呑みに行っては「その行動に何の意味があるのか?」「その行動の先に何があるのか?」「その行動によって恩恵を受ける人とワリを食う人は、どこに、どれだけ発生するのか?」…これら全てが答えられないと、鬼のように怒鳴られた。

散々っぱら怒られて、家路につくと、菅さんから電話がかかってきて、「そういえば、あそこの、あの部分の件について話したいから、今から家に来い」と呼び出され、菅さんの家の前の玄関で、“思いだし怒り”もされた。

今はもう友達みたいになっちゃって、さすがに怒鳴られることもなくなったが、しかし、今でも呑みに行っては、その行動に何の意味があるのか?」「その行動の先に何があるのか?」「その行動によって恩恵を受ける人とワリを食う人は、どこに、どれだけ発生するのか?」という、やりとりが続いている。

よく、「世間からバッシングされて、気持ちが滅入ったりしませんか?」と訊かれるんだけれど、世間の連中が口にするバッシングなんて、菅さんとのやりとりの中で「こういうことをすると、こういうバッシングをする人が発生するよね。そのバッシングをプラスに転換する仕掛けは…」と何十手も前に折り込み済みなので、世間のバッシングで感情が揺さぶられることはない。
20171109_223942.jpg
菅さんとの出会いは本当に大きくて、なのより『18歳』で出会っていたことが大きかった。

“その”菅さんが書かれた『身の丈にあった勉強法』を読み終えた。
23498068_534509326927233_7469838233946292224_n.jpg
面白かった。
いつも呑みの席で話してくださる話が、そのまま文字になっていた。
僕のように無駄にキツイ言葉は使わないが、内容を要約すると、「身の丈にあった努力をいくらしても、それは努力とは呼ばねえよ、タコ!」といったところ。

“付き合い”で作品を薦めてしまうことが、信用の損失に繋がることは僕は誰よりも理解しているので、僕は面白くないモノは薦めない。
この本は確実に面白いから、とっとと読んだ方がいいと思う。

ここで、僕がタラタラと書く読書感想文よりも、『身の丈にあった勉強法』が立ち読みできた方が、本を手に取る行動に繋がると思うので、最後に、『身の丈にあった勉強法』の第1章を全文無料公開しておきます。
ではでは。

面白かったら、シェアしてね↓

「偏差値30アップの勉強法」は、ほとんどの人にとって意味がない。


 皆さんはクイズ番組をどのような目線で観ていますか?
 娯楽の一つとして楽しんで観ていますか?
 もしかしたら僕は皆さんとはクイズ番組の観方が違うのかもしれません。
 というのも僕はある方を応援するためにクイズ番組を観ています。
 ご存じの方もおられるでしょうが、よくクイズ番組に出ている宇治原は僕の相方です。
 だから僕は宇治原がクイズ番組に出ている時はテレビの前で必死に応援します。
 テレビの前で「頑張れ! 宇治原!」と叫んでいます。
 相方なので、皆さんより応援しがいがあるかもしれませんね。
 相方とはいえ、人のことを必死で応援出来る機会を作ってくれた宇治原には感謝の気持ちでいっぱいです。
 僕にはまだわかりませんが、もしかしたら運動会で子供を応援する親と同じ気持ちで観ているのかもしれません。

 ごめんなさい。
 少し良いように書きすぎました。
 いや。だいぶ良いように書いてしまいました。
「なぜクイズ番組に出ている相方を応援するのか?」をちゃんと説明しなければなりません。
 僕たちは折半制度です。
 宇治原がクイズ番組で優勝すれば、もれなく半分賞金をもらえます。
 家で応援していれば、お金が入るシステムです。
 競馬でたとえます。
 馬主(菅)と馬(宇治原)の関係です。
 だから必死で応援します。
「解け! 解きまくれ!」とまるで馬にするような応援をします。
 他の仕事は宇治原ですが、クイズ番組では馬原だと思っています。
 正直、優勝賞金を半分くれるのならば、宇治原じゃなくても応援します。
 だから僕は馬主目線でクイズ番組を観ています。
 ただ、馬主の気持ちに応える馬はそうはいません。
 宇治原もそうです。
 して欲しくないことですが、宇治原は他の出演者とのバランスを考えて問題を解いています。
 わかっているのにあえて答えない時があるようです。
 ちなみに宇治原が「どっちやったかなぁ~」と左上を見ている時は答えがわかっています。
 本当にわからない時は、聞こえるか聞こえないかわからないくらいのボリュームで舌打ちをします。
 僕はクイズの答えはわかりませんが、「宇治原がクイズの答えをわかっているのか? もしくは、わかっているがわかっていないフリをしているのか?」は、瞬時にわかります。
 では「なぜバランスを考えて解いているのか?」。
 宇治原がこっそりと教えてくれました。
 宇治原は「やっぱり、良い勝負する方が視聴者も楽しいと思うねん。あと、すぐに答えたらあまりカメラに映らないねん。考えている時ってカメラに抜かれやすいねん」と言っていました。
 その時僕は「色々考えて大変やなぁ。クイズ番組って問題解くだけじゃないねんなぁ」と、自分では出来ているかわかりませんが、純粋な子供が知らない話を大人から聞く時のようなキラキラした瞳で宇治原を見てから言うようにしています。
 機嫌を損ねて折半制度を失うのが怖いからです。
 ただ内心は違います。
「そんなこと考えなくていいねん!
 優勝して賞金を稼いでこい!
 他の馬のこと考えて走る馬がどこにおるねん!
 あと誰が馬の悩んでいる顔見たいねん?
 なあ? もう一度聞くわ。
 誰が馬の悩んでいる顔見たいねん?
 馬が必死で走っているところを見たいねん!
 馬はゴールだけを目指せ!」と思っています。

「バランスを考えて解く」ことはして欲しくないのですが、逆にして欲しいことがあります。
 クイズの勉強です。
 というのも宇治原は普段クイズの勉強をしません。
 一度もしたところを見たことがありません。
 楽屋でも、新幹線などでの移動中も、クイズの勉強をしているところを見たことがありません。
 新聞を読んでいるか、死んだように寝ているかのどちらかです。
「なぜクイズの勉強をしないか?」をこっそり僕に教えてくれました。
「クイズ番組に出ているタレントがクイズの勉強をすると、出演者みんなが、今出ているような問題のレベルなら解けるようになるやろ?
 そうなるとスタッフさんも難しい問題を用意せざるを得ない。
 そうすると段々問題が難しくなって、せっかく観てくれている視聴者の方が全くわからない問題になってしまうやん?」らしいです。
 その時も僕は「色々考えて大変やなぁ。クイズ番組って問題解くだけじゃないねんなぁ」と、自分では出来ているかわかりませんが、通りかかった人が思わず拾いたくなるような、雨に濡れた子犬のウルウルした瞳で宇治原を見てから言うようにしています。
 機嫌を損ねて折半制度を失うのが怖いからです。
 ただ内心は違います。
「そんなこと考えなくていいねん!
 優勝して賞金を稼いでこい!
 観客のことを気にして走る馬がどこにおるねん!
 《寝る。ご飯を食べる》は許す。
 それ以外は勉強!
 馬はゴールだけを目指せ!」と思っています。

 

すみません。
 僕が伝えたいことから、かなり話がそれてしまいました。
 冒頭の質問に戻ります。
 皆さんはクイズ番組をどのような目線で観ていますか?
 純粋にクイズを楽しんでいる観客目線の方。
 もしくは出演者と同じように問題を解く方。つまり失礼ですが観客目線ではなく、馬目線の方もいることでしょう。
 ただ僕のように馬主目線はいないと思います。
 では観客目線の方、馬目線の方に質問です。
 先週のクイズの答えを覚えていますか?
 馬目線の方は一緒に楽しんで問題を解くので、覚えている方もいるかもしれませんね?
 でも観客目線の方で、クイズの答えまで覚えている方は少ないのではないでしょうか?
「宇治原。難しい漢字の読み方よくわかったなぁ。凄【すご】いなぁ」と思うだけのような気がします。
 身についてもいないし、そもそも身につける気もないかもしれません。
 僕は「テレビで難しい漢字の問題を解くことはテレビで大食いすることに似ている」と思っています。
 双方とも「凄いなぁ。自分には出来ないなぁ~」と思うだけだからです。
 次の日から「よし! 大食いしてみよう!」とは思いませんよね?
 勉強も同じことになっていませんか?
 テレビや本などで〈京大・東大の合格体験記〉や〈偏差値30アップの勉強法〉を見たことがありませんか?
 それを見て「凄いなぁ。自分には出来ないなぁ~」と思うだけになっていませんか?
 僕だけかもしれませんが《感嘆するだけで自分の身になってないのでないかな?》と思うのです。
 まだそれならばいいのですが、偉そうなことを書かせてもらうと、〈京大・東大の合格体験記〉や〈偏差値30アップの勉強法〉を見たり、読んだりすることで「よし! 賢くなった!」と勘違いしていませんか?
 出来たような気になっているだけじゃありませんか?
 なぜ僕がそう思うのか?

 僕らはコンビで講演会をさせてもらっています。
 宇治原が学生に向けて勉強法を教えるのが主な内容です。
 正直、初めは「え? 俺いる? 宇治原だけで良くない?」と思っていました。
 ただ、いざ講演会をすると、自分の存在意義があるかもと思えることが多々あります。
 例えば講演会でよくある質問。
「京大合格するためにどれくらい勉強していましたか?」
 宇治原は悪くないのですが、正直に答えます。
「1日11時間していました」と。
 異常な勉強時間です。
 そうすると悲鳴のような声が上がり質問が終わります。
 生徒側からすれば、余りの勉強時間に萎縮してしまうのでしょう。
 でも、やる気がある子は「よし! 明日から11時間やってみよう!」と思うでしょう。
 僕は思うのです。
「え? 宇治原の勉強時間にびっくりしただけじゃない?
 大丈夫?
 出来る?
 11時間やで?
 無理じゃない?
 宇治原やからやで。
 宇治原は変やで?
 受験の鬼やで?
 自分の身の丈にあっている?
 出来ると思った子、
 本当に出来る?」と。
 実体験からですが、自分の身の丈にあわないことをしても、自分の身にはならないと思います。

 僕は現役の時に大阪府立大学を目指していました。
 夏期講習では、大は小を兼ねるとでも思ったのか、僕が受験をしようと思っていた学部では大阪府立大学よりも学力が上の、大阪大学・神戸大学コースを選んでしまいました。
 全く授業についていけませんでした。
 1点も成績が上がりませんでした。
 学力において大は小を兼ねないことが身に染みてわかりました。
 服装も同じじゃないですか?
 僕の身長は162センチ弱です。
「この服良いやん!」と180センチくらいの人が似合う服を着ても、服自体はカッコ良いですが、ブカブカで似合わないでしょう。
 身の丈にあうことが一番大切だと思います。

 講演会において、僕の存在意義になっているかどうかわかりませんが、勉強時間についての質問があると逆に聞きかえすようにしています。
「あなたは1日どれくらい勉強出来そうかな?」と。

 さすがに宇治原が言うと酷な質問です。
 というのも、僕は宇治原が1日に11時間勉強していた理由を知っているからです。
「京大に受かった先輩は1日10時間勉強していた。だから10時間以上は勉強するべき」。
 そして次が肝心です。
「自分自身が受験前の1年間で、しんどいと感じずに継続して勉強出来る時間の最長が11時間だった」からです。
 ね? 変でしょ?
 宇治原変でしょ?
 出来ます?
 1日だけではないですよ?
 365日ですよ?
 つまり「1日11時間勉強すること」が凄いのではなく、「365日なら1日11時間勉強が出来ると思えること」が凄いのです。
 宇治原は1日に11時間でした。
 ちなみに僕は5時間くらいでした。
 あなたは1日にどれくらい勉強出来るでしょうか?

 本書では、宇治原の学力でも僕くらいの普通の学力でも出来る勉強法を紹介出来たらと思っています。そのための視点をいろいろ提示していきます。
 つまり《自分が継続して勉強出来る時間を把握していますか?》などです。
 自分が継続して勉強出来る時間を把握することは誰でも出来るのではないでしょうか?
 なので「どれくらい勉強するか?」は皆さんにお任せします。
 人それぞれ違うからです。
 講演会の質問では「集中力が続きません。どうしたらいいですか?」という質問もよくあります。
 宇治原も1日に休憩なしに11時間ぶっ通しで勉強していたわけではありません。
 90分勉強して15分休憩するなどと、決めていたようです。
 しかし、先ほどと同じように「よし、じゃあ90分勉強しよう!」「60分勉強しよう!」と決めてしまう必要はないと思います。
 自分で決めてみましょう。
 1日に1時間勉強したいけど、15分しか集中力が持たない方。
 それで大丈夫です。

「15分勉強して休憩する」ことを4回繰り返して下さい。
 1時間になりますよね?
 宇治原いわく、一番良くないのが「1時間勉強する日もあれば、全くしない日もある」ことらしいです。
 先ほどの話に戻すと、「よし。宇治原が11時間やっているからやってみよう!」と思い勉強してみて、次の日に疲れて全く勉強しないことが良くないようです。
 また大切なのは「何分勉強するかよりも、何分休憩するか?」をちゃんと決めることです。
 ただ宇治原のように勉強が楽しい人ばかりではありません。
 僕のように《勉強するのは嫌やけど、せっかくやるなら少しでも効率良く成績が上がれば良いなぁ》と思っている学生や社会人に読んで欲しいです。
 これを読んでも学校や会社での成績が上がらない方。
 この本で紹介する基本的な勉強法は、宇治原に教えてもらい、僕でも出来そうなやり方をその中から抜粋しました。
 だからもし成績が上がらなかったら、僕だけではなく、宇治原も責めてくれると幸いです。
 僕たちはクイズの賞金だけでなく、批判も折半制度です。






【Amazon】

━━━━━

「面白かったよー」という方は、シェアしてね。ニャンニャン😸
























↑このページのトップへ