月別アーカイブ / 2019年08月



街灯だけが浮かぶ道で 冷たい夜の風が吹いた
あなたとなら全てが優しくて 
胸の奥 キュッとなった
帰ろうとする僕を止めて もう少しだけと 
ゴネるんだ いつだって会えると言ってるのに
寂しそうな目でみるんだ

あなたが泣きそうな顔すれば 
僕まで泣きそうになるんだ
僕が嬉しそうにすれば 
あなたまで嬉しそうにしてくれるんだ
笑っていよう だとすれば

この声もこの歌も かじかんだこの掌も
目の前の広がる世界も 
全部 全部 あなたの為にあるよ

いつも何をしてあげられてるかな
考えてみても思いつかないよ
絶対に守ると言ったそばから
泣かせてしまう僕だけど

あなたといると 
この心は温もりに触れて 温かくなって 
生を受けた事に 今なら感謝できるよ 
そんな気持ちにさせてくれるんだ

忘れかけてた大切な 産まれた時に授かったもの
ゆっくりと目を覚ますんだ 
あなたが名前を呼ぶその声で
精一杯の愛をあげよう

脈を打つ僕の全てが 
止まってしまうその時まで
この愛も この温もりも 
全部 全部 全部 あなたに捧げるよ

この声もこの歌も かじかんだこの掌も
目の前の広がる世界も
全部 全部 あなたの為にあるよ
全部 全部 あなたの為にあるよ

おはようございます。
西村右です!




LIVE楽しみにしてくれてるみんな、中々できてなくてごめんね。

台風大丈夫かな?
和歌山は天気よろしいです。



和歌山中心の生活になってて、母と過ごす毎日をおくっています。
身体の色んな場所に麻痺が出てきてしまったり、昨日からせん妄の症状が強くでてきてしまったりで、お手伝いする事が多いけれど、僕はいま幸せです。
ちゃんと会話なんかできなくても、側にいることができます。愛を感じることができます。
母といると、優しく穏やかな気持ちになります。

でも、苦しんでる姿をみたり、目の前で起きている事がどうしても飲み込めなくなって、
ふとしたときに不安に襲われる事が一日に何度かあります。
さみしくてやり場のない気持ちに胸をえぐられます。
こわいです。

矛盾してるけど、
とてもかなしくて不安で、それでいて穏やかな気持ちなのです。


今日で緩和ケアに入って3日目。

緩和ケアっていうのは、積極的な治療はせずに、
肉体的、精神的な痛みや苦しみをできる限り軽減してあげる事に重きを置いたところ。

先生、看護師の方はみんな温かいです。
病院の外で凹んでる僕を追いかけてきてまで、優しい言葉をかけにきてくれたりします。

そして担当してくれてる看護師さんは小学校中学校が同じだった同級生でした。
びっくり!
話を聞くと他にも同級生が3人同じ病院で働いてるらしい。
びっくり!




幸せってなんだろうな。
生きるってなんだろうな。
死ぬってなんだろうな。

そんなことを考えさせられる今日この頃です。

答えなんて人それぞれで、きっと決まったものなんてないのだけど、
愛すること、愛されること、
愛してる人が側にいてくれること。
それだけは間違いないんじゃないかなって思います。
だからできる限り側に居てあげたいなぁ。

音楽の話はみんなに最近あまりできてないよね。
もし、くらい話題ばかりになってしまってたらごめんね!
母のことは昔からよくみんなに話してたと思うし、そもそも隠すようなタイプじゃないし、自分の力じゃどうしようもない事で、こういう時は多分人に話して聞いてもらって安心したいんだろうな。
何より毎日こんなに闘ってる自慢の母を自慢したいのです。
生きてるって素晴らしいんだよ。
そして結果、同じような状況にいる人に少しでも寄り添えるものになれば嬉しいです。
定期的にLINEニュースに載せて頂けるようになってからは本当、日本中の人に母の事を知ってもらえて、励ましの言葉もいっぱい頂いてます。
ありがとうございます。


少し前にもツイッターに載せたけど、
丁度いまの僕と同じ年齢の時の母。
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8577.HEIC

中学の頃は友達に「おまえのおかんとやりてー!」とか言われたりして、めちゃ嫌だったけど(笑)
我ながら自分の母は中々綺麗な人なんだなって思います。


いつも僕らを素直にさせるのは、さよならを予感した時です。
辛そうなとき、ずっと握ってあげたかった手。
なんか恥ずかしくできなくて。
今になってやっと、恥ずかしくなくなりました。
もっと早く、辛そうにしてる時に、辛そうにするずっと前から、握ってあげればよかったなって思いました。

_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8729.HEIC





お世話になってる看護師さんに、
「緩和ケアってどういうところ?」って質問をしました。
もちろん入る前から色々調べてたし、ある程度のことはわかっていたけれど、なんかどうしても聞きたくなってしまって。

みる角度を変えると、もしかしたらそれは意地悪な質問に受け取ったかもしれない。

でも、
「幸せに生きるところ」って返事がきて、少し安心しました。

↑このページのトップへ