レターポットの贈られたレター数(購入されたレター数ではない)が、昨夜、100万レターを突破した。
この短期間で、本当にたくさんの文字が贈り贈られたわけだ。

ものすごいスピードで面白がっていただいて、これはこれで有り難いが、今は新感覚の恩恵を受けているバブル期で、本来、贈り物はそんなに頻繁に贈り、贈られるものでもないので、
短期間でたくさんやりとりされるよりも(いや、それはそれで超絶嬉しいんだけど!)、
1~2ヶ月に1回ほどのペースで、
しかし、
「何かの記念日や、何かの御礼といえばレターポット!」となる未来を目指している。

目指すはネット界の『赤福』だ。
item_3333_1.jpg
個人的に「タンス預金死ね!」という思想を持っているのと、昔からミヒャエル・エンデのファンなので、『レター』はゲゼルマネー(腐る通貨)をモデルに開発したが、とはいえ、贈られてから4ヶ月は腐らないので、慌てなくても大丈夫。

「モノで溢れた現代の贈り物」の定番を狙える距離にはつけていて、そこをジワジワと狙う。

現代は、こういう夫婦が少なくない↓
20180106_091515.png
ちなみに、この度、子供が生まれた枝太郎&大河原さん夫婦のレターポットはコチラ↓
赤ちゃんより毛量の少ない新米パパに慰めのレターを贈ってあげてください。
FB_IMG_1515198565497.jpg

昨日、オンラインサロンのメンバーには構想を明かしたが、今回のレターポットしかり、マーケティングしかり、これは、あくまで僕の目標であり、目的ではない。
狙っているのは、もっともっと先で、これを話すと長くなるので、僕のオンラインサロンに入っていただくか、『革命のファンファーレ』を読んでいただくしかない。
ていうか天狗でも何でもなくて、モノ作り(サービス業)に携わっている人は全員『革命のファンファーレ』を読んだ方がいいと思う。

さて。

今日は面白いツイートを見つけたので、このツイートを軸にお話したい。
これだ。
20180106_094214.png
もう、この方の中で答えは出ているのだけれど、レターの本質は「感謝の言葉」なので、当然、レターは『まず与える人』に集まってくるように設計されている。

レターは「○○をしてくれたら、支払いますよ」という取引に使われるものではなくて、無償で与え続けている人に集まってくる御礼の品であり、媒介物だ。

レターの世界観を『既読スルーOK』『返信はあってもなくても良し!』に統一しているのもそうで、これまでの通貨の感覚で、見返りを求めて動く人は「レター長者」になりにくい。
ホームレス小谷が、そのド真ん中を走っていて、これまで、まず与え続けてきたから、結果、たくさんのレターが彼に集まり、そして彼は、集まったレターを何かと取引することなく、無償でプレゼントしまくっている。
小谷からレターを貰った人達は皆「ありがとう、小谷さん!この御礼はいつかお返しします!」となっている。

これを繰り返した先に待っているのは、たとえばクラウドファンディング。
レターを与えまくっていた小谷がクラウドファンディングをしたら、当然、これまでよりもたくさんのお金が集まるようになっているだろう。
結果、小谷はお金に困らない。

ここまでのデザインができている人の、できていない人の差は、これからどんどん拡がっていく。
信用の可視化により、信用持ちの身動きがとりやすくなる未来は、とっくに中国が始めていて(可視化のやり方がダセーけど)、僕らは田舎の国なので、かなり出遅れるが、遅かれ早かれ、やってくる。

なんだか、こうやって書いてたら熱くなってきちゃった。
今日はこれから、六本木ヒルズで開催される『占いフェス』(入場無料)に出演するんだけど(12時半~13時半)、喋る前に、来場者にアンケートをとって、ほとんどの人が『革命のファンファーレ』を呼んでいたら、基礎知識がない人にはチンプンカンプンだけれど、もう思いきって踏み込んだ話をしたい。

「クラウドファンディングっていうのはね…」とイチから説明するの糞面倒くせーんだよね(笑) 
ていうか、僕はビジネス書の時以外は基本、説明をハショリまくし、超絶頭が悪いので、そういった話は僕よりも、僕のオンラインサロンメンバーの方が上手いと思う。
これとか↓
レターポットを理解できない方々へ - みんなのかめぴょん
こんばんわ、かめぴょんです。 今回は少し挑発的なタイトルを付けましたが、キンコン西野さんが作るレターポットについて皆様の発言に違和感を覚えたので、僕なりの見解を書いてみます。 すいません、今回のブログはかなり長いです。なので「レターポットとは」という導入部分は完全に割愛します。 読みに来てくれている方は「レターポット知っている」前提でお話をします。 camp-fire.jp さて、今ファンの間で議論になっているのがレターポットの換金問題です。 当初は文字を送り、もらった側が換金できるとなっていた。 たとえば、僕があなたの誕生日に「お誕生日おめでとう…」という500文字の手紙を書きます。500文…
www.kamepyon.com

面白い未来を迎えにいきたい。
今日は、そんな話ができるといいな。
六本木ヒルズでお待ちしております。
stage | 占いフェス
ステージ 人気の占い師やタレントがステージに登場。占いや開運をテーマにトークを繰り広げます。運のいい人がやっていること、役立つ情報や開運のヒント盛りだくさん! 1/6(土) 1/7(日) 1/8(月) 11:30 12:00 ななめ45°のお正月検定 出演ゲスト・MC 安沙蘭 シウマ ななめ45° 12:30 13:30 キンコン西野2018年を占う 出演ゲスト・MC キングコング西野亮廣 角田陽一郎 山口トンボ 関連ワークショップ お花で開運!◯◯教室 13:30 14:30 COMING SOON アイビー茜の夢を最短距離で叶える方法 出演ゲスト・MC 熊田曜子 アイビー茜 関連ワークショップ お花で開運!◯◯教室 14:30 15:00 金運UPテク2018 出演ゲスト・MC 宮﨑宣子 昇龍 法演 ななめ45°     15:30 16:00 失敗しない男の選び方 出演ゲスト・MC 橋本マナミ ステラ薫子 ななめ45°     16:00 17:00 COMING SOON ななめ45°のお正月検定 出演ゲスト・MC シウマ 安沙蘭 17:00 18:00 DJダイノジ アゲアゲ犬(ワン)ダフルナイト 出演ゲスト・MC DJダイノジ 18:00 18:30 COMING SOON ななめ45°のお正月検定 出演ゲスト・MC シウマ 安沙蘭 18:30 19:00 COMING SOON ななめ45°のお正月検定 出演ゲスト・MC シウマ 安沙蘭 11:30 12
uranaifes.com




レターポットの登録はコチラ↓






















真夜中にごめんなさい。

レターポットのユーザー数が17000人を突破しました。
皆さんには、年末年始や朝や夜があったかもしれませんが、12月28日頃にレターポットを出産した僕ら(スタッフ数名)は24時間体制で、年末も正月も朝も夜もありません。

ヒドイ寝不足で、くわえて、心配心配心配の連続で、おそらく精神衛生上あまり誉められた状況ではありません。

なぜ、こんな「知ったこっちゃねぇよ!お前らが好きで始めたんだろ!」と突っ込まれるようなことをわざわざ書いているかというと、フラフラの中、タイムラインに流れてくる「レターポット、楽しい」の、たった一言に死ぬほど救われていて、もうメタクソに感謝していることを、お伝えしたかったので。
ありがとうございます。

明日は六本木ヒルズで開催される『占いフェス』(入場無料)のステージに12時半から登壇します。
一人喋りで何を喋ってもいいらしいので、レターポットの話をします。
レターポットの話をすれば、この2~3年の未来の話になると思うので。

宜しくお願い致します。
終演後はサイン会などがあります。


『レターポット』の登録はコチラ↓













たとえば、良いタクシードライバーさんと、嫌なタクシードライバーさんがいるじゃない?
ところが今のシステム上、タクシードライバーさんはどれだけ良いサービスをしても、基本的には、その頑張りが蓄積されていかれない。
どれだけ渾身的な接客をして、どれだけ感謝されても、毎度リセットされてしまう。
これだと頑張る気が無くなってもおかしくなくて、サービスの向上に繋がらない。

その時、タクシーの中に、そのドライバーさんのレターポットのQRコードがあれば、僕らはタクシー料金以外に、そのドライバーさんに「言葉」でチップを渡すことができる。

もしくは、タクシー会社のそのレターポットがあれば、そのポットにドライバーさんの名前を記入して、御礼のレターを贈ることができる。
誰がどれだけ頑張っているかが会社内で可視化されれば、頑張っている人が報われるサイクルを生むことができる。

OWNDAYS代表の田中さんや、NORA代表の広江さんから、「レターポットは、サービス業の現場に、どんどん入れた方がいいですよ」とアドバイスをいただいた。

そんなこんなで、世界10ヵ国180店舗以上を展開する『株式会社OWNDAYS』さんが、会社公式のレターポットを作ってくださった。
ありがたや、ありがたや。
ちなみに、去年受けたOWNDAYSのインタビュー動画はコチラ↓
これから、何かしていただいた時の御礼や、サービスに対する要望は、コチラの公式ポットに贈る。


そしてそして。

明日、六本木ヒルズで開催される『占いフェス』(入場無料)に、私、キングコング西野は昼12時半から一人喋りで登壇させていただくのですが、そのイベントを主催される株式会社ザッパラスさんも公式のポットを作ってくださった。
このポットに集まったレターは、明日の会場でレターポットを登録した方に無料で少しだけ配られるそうで、なんと今、「レターポットをもっと知って欲しいから」という理由で、現在のユーザーさん達が少しずつ少しずつカンパしているのです。
元気玉みたいです。

そんなこんなで、明日は宜しくお願い致します。
六本木をウロウロしてまーす。

サービス開始から1週間。
慌ただしくなってまいりました『レターポット』、ここからドンドン拡張していきたいと思います。

宜しくお願い致します!



結構な頻度で会議の模様を動画配信している僕のオンラインサロンも是非↓







↑このページのトップへ