お友達のウーマンラッシュアワー村本君が元旦放送の『朝まで生テレビ』での発言がキッカケで大変炎上しているらしく、「お前はどう思ってんだよ!?」と僕のところまで飛び火している。

この国では、ウーマンラッシュアワー村本君と、オリエンタルラジオ中田君が炎上すると、もれなく僕のところに火の粉が飛んでくるようにプログラミングされているようで、僕のお母さんが心配している。

『朝まで生テレビ』についての僕のコメントは、先日、『エゴサーチTV』のゲストで来てくださった田原総一郎さんに番組内でお伝えしたとおりで、出演者全員が相手の話を最後まで聞いてから話したら、朝までかからないと思っている。
ただ、
『朝まで生テレビ』は放送時間が決められているので、そういえば、開始10分で結論が出てしまうと具合が悪い。
番組の構造上、議論することが目的で、結論を出すことが目的ではないわけだ。
僕には圧倒的に向いていない。
なにより、あんなに遅い時間まで起きれない。

まぁ、ここまでは冗談半分で、少しだけ本音を話すと、田原さん曰く『朝まで生テレビ』の出演者の皆さんは、放送終了後もスタジオに残って、さらには食堂に場所を移して、あと1~2ほど議論を続けているらしい。

目標は違えど、目的は同じで、皆、本気で国をなんとかしようと願っている。
そのことを知ると、俄然、輝きを増す『朝まで生テレビ』と、その出演者の皆さん。
素晴らしいと思う。

とはいえ、夜中に働くのは苦手なので(冬は寒いし)、僕は僕のやれることを徹底的にやる。

さて、「遅い時間まで起きれない」と書いたが、どっこい、ここ1週間は“続けて30分以上”は寝れていない。

お察しのとおり、『レターポット』である。
FB_IMG_1515084174772.jpg

「システムエラーを起こしていないか?」
「誰かに迷惑をおかけしていないか?」
「扱いに困っている人がいないか?」

そんなことが気になって気になって、おちおち寝てやいられない。
ここ1週間は、一日平均20時間以上、レターポットと向き合っている。

今年の正月は小説執筆用にガツンと休みをいただいて、昨日、「今日こそは書くぞ!」と決めてスマホの電源を落として、執筆に入ったが、まもなく
「大丈夫かな?」
「エラーを起こしてないかな?」
「誰かに迷惑をおかけしていないかな?」
「無事に生きてるかな?」
とソワソワしてきて、気が気でなくて、まるで仕事が手につかない。

これまで多くの作品を産んできたが、たとえば『えんとつ町のプペル』は印刷物であるので、世の中に出してしまうと基本的には何もやりようがない。
ところが今回のような「プラットフォーム」になってくると、お客さんの反応に合わせてメンテナンスを続ける必要があるので、僕の業務内容は「お父さん」や「お母さん」に近い。

そう考えると、生まれたばかりの子を家に残しての仕事は気が気でなくて、僕のような超心配性の人間だと仕事のパフォーマンスが格段に落ちる。

会社にとってはスタッフのパフォーマンスが落ちることが一番の損失で、前々からウチの現場は、これらの理由から「子連れOK」にしていたが、今回、自分が経験してみて(実際の父ちゃん母ちゃんの心配の100分の1、1000分の1だが…)、父ちゃん母ちゃんが安心して働ける環境を更に強化しようと思った。
オフィスの一階を保育園にしたいぐらい。

『レターポット』のリリースから1週間が経った。
ユーザー数は、まもなく16000人を突破する。
ユーザーの皆様の反応を見るかぎり、どこかのタイミングでユーザー数が爆発することは容易に想像できる。
その瞬間に備えておかなければならないし、それもそうだけど、後回しになっている仕事にも手をつけなければならない。

実際の父ちゃん母ちゃんが背負っているものは、この比ではないのだろう。
スゲーなぁ。尊敬します。

お互い頑張りましょう。

レターポットの登録はコチラから↓



※母ちゃんに髪を切られて、原西さんみたいなヘアスタイルになっている残念な幼少期の西野↓
IMG_20180105_075044.jpg

オンラインサロンでは、さらに暑苦しい内容を投稿しています↓



























レターポットのユーザー数が15000人を突破しました。
思っていたよりも、ずっとずっと早いスピードで拡大していっています。
その一つ要因として、
「既読スルーはOK」
「相手に返信を求めることはNG」
「贈られたレターは次の人へ」
という世界観をユーザーの皆さんがとても大切にしてくださったことにあると思います。

日本人には、あまり馴染みのない「恩贈り」、さらには「感謝経済」という聞き馴れない言葉を突然ぶつけられて、とまどいながらも信じてくださり、実践してくださった皆様には本当に感謝しております。
ありがとうございます。

今日、オンラインサロンのメンバーや開発チームと話し合ったのですが、たとえば昨日のような急なメンテナンスでユーザーの皆様をお待たせするような時は、運営からの形式ばった言葉で「ご迷惑をおかけしております」とアナウンスを出すのではなく、僕や開発リーダーのヤン君がキチンと顔と名前を出して、
「ごめんなさいっ!メチャクチャ頑張ったけどエラーが出ちゃいました!絶対に取り返しますんで、もうちょっとだけ待っててくだはい!ホント、ごめんなさいっ!」
と、コメントを出して、皆様のストレスを一気に引き受けた方が、信用できるし、「しょうがねぇなぁ」と思って貰えるのではないか?と思い、今後、何かの際にアナウンスを流す時は『運営』という言葉を使わずに、スタッフの個人名を出す方向で話がまとまりました。
letterpots.jpg
↑レターポットを作っているヤツら(他にもたくさんいます。基本、僕のオンラインサロンからスタッフを引っ張ってます)
さて、本題です。
実はレターポットは接客業との相性がすこぶるイイと思っています。
接客には個人差が出て、嫌な接客をする人もいれば、本当に気持ちの良い接客をする人もいます。
 
しかし、日本にはチップの文化がなく、サービスが統一されているチェーン店なら尚のこと、良いサービスをしてくださった店員さんに具体的に御礼を伝えにくいです。

そこで僕は日本中の接客業にレターポットを導入することをオススメします。
会社や、店の公式アカウントです。
もちろんタクシーもです。

『食べログ』の個人版みたいなことを言っています。
基本的にレターポットは感謝の言葉しか飛んできません。
誰がどれくらい頑張ってくれたかが可視化されれば、サービスは向上するでしょうし、サボっている同僚と同じ給料なのに、それでも頑張っている人が報われるので。

レターポットを贈るコストは贈る側持ちなので、基本的には感謝の言葉しか飛んできませんが、その中で、もし辛辣な言葉が飛んでこれば、それは甘んじて受け止めた方がいいと思います。
その声はクレーマーではなくて、わざわざコストをかけてまで、サービスの向上を願ってくださっている人の声なので。
ときどき、僕やヤン君のところにも、「ここが使いにくい!もっと、こうして欲しい」と、わざわざレターを使って贈ってきてくださる方がいらっしゃいます。
こんなに有難いことはありません。

「会社や店は、とっととレターポットを導入すりゃいいのになぁ」と思っていた矢先、なんと株式会社ザッパラスさんが真っ先に手を挙げてくださり、会社公式のポットを作ってくださいました。
こちら↓
実は今年の仕事始めは1月6日にザッパラスさんが主催する『占いフェス』(入場無料@六本木ヒルズ)の登壇。
「占い師でもないキングコング西野が2018年を占う」
というテーマで、昼の12時半から1時間ほどの一人喋りです。
(詳しくはコチラ↓)
stage | 占いフェス
ステージ 人気の占い師やタレントがステージに登場。占いや開運をテーマにトークを繰り広げます。運のいい人がやっていること、役立つ情報や開運のヒント盛りだくさん! 1/6(土) 1/7(日) 1/8(月) 11:30 12:00 ななめ45°のお正月検定 出演ゲスト・MC 安沙蘭 シウマ ななめ45° 12:30 13:30 キンコン西野2018年を占う 出演ゲスト・MC キングコング西野亮廣 角田陽一郎 山口トンボ 関連ワークショップ お花で開運!◯◯教室 13:30 14:30 COMING SOON アイビー茜の夢を最短距離で叶える方法 出演ゲスト・MC 熊田曜子 アイビー茜 関連ワークショップ お花で開運!◯◯教室 14:30 15:00 金運UPテク2018 出演ゲスト・MC 宮﨑宣子 昇龍 法演 ななめ45°     15:30 16:00 失敗しない男の選び方 出演ゲスト・MC 橋本マナミ ステラ薫子 ななめ45°     16:00 17:00 COMING SOON ななめ45°のお正月検定 出演ゲスト・MC シウマ 安沙蘭 17:00 18:00 DJダイノジ アゲアゲ犬(ワン)ダフルナイト 出演ゲスト・MC DJダイノジ 18:00 18:30 COMING SOON ななめ45°のお正月検定 出演ゲスト・MC シウマ 安沙蘭 18:30 19:00 COMING SOON ななめ45°のお正月検定 出演ゲスト・MC シウマ 安沙蘭 11:30 12
uranaifes.com
たしかに僕は占い師さんではありませんが、2018年がどこに向かうかは、そこそこ当てる自信があります。
毎日そのことばかり考えているからです。

そんなこんなで、年明け早々、ザッパラスさんにお世話になるので、会社の公式ポットに、さっそくレターを贈っておきました。
1月6日は六本木ヒルズでお待ちしております。
出番終了後は会場周辺で呑んだくれておりまくので、何かあればお声がけください。

世界に仕掛けるような面白いことをやりたい人は絶対に声をかけてくださーい。
一緒にやりましょう。



レターポットの登録はコチラから↓













レターポットのユーザー数が、開始6日で14000人を突破した。
理解されるまでに時間がかかるサービスだと思っていたが、ユーザーの皆様が利用した感想をバシバシに呟いてくださるので、「ん?楽しいの?よく分からないけど、やってみよ」と新しいユーザーが増えているという状況だ。
当然、ユーザーが増えれば増えるほどレターポットは面白味を増していくので、ありがたやありがたや。

レターポットのリリース以降、四六時中、スマホにヘバリついて、皆様の反応を見させていただいているが、おおむね、オンラインサロン内で何度もおこなった開発会議(シミュレーション)で出てきた声と同じだ。
wc8IK57_d.jpg
開発会議では、メンバーの一人から、「文章を書くのが苦手な人もいるので、一文字100レターのスタンプとかを導入しませんか?」と言われて、一瞬「なるほど」と思ったが、却下した。

文章が苦手な人がレターを贈る場合、そのレターを“受けとる側の人”は、文章を贈ってきた人間が文章を書くのが苦手だということを理解しているケースがほとんどだ。

たとえば、僕の相方の梶原君は、文章を書くのがすこぶる苦手なんだけれど、彼から贈られてきたモノが、
①500円分のスタンプ一個
②100文字(=500円分)
のいずれかであった場合、僕は②の方が嬉しい。
「文章が苦手な梶原が、僕の為にこれだけ時間をかけてくれたんだ」と思えるから。

他にも、「誕生日になった瞬間にレターを贈りたいので、レターを贈る時に時間設定ができると嬉しい」という声もあったが、受けとる側のことを考えた時に、時間設定機能が無いのに0時0分に誕生日おめでとうレターが届いた方が嬉しい。
「このレターを、この時間に贈る為にスタンバイしてくれていたのね」
と思えるから。

レターを貰った時の満足度を生んでいるのは、「相手が自分の為に、わざわざ面倒なことをしてくれた」という部分で、ただスムーズに価値を交換するだけならば、世にある“個人間送金アプリ”の方が100万倍便利だ。

優秀な子孫を残すのなら、オス同士で戦って、勝ったオスがメスと交尾すればいいのだけれど、人間はそうはいかない。
「恋愛」などという、子孫繁栄の為にとってはまるで無駄なことを、当たり前のようにする。
人間を人間たらしめている最大の要素は、気持ちの部分で非効率性を受け入れちゃっているところで、当然、サービスにも「非効率」な部分を少し残しておかないと、そこに人間(体温)は宿らない。

効率だけを求める生き方は、動物か植物かロボットに任せておけばいい。
基本的に僕は無駄な動きが嫌いだけれど、「省いた方がいい無駄」と、「省いてはいけない無駄」がある。
それこそが、ロボットに代替えされない人間の才能で、何百年も続くサービスには共通して「省いてはいけない無駄」が必ずある。

サービスのリリースから6日。
学ぶことだらけだ。
ダイノジ大谷さんや、ホームレス小谷は、通貨の本質を身体で捉えている。
20180104_092759.png
20180104_092851.png
やっぱり、実践している人の方が圧倒的にインプット量が多い。
聞けば、堀江貴文さんは、レターポットのリリース日に、コッソリと“とりあえず”登録していたそうだ。
「とりあえずやってみる」ができる人は本当に強いよな。

今年も誰よりも挑戦して、誰よりも失敗して、誰よりも甦ってやります。押忍。


レターポットの登録はコチラから。
まだまだ試行錯誤中ですが、宜しくお願い致します。↓













↑このページのトップへ