今日はNORA代表の広江さんの、Tyffon代表の深澤さんとVRの勉強会。
「都内のど真ん中(NORA)に『えんとつ町』を作ろう」ということで話がまとまった。
ありがたいことに僕らは、日常生活とファンタジーの境界線を曖昧にすることができる時代に生まれて、せっかくこの時代に生まれたのだから、その挑戦は絶対にやる。

広江さんと深澤さんのレターポットはそれぞれコチラ。応援を宜しくお願い致します↓

帰宅後は、小説『えんとつ町のプペル』の執筆に入りたかったのだけれど、レターポットの体制の見直し。
今朝のような急なメンテナンスが入った場合、ユーザーを不安にさせない為に運営(ていうか僕)が「今はメンテナンス中でーす」「ご迷惑をおかけしてます。もうしばらくお待ちくださーい」とアナウンスして、ユーザーからの質問に答えるのだけれど、その対応で時間が奪われてしまって、次の挑戦が出遅れてしまうのも勿体ないので、レターポットの公式アカウント(グループ)を作った。

コチラ↓
ここには僕のオンラインサロンメンバーから550名が登録していて、彼らとはレターポットの開発時から時間と問題を共にしているので、レターポットに関する知識は僕と同じレベル。
何かあればここにアクセスしていただけると、彼らが質問に答えてくれる。

レターポットは皆で管理する体制にする。

さて、本題である。

「アプリにしてほしい」という声がたくさん届いたので、開発リーダのヤン君に「レターポットをアプリにすることの具体的なメリットって何なの?」と訊くと、大きく2つ返ってきた。

①アイコンがホーム画面に自動的に出る
②レータが贈られてきた時に通知がくる

なるほどなるほど。

まず、①について。

20180103_194316.png
(※GALAXYの場合)
レターポットのメイン画面の右上の3つの点をクリックしていただければ、こんな画面になる。
20180103_194409.png
ここで、『ホーム画面に追加』をクリックしていただければ、こう!
20180103_194425.png
i-PHONEでも似たような操作で、ホーム画面にレターポットのアイコンを出すことができるので、①に関しては、アプリにしなくても可能だ。

問題は②の「アプリにすると、レターが届いた時に通知が出る」という件についてなんだけど、僕は、レターポットにおいて「通知が出る」ということはメリットではなくて、デメリットだと思っている。

「相手に確実に通知がいっている」ということになってしまうと、返信を求める期待が大きくなってしまって、『既読スルー』が許せなくなってしまうからだ。

「既読スルー許さない=俺にレターを返せ」となってしまうので、レターポットの基本精神は『恩贈り』であり『恩回し』、「レターは次の人へ」が正解だ。

レターポットで通知を出してしまうと、少し、give&takeに寄ってしまうので、僕は通知が要らないと判断した。

くわえて言うと、「郵便受けを開けてみたら、手紙が届いていたラッキー」という糞アナログな幸せが、今のレターポットの満足度に繋がっていると思うので、「郵便受けを開けたけど、手紙が届いてなかった」という可能性は残しておいた方がいい。

となってくると、レターポットをアプリにする必要がないんだよね。
アプリにすることで、サービス変更時のフットワークが重くなるのも嫌だし。

なので、開発チームには「必要に迫られたらアプリにすれば良くて、アプリにすることを目的に走るのはやめよう」と伝えた。

今、僕のTwitterのタイムラインはレターポットで埋まっている。
新しい提案も、反対意見も、全てありがたい。
面倒をおかけしますが、一緒に面白い世界を作っていきたいです。

世界観(ルール)に関するクレームは僕に、
不具合に関するクレームはヤン君までお願いします(*^^*) 

レターポットの登録はコチラから↓















午前中はレターポットのメンテナンスの為、いろいろご迷惑をおかけしました。
スタッフの懸命の努力で40分ほどで営業再開しましたー。 

今後も、なにかとご迷惑をおかけすることになるかもしれませんが、テスト版ということで、何卒、ご勘弁を。

そんな中、お友達の堀江貴文さんがレターポットを始めてくださいました。
聞けば、12月28日にコッソリと登録してくださっていたそうな。

はやいな、いつも。
ていうか、「とりあえず、やってみる」という精神がスゴイ。

堀江さんのレターポットはコチラ。
応援レターや、日頃の感謝を贈ってくださいな↓



レターポットに関する面白いツイート。
20180103_094018.png
コレまさに。
「これぐらいやったんだから、これぐらい頂戴よ」と見返りを求める人達にとって、通貨の最高峰は「お金」で、その世界に長く住んで、それのみが正義となってしまった人には、レターポットを理解するのは、なかなか難しいと思う。

僕は身近に「ホームレス小谷」という信用(感謝)経済の究極体がいて、1日の収入が50円の彼が、好きな時に好きなものを食べ、好きな時に好きな国に行けている瞬間を何度も目の当たりにしてきたので、お金の呪縛が解けた。
ただ、彼を見ていなければ、「レターは換金できなきゃ意味ないじゃん」と言い続けていたし、彼の存在を知っていたオンラインサロンのメンバーですら、半分の人間は「レターは換金できなきゃ意味がない」と最後まで言い張っていた。

頭が良い悪いの話ではなくて、その人が育った環境によるものだと思う。
「感謝経済」「恩贈り」…それらはどこか綺麗事で、そんな出来すぎた話があるもんか、と考えるのが普通だ。
このパラダイムから抜け出すのは相当難しい。

すでにクラウドファンディングの支援者の方には説明したけれど、レターポットはリリース直前で「換金装置」を外した。
法定通貨はgive&takeで、レターはgive&giveなので、法定通貨を絡めてしまうと、思想に矛盾が発生してしまう。

その説明を何十回も何百回も繰り返したんだけれど全然理解されなくて、今回、実際にレターポットを使ってみていただいて、ようやく伝わった。
20180103_100938.png
20180103_101001.png

20180103_101052.png
20180103_101027.png
僕は「新しい通貨を作る」と言った。
それは、ただ名前が違うだけの仮想通貨などではなく、通貨に対する常識を、そして人間の行動パターンを根底からひっくり返す通貨だ。
20180103_103903.png

そして、これは何度も何度も言っているが、これからの時代を生きる人は、時と場合によって通貨を使い分ければいいと思う。
どれか一つに決める必要はない。
夏にはTシャツを着て、冬にはコートを羽織るように、通貨はファッションになる。
お金の価値がグンと下がっているから尚更。

レターポットは、その選択肢の一つになればいいし、あと1~2年もすれば、レターポットのようなサービスがポコポコ出てくると思う。
面白い未来だな。


【追伸】
R-1グランプリチャンピオンの「あべこうじ」さんと、
M-1グランプリチャンピオンの「NONSTYLE石田」君が、レターポットを始めてくれましたー。
応援レターを是非!





 












↑このページのトップへ