こんばんは。
西村右です。

今日も音楽のお話はないけど、
いま戦地で一緒に戦ってるお母さんのことと、僕の心境を少し。




お母さんは寝てる事が多くなりました。
日に日に寝てる時間が多くなります。
苦しそうな顔をせずに、気持ちよさそうに寝ています。
それだけがせめてもの救いです。

1日のうち、23時間55分は寝てるんじゃないかな?それでも時々、まぶたが動きます。
その時に声をかけると、目が動く時がたまにあって、こっちを見てくれてる気がします。
それがいまの僕の生き甲斐です。
目が合うことがこんなにも嬉しく思ったことはないよ。

水分は取れなくなりました。
頷いてもくれなくなったけど、僕の声聞こえてたらいいな。


今日はテレビでたまたま、50代の男性が高齢の母にお茶を入れてるところが映ってて、
何気ないことなんだけど、それみた瞬間に強烈に胸が重くなった。
おれもお婆ちゃんになったお母さんにお茶入れてあげたいよ。
羨ましかった。

そんなこんなで少し卑屈になりながらではあるけど、ちゃんと生きてるよ。
みんな心配してくれてありがとう。
ここまできたら心配かける気MAXなんだけど笑

心配といえば、

死ぬ前に心配だけはかけたくなかったから、
前向きじゃない涙は目の前で絶対流さないようにしてたけど、やっぱりもっとお母さんの前で泣けばよかったかなぁ。

今はたった1人しかいないお母さんにもう一度だけでいいから甘えたい気分です。


おやすみ