今年の2月から鹿島アントラーズのスクールコーチとして働いています。

メインのスクールコーチの仕事だけではなく、グランド内外のサッカーに関わる多くのことを勉強させてもらっています。

日本一のクラブで、日本を代表する方々に学びながら同じピッチで働けるという贅沢な環境のなかで、今度はその学んだことを自分の言葉や振る舞いでどう伝えていくべきなのか。
貴重な毎日を過ごしています。

プロ、アマ、熱狂的サポーター、トレーナー、分析、営業、ウイイレ、審判、指導者…
どんな形でも素敵だと思います。
この先、【どうしてもサッカーから離れることができないくらいサッカーが大好き】
そんな子どもたちをどんどんどんどんどんどん増やしていけるコーチになりたいです。


_7lPow8Pcw.jpg







「今、なにしてるのか」
「今、どこの国にいるのか」
「元気なのか、生きてるのか」
…ご連絡ありがとうございます!
嬉しかったです!!!

選手として、一線を引いたのかどうかはもはや自分でもよく分かっておらず、
そもそもいつ始まったのかさえも分からないようなミジンコみたいなサッカー選手に終わりもクソもあるかよ、と、自分で自分を笑っています。
「引退?……それ以前に、一体いつデビューしてたの?」といった感覚に結構苦悩しておりましたが、結構な苦悩のその先には「どっちだっていいじゃん」が待ち伏せていました。

今は【自分の未来】を以前の自分に比べて非常に強く信じることができています。
最近は【夢】もまどろんではっきりせずにぼんやり状態。
だけど、ぼんやりでも鮮明でも「どっちだっていいじゃん」が、今の自分じゃん。
「夢は必ず叶う」とはなんかちょっと違うし…「来月の自分はどんなことを思ってるのかな〜」みたいな…今はそんな感じだけど、いずれにせよ、どう転んでも、どんな傷がついても、自分の未来は結局のところ【大丈夫】

以前より、そう信じる力が強くなっています(根拠0)。


とにかく今は、
サッカー(グランド内外)をもっと深く勉強して、よりサッカーの楽しさを見つけだし、それを子ども達に伝えていく。
サッカー大好き少年少女をひとりでも多く輩出することが現在の目標です。


_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2091.JPG