『はねるのトびら』がスタートしたのが20歳の頃。大阪の賞レースでブイブイ言わせて、勢いそのまま東京に出てきたが、当時、東京では誰も僕らのことなんて知らなくて、誰も『はねるのトびら』のことを知らなかった。

夜中の2時か3時に始まった東京ローカルの弱小ド深夜番組を続けていく為には、気が狂うほどコントを作るしかなくて、くわえて、誰かに見つけてもらわないといけなかった。

番組スタートから2~3ヶ月が経った頃、番組のファンだと公言してくださる有名人の方が出てきて、番組は月に1度ほど、番組のファンを公言してくださる有名人ゲストをお招きするようになった。
そのおかげもあって(それだけじゃないけど)、人気番組となり、あれよあれよという間に放送時間が上がり、僕が25歳の頃にはゴールデンタイムに昇格した。

ゴールデンに上がってからは、誰も観ていなかったド深夜時代と違って、番組の構成にテレビ局の事情も反映されるようになった。
ドラマの改編期になると、新ドラマの役者さん達がドラマの番宣で来てくださるようになったのだ。

深夜時代のようなコントはできなくなったが、ゴールデンタイムで局の看板をはるということは、そういったことも込み込みなので、甘んじて受け入れたし、ドラマのスターや映画のスターに出ていただけるのは番組にとってもプラスなので、それに対して不満を持ったことは一度もない。

番組のゲストで出ていただく方には極力オイシイところを持っていっていただいた。
また来て欲しいからだ。
レギュラー陣は全員そのことを分かっていたので、隙間を狙って、笑いを取りにいっていた。

いつだったか忘れたが、映画やドラマの番宣で出てくださるスターの皆さんのギャラがとても安いことを知った。
そりゃそうだ、たくさん番宣をして、たくさんの人に映画やドラマを観てもらった方が、役者さんにとってはプラスだ。

詳しくは知らないが、名だたるスター役者さん達が番宣で来られた時は、僕ら若手芸人よりもギャラが安かったのかもしれない。

そうこうしているうちに、一つまた一つと骨太のバラエティー番組が終わっていった。
芸人の極端なスキルを求めれらる現場が減ったとも言える。
これに対しては別に悲観的にはならなかった。
時代がそれを求めているのだし、発信する場所は、テレビ以外もたくさんある。どうしても自分のフルスロットルを見せたければ、そこでやればいい。

ただ、一つ問題があった。

あいかわらず番宣でテレビに出演するスターのギャラは格安で、そこまで骨太の『お笑い』を求められていないのに若手芸人のギャラが高いのだ。
テレビに軸足を置いている若手芸人は、番宣で来るスターのようにギャラを下げることができない。

そして、お届けしているのは、そこまで『お笑い』のスキルが求められない番組だ。
ギャラの安いスターと、ギャラの高い若手芸人。
タレントをキャスティングする側の目線で見たときに、若手芸人は圧倒的に分が悪かった。

その時からだ。
「若手芸人が己の収入の軸足をテレビに置いてしまうとジリ貧になる」と考えたのは。

そのまま逃げ切れる世代もある。
しかし30代以下の芸人は、テレビ以外の収入源を確保しておかないと、なかなか厳しくなるだろう。というか、もう、なっているハズだ。

特例もあるが、しかし、30代以下の芸人は作品を作らねば生きていけない。
ヤル気や思想ウンヌンの話ではなくて、今の日本のテレビのシステム上、そうなっている。
テレビの椅子を狙うなら、役者さんや歌手の方のように、芸人も「自分の作品の宣伝で格安で出演する」という流れになってくる。

先輩方や世間が「芸人のクセに何やってんだよ」と言ってくるかもしれないが、彼らとは置かれている状況が明らかに違う。

若手は作品を作った方がいい。
千人~万人規模の単独ライブでもいいし、又吉君のように小説でもいいし、オリラジのように音楽でもいい。

僕は1年に一本ぐらいのペースで作品を発表している。
『えんとつ町のプペル』ぶりの新作が『レターポット』だ。
ありがたいことに10年以上こんな活動をしていると、もう「芸人のクセに絵本を描きやがだて」とか「芸人のクセにプラットフォームを作りやがって」なんてことは言われない。

作品は、数字で結果が完全に出てしまうので、残酷だけれど、僕らはもうそこから目を背けることができない世代だ。
そして、世代交代のチャンスはそこにしかない。
面白いよね。

来週は『ゴッドタン』で劇団ひとりサンと対決しています。
服以外に様々なものを失いました。
是非、ご覧ください。
WVwc25ztyF.jpeg



 
『レターポット』の登録はコチラ↓

オンラインサロンはコチラから↓






シャンプーハットてつじサンがレターポットを始めてくださって、使った感想をいろいろ聞かせてくださった。
miyatamenji_09_fixw_730_hq.jpg
その中で、「手紙の良さ」に触れられていて、曰く、手紙の良さは、“ちゃんと届いたか&ちゃんと読まれたかが『わからない』ところだ”と。 
読まれたかどうかが分からないから、返事が返ってきた時に飛び上がるほど嬉しい気持ちになる。
「『既読』を付けることによってユーザーは安心を得ることはできるが、ドキドキを失っている」と、てつじさん。

なるほど。メチャクソに膝をうった。

不安が内包されていた方が喜び度が高まるので、排除した方がいい「不安」と、あえて残しておいた方がいい「不安」があるというわけだ。
レターポットをデザインする時に、僕は、あえて贈り手に面倒(時間やお金)がかかるようにしたが、「不安」というのも、レターポットを面白くする上では大切な要素になる。

いやはや、勉強になります。
ありがとうございます、てつじサン。
御礼のレターを贈っておきました。
何千回もシミュレーションをしたが、最後の最後は「やってみないと分からない」から、もう「未完成です」ということを謳って、皆に触ってもらいながら、皆で作っていこうという判断をしました。
新規登録時に「内容が、おもくそ変更する可能性がありますが、それでも良ければ…」的な案内を出しているのはその為だ。

昨日、「Twitterは匿名でやっているので、自分のプロフィールのところにFacebookのリンクが貼られてしまうのは、ちょっとツライっす」という声をいただいたので、すぐに対応する。

Facebookのリンクを貼ることで、レターポットから始まるコミュニケーションを面白がってくださっている方もいるので、設定画面の『ユーザー情報を変更』のところで、Facebookのリンクの「on/off」のスイッチを作ります。

2~3日で対応しますので、しばし、お待ちを。

提案とクレームは僕が全部聞きます。
これからも、遠慮なくバシバシ言ってきてください。

最後に一つ。
「レターポットを作ってくれてありがとう」というレターがたくさん届いています。
あれ、メチャクチャ嬉しいです。
メチャクチャ救われています。
本当は返信したくてしたくてたまらないのですが、グッとこらえて、皆様からいただいたレターは次の人へ贈らせてもらっています。

なので、この場で御礼をさせてください。
いつも本当にありがとうございます。
レターポットのユーザーの皆様(「ポッター」というらしいww)にとって、少しでも快適な環境でになるよう死ぬほど寸前まで努力します。
春までにはユーザー数を10万人にします。

僕、「やる」と言ったら絶対にやるので、やります。

レターポットの登録はコチラから↓






オンラインサロンでは、レターポットの数字(売り上げ等)を全て開示しています。
今後の戦略など、そこそこ具体的な話をしているので、興味がある方は是非↓









レターポットのリリースから10日。
ユーザーは19000人を突破しました。
とくにここ数日で新規ユーザーがガツンと増えたので、今一度、レターポットの使い方を御説明したいと思います。
今回は【マナー編】です。



【貰ったレターをSNSにアップするのは辞めましょう】

レターは、その名のとおり『手紙』です。
不特定多数に向けて書かれたものではなく、あなただけに向けて書かれた手紙です。
レターを貰うとついつい嬉しくなって、その想いをSNSにアップしてしたくなる気持ちは分かりますが、レターを贈った相手は、手紙の内容を知られることを望んでいない場合があります。

562568-1.jpg
なので、いただいたレターをSNSにアップする場合は、贈り主に一度確認をとりましょう。

ちなみに、レターポットの新規ユーザーの方には(全員ではありませんが)僕の方から個人的に御礼のレターを贈らせていただいているのですが、こちらはSNSにアップするなり、煮るなり焼くなりしていただいて構いません。


【返信を求めるのはやめましょう】

レターポットの基本精神はgive&takeではなく、give&giveです。日本語で言うなら『恩贈り』といったところでしょうか?
交換ではなく、贈与。見返りを求めずに贈るのが基本です。
なので、贈ったレターの返事がなくても、それはそういう世界だと思っていてください。
相手はあなたから貰ったレターを使って、また違う人にレターを贈っています。
そして巡り巡って、全然違う人から、あなたにレターが贈られてくる…そんな感じで捉えていただけると嬉しいです。
1509374356470.jpg
なので、「既読スルーは全然OK」です。
「既読スルーを許さない=相手に自分へのコスト(負担)をかけさせる」ということなので、寛容に、寛容にいきましょう。

最近は、レターを贈ってもらった御礼をLINEやTwitterで返している方もいて、とても良い傾向だと個人的には思っております。

ちなみに、前回説明させていただいた『ユーザー情報を変更する』のところから、既読したことを自動的に相手に伝える「既読コメント」を12文字以内で自由に作れますので、そちらを上手に使ってみてください。

『恩贈り』というところから、話が少し派生しますが、ときどき「全然レターが来ない。誰かに贈ってー」と呟かれている方がいらっしゃいますが、レターは感謝の気持ち(ありがとう)なので、その方がやらなければならないことは待つことではなくて、実生活で誰かに“まず与えること”だと思います。
「ありがとう」という言葉およびレターは、その時に発生します。

そんなこんなで、引き続きレターポットをお楽しみください。


キングコング西野のオンラインサロンはコチラ。世に出している情報より2歩先ぐらいの情報をココで発信しています↓









↑このページのトップへ