月別アーカイブ / 2019年10月




こんにちは
西村右です。
なかなか気持ちの整理つかなくて、みんなにご報告するの遅くなりましたが、
10月17日のお昼、僕の大好きだったお母さんが旅立ちました。


最後は眠るように、静かに僕の腕の中で呼吸する事をやめてくれました。
最期のそれさえも、僕の為にしてくれたんじゃないかな。そう思えるくらいに、優しい顔で、微笑んで息を引き取ったように記憶してます。


お葬式のとき、棺に入った母には、最後「僕の全部」を歌いました。


母の携帯を見てたらね、
多分間違って、動画の録画ボタン押してたんだろうな、本人が気づかないうちに真っ暗の画面のまま録れてるやつがあって、それみてたら
ずっと「僕の全部」口ずさんでくれてた。
もうせん妄で訳わかんなくなって音程もめちゃくちゃだったけど、なんの歌かはわかった。
生前から好きって言ってくれてたし、
だから最後にもう一度歌ってあげたいなと思って、この曲を歌うことにしました。

もしかしたら、この日お母さんに歌う為につくった曲だったのかもしれないなって、

歌いながら、そんなこと思いました。



もう10日も経つけど、やっぱ凄い凹みます。
元々ずっとふたりで生きてきたし、絆も深かったから。喧嘩もいっぱいしたんだけどね、
お母さんもお父さんもおじいちゃんもおばあちゃんも時々、兄弟や友達だって、全部一人でやってくれたから。

女手一つで、二の次も三の次も子供の僕のことだけ考えて育ててくれました。

小さい頃、包丁を突きつけたりする怖い父から、僕を守る為に行く宛がなくても連れ出して逃げてくれました。
住むところがなくなって公園で暮らしてた時は、僕の為に果物を盗んででも食べさせてくれました。(後からちゃんとお金を持って謝りにいきました)
いじめられてた小学生の時は、石を投げられてる僕を見つけて、体を張って守ってくれました。

グレてた中学生の頃、喧嘩ばかりして人様に迷惑かけまくる僕の代わりにいつも頭下げてくれました。

高校生になっても、寝坊する僕を毎日叩き起こしてくれて、親の気も知らず僕がお金を使いまくってる間に、母は朝も夜も深夜もずっと仕事をしてくれてました。
そのお金を稼ぐ為にきっと沢山の苦労を毎日積み重ねてくれたのでしょう。
それを知ったのは、夜中野菜切りの仕事に行ってるが為に、傷だらけになった母の手に気づいた高3の時でした。

もともと体が弱かった母は、
過換気症候群、パニック障害、子宮筋腫、喘息、沢山の病気も抱えていました。

僕はそんなお母さんにいつも、もっと自分のために生きて欲しかった。

それでもひたすら子供のことばかり考えてくれる本当に素晴らしい母でした。 

だから僕にとっても母が全てで、その全てを失ったような気持ちです。





これで僕は血縁関係もいなくなりました。
親戚も兄弟も誰もいないわけだけど、でも不思議と孤独ではないです。

最近振り返ってみて、気づいたことがあります。最後の一緒にいた3ヶ月間は、とても不思議な感覚でした。
そこだけ時間が止まってたような、永遠のように長く感じて、でも穏やかで凄く優しい時間がひたすら2人の間に流れてました。
寝ていても、何をしていても、
同じ空間にいるだけで、なんだか考えてる事、思ってることが分かるんです。
言葉なんか交わさなくても全部です。
変なこと言うでしょ?笑 
でも本当なんです。
目をみれば、言いたい事も全て伝わってた。
きっと母も同じ気持ちだったと思う。
信頼しあって、 疑いの気持ちなんて0.1%もお互いに持ってなくて、
本当に愛し愛された存在の人としか感じる事のできない、不思議な感覚だったんだと思います。

シンクロとかそういう類いのものか何なのかわからないけど、
なんか変な事言ってるみたいに感じる人もいるかもしれないけど、本当です。
まぁでも二人だけにわかればいいよな。
一生分の時間を過ごさせて頂きました。

だから寂しいけど、不思議と悲しくはないんです。
50歳ってちょっと早すぎるけど、でも精一杯生きてくれたから。

まだ波があって、急に泣けてきたり会いたくて堪らない時もあるけど、でも本当にそう思えます。

だって目に見えなくなっただけで、会えなくなっただけで、
思いや願いは全て受け継いでるから。
お互い思い合ってる事に変わりはないから。
顔も声もいつでも思い出せる。
心では繋がってるから、
それってもう、一緒にいるのと一緒やから。

だから会えないのが寂しいくらい。
本当だよ。



本当にこの日まで、皆さまから沢山の応援のお言葉を頂きました。ありがとうございました。
僕も母も励まされました。
公式のLINE BLOGも、LINEさんから定期的にtopicsに掲載して頂きました。応援メッセージとして受け取らせて頂いてます。
関係者のみなさまにも、僕の親孝行のために、沢山のご迷惑をおかけしました。
迷惑をかけさせてくれた全員が、今では僕にとって一緒にお母さんを大事にしてくれた大切な存在です。
これからはその大切な人達の為に、がむしゃらに頑張ってたくさん恩返ししたいと思う。
そして何より、僕を生んでくれて、名前をつけてくれて、ここまで育ててくれたお母さん。
本当にありがとう。

孫も見せられなかったし、一緒に観てくれた夢も途中半ばだったけど、本当にあなたがお母さんでよかったです。そして大好きです。
沢山の愛をありがとう。
おれ、幸せだよ。
最後の最後まで生きようとしてくれた、
どんなに苦しかっただろうその1日を、その1秒を代わりにこれからは生きる。
あなたの分も生きるからね。


ただ、、
もう少しだけ。

もう少しだけ今は前を向く時間をくださいね。


いつか会えたら、その時はまた買い物行ったり、一緒にご飯食べたりしたいな。
ずっと行きたがってた海外だって行こう。
そしてその時はいっぱい甘えさせてください。


DKOoztVzoU.jpg

浮腫みとか麻痺だったりでうまく笑顔はつくれなかったけど、でも2人が心から笑顔で撮った大切な1枚です。



本当にみんな沢山のご声援、本当に本当にありがとうございました。

四十九日が終わるまでの間は、ブログでは母とのことを中心に書いていきたいと思ってます!
自慢したいことだってまだまだいっぱいあるし、
おれの母がどんなに素敵な母親だったか、もう少しみんなに知ってほしいからな。

そんな感じで西村右それなりに元気です!笑

これからもよろしくどーぞ。

それでは。













僕の全部   西村右

街灯だけが浮かぶ道で 冷たい夜の風が吹いた
あなたとなら全てが優しくて 
胸の奥 キュッとなった
帰ろうとする僕を止めて もう少しだけと 
ゴネるんだ いつだって会えると言ってるのに
寂しそうな目でみるんだ

あなたが泣きそうな顔すれば 
僕まで泣きそうになるんだ
僕が嬉しそうにすれば 
あなたまで嬉しそうにしてくれるんだ
笑っていよう だとすれば

この声もこの歌も かじかんだこの掌も
目の前の広がる世界も 
全部 全部 あなたの為にあるよ

いつも何をしてあげられてるかな
考えてみても思いつかないよ
絶対に守ると言ったそばから
泣かせてしまう僕だけど

あなたといると 
この心は温もりに触れて 温かくなって 
生を受けた事に 今なら感謝できるよ 
そんな気持ちにさせてくれるんだ

忘れかけてた大切な 産まれた時に授かったもの
ゆっくりと目を覚ますんだ 
あなたが名前を呼ぶその声で
精一杯の愛をあげよう

脈を打つ僕の全てが 
止まってしまうその時まで
この愛も この温もりも 
全部 全部 全部 あなたに捧げるよ

この声もこの歌も かじかんだこの掌も
目の前の広がる世界も
全部 全部 あなたの為にあるよ
全部 全部 あなたの為にあるよ














おはようございます☀
西村右です。

昨日からもう計12回の痙攣がでています。
それでも持ち堪えてくれてます。
お母さんは今日も生きてくれてます。
ありがとう。

刺激を与えるとすぐ痙攣を起こしてしまうので、体位変換はしないことになりました。

寝たきりになって、自分で寝返りがうてなくなってくると、定期的に横にクッション挟んだりして左向かせてあげたり、右向かせてあげたりするんだよ。


止まるときはきっと一瞬です。
だから目は離せません。
きっともう意識もないんだけど、何かしてあげたい毎日。
化粧水塗ってあげたりとか、そばにいるとか、話しかけ続けるとか、そんなことしかできないんだけど。


先生が、
「ほんとにすごい頑張ってくれてて、こんな事中々ないんだよ」って、「こんなつきっきりで側にいてくれてるからずっと頑張ってくれてるんだよ」って言ってくれました。

生きて欲しい気持ちもあるけど、
現実を受け入れられないが為に、延命することに重きを置いて苦しい思いはさせたくない。
何度息が止まっても、自分で頑張って息を吹き替えしてくれてる。
もう覚悟ならできてるから無理しなくていいんだよって言いたくなる。
でも頑張ってくれてるし、そもそも覚悟なんてできてない。

もうすぐ死ぬっていうのに、何度も止まってもいい瞬間があるはずなのに、
こんな時まで、心臓を止めないことで、生きることで僕を守ろうとしてくれてるあなたを母として、心から尊敬しています。


可哀想だからって、虫一匹殺しやしない本当に優しいひとです。どうしてこんな人がこんな苦しい思いしなきゃいけないんだろか。

僕には分かりません。




その時がきたとき、僕は耐えられるんだろうか?
もう昔みたいには笑えないんだろうなとか、
そんな弱音ばかりが頭に浮かびます。

‪テレビをみてても、人と話しても、
どいつもこいつも呑気だとか、おまえはいいよな とか思ってしまうようになりました。
‪きっと皆それぞれ大きいもの抱えてて、それは比べるものでなくてそれぞれいちばんの苦しみを抱えてるに決まってる。頭じゃわかってる。‬
‪なのにどうしても気持ちが追いつかない‬。

‪気がつけば自分達より不幸な人を探しては少しホッとしようとしてる自分がいる。‬

卑屈な気持ちになってしまう。

なんかひとりぼっちに感じてしまう今です。













‪こんばんは。
何かしていないと落ち着かないので、ブログ書きたいと思います。

さっき痙攣が起きて息が止まりました。

それでもまた吹き返して、

下顎を動かし、一生懸命に息をしてくれています。

今日も母は生きてくれてます。

喋ることができたなら、「まだわたし死ぬ死ぬ詐欺やってるわ」って笑いながら母は言ってることでしょう。



きっともう、数えるくらいにしか感じることのできないあなたのこの温もりを、ずっと忘れないようにしたいです。
もうすぐ二度と触れることもできなくなります。
考えるだけでとてもとてもさみしいです。


最近、あなたが好んで食べてた物が食べたくなります。‬
‪食べられないあなたの代わりに食べたくなります。
‪あなたが目の前にしている「死」でさえも、叶うなら代わってあげたいと思います。
教えに背いてばかりで、いつも自分の事しか考えてないこんなどうしようもない僕がです。
あなたの為ならきっとなんだってできます。
何もできないことにひたすら悔しいけど、自分がこんなに人の為に思えることが嬉しいです。
産まれてこれてよかったです。

‪愛ってこんなにも偉大です。‬

↑このページのトップへ